誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏休み2(剱岳3)

ラスト。メインの2日目。
もう記憶が怪しくなりつつある。

朝起きる。まだ暗いが雨は降ってないよう。
空が白み始める。
あっという間み真っ赤な空に。

IMGP4592
すごい色だった。焼けていた時間は短かった。
雲はあるけど悪くなさそうな天気だ。
あ、朝焼けって天気悪くなるんだっけか。

昼くらいのほうが天気が良さそうなので、少々のんびりして出発。
頂上までは小屋から3時間くらい。
泊まった小屋が剱岳の(上のほうの)すぐ下にあるので、外に出ても頂上は見えない。
天気がよければ昨日は剱岳を眺めながらの歩きだったはずだけど、ガスっていたのでまだどんな形かすらよく分からない。

小屋を出たらすぐに登り開始。

IMGP4606
出発して30分ほど。右下に泊まった小屋が見える。いい眺めじゃないか。

さて、剱岳。
登ったのはあくまで一般登山道なので道は整備されているし、岩場は鎖がつけてあったり、足場が打ってあったりするけど、両手両足でわしわし登らなければならないところも多い。
岩と氷の殿堂と呼ばれるだけはある。

IMGP4627
だいぶ割愛して、前剱。
この辺りくらいでついに頂上を拝める。

なんというか、ドラゴンとかそういうのを日本の山に棲ませるならこの山しかないね、って感じか。
ごつごつごわごわ。

IMGP4645
鎖場。丁寧に標識?ついていて名前もつけられている。

IMGP4648
いよいよ頂上も近づいてくる。
前に集団がおり、渋滞しとる。
真ん中あたりの渋滞ポイントが、有名なカニのたてばい。
なんか、もうすこしかっこいい名前にすればよいのに。
ちなみに下りのルートではカニのよこばいがある。

IMGP4654
カニのたてばい直下。
一般に、一般人には難所とされているが、鎖やら整備されているのではしごを登るのと大差はない。

IMGP4638
振り返れば。小屋もあんな小さくなった。

IMGP4666
曇りぎみなので絵的には冴えないが富山湾が見える。
富山から見る北アルプスはどんな感じなのだろう。
北アルプスからずっと歩いて日本海まで降りるルートもあるらしい。

カニのたてばい超えれば頂上はもうすぐ。

いきましょう。
IMGP4667
頂上。
剱岳、2999m。
360度パノラマビュー。

IMGP4668
白馬とか、五竜とか鹿島槍とか方面(のはず。いまだ山の同定できず)。

昨年登った爺ヶ岳から見えた、
P1010149
この遠くに見えてる山の頂上にいるわけだ!

写らないようにしているので、なんだか寂しい頂上のようだが、人は多い。
団体も複数いて大変混雑。交代で記念撮影したり、お弁当食べたり。
天気よくなって本当に良かった。

こちらもひとしきり風景を堪能し、おやつを食べる。
団体より下山開始が遅れると渋滞に巻き込まれること必至なのでその前に下山開始。

IMGP4693
ほらもう渋滞。でも気をつけてゆっくり降りましょうね。

IMGP4698
チングルマ(多分)の抜け殻。この山域はチングルマがとても多かった。花咲く季節はまた素敵なことだろう。

IMGP4694
普通の(?)道もあり。置いてけぼり。

IMGP4706
少々作為的な絵。高度感強調。これだけ見るとこええ。

実際には手も使ってガシガシ昇り降りするところより、ガレている(小から中の石がごろごろしてるようなとこ)のほうが滑ったりしそうで怖い、し、実際危ない。

IMGP4719
無事に降りてきました。
このころが一番天気良くなった。暑い。

小屋でご飯食べて休憩した後、本日の小屋を目指す。
上の写真のカール(くぼんでたところ)を登っていく。

IMGP4744
剣沢のテント場。

IMGP4746
雪渓が多いので水が豊富。おいしい。

でだ。前日天気が悪かったせいもあり、まだ剱岳の全貌を見ていない。
今日泊まる小屋周辺は絶好の剱岳ビューポイント。

IMGP4777
このサイズの写真じゃなんだかミニチュアみたいだけど、圧倒的な存在感ですよ。
竜とかいるね。ここ。

IMGP4778
もいっちょ。
何度も何度も振り返りながら剱岳を眺めたのでした。

小高いところにある小屋まで着くと、スタート地点だった室堂方面も見渡せる。

IMGP4766
地獄谷があって、室堂のターミナルも見えてる。(はず)

IMGP4787
もう一回剱岳全貌。

IMGP4780
そして明日行く立山。ここから見るとほとんど平坦だが、小さく3つピークがある。一番奥が雄山。
あそこからは絶景だろうなぁー。
先に書いた通り、翌日は雨で何も見えなかったのだが。


そういうわけで2泊3日の夏休み山行でした。
昨年の槍~穂高縦走とはまた違い、剱に登るのだ、という旅でしたがこの天候が不安定なこの夏に運良く天気に(剱岳の日は)恵まれて良かった。
この山はアプローチに金かかることやら(それはそれで社会見学的で楽しかったが)、一般登山道といっても危ないは危ないこと(この夏も何件が事故が起こっている)もあり、なかなか来れない山でしょうが、同行の皆様のおかげもあって、楽しく登れました。ありがとうございました。

山行全写真はこちら


IMGP4800
スポンサーサイト
  1. 2011/09/04(日) 11:15:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<唐松~五竜岳縦走 | ホーム | 夏休み2(剱岳2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bloooog.blog33.fc2.com/tb.php/1634-785c8e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。