誕生日
FC2ブログ

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仙丈ケ岳(1/2)

夏だ。
少し前までは暑いばかりで夏は基本的に嫌いであったのだけど、山を始めてからはそれはひとつ特別な季節となった。
梅雨も明け、このくそ暑さ、そして3連休、とくればそれはもう行くしかないだろう。
が、オケやらの練習や仕事とかで結局日帰りでしかいけない悲しさよ。

そういうわけで日帰り可能な3000m峰、南アルプスは仙丈ケ岳に行ってきた。
ときどき、3000mの山なんかをどうやって日帰りで!?と聞かれることがあるけど、結局のところ足で登らなければならない標高が問題なのであって、仙丈ケ岳も2000mを超えたところから登れるから1000m程度しか自分の足では登らないのである。
それだけで見れば奥多摩やら丹沢と変わらない。

金曜夜、逃げるように職場を後にし、ラーメンセット食べてエネルギー充電。
早朝に出発するか迷ったが、三連休初日ということもあり渋滞でもしたら予定が根底から狂うので、日が変わるくらいに車で出発。
午前2時過ぎ、駐車場のある芦安に到着。
ここは南アルプスの玄関ということもあり、結構でかいというか駐車場は多くあるのだがいい所はすでに満車。
バス乗り場からは離れた駐車場に止めて仮眠。

南アルプスは国立公園なこともあり、今はマイカーでの乗り入れができず、ここからはバスを乗り継ぐ。
4時過ぎに起きると始発の5時のバスを狙っている人達がすでにごそごそと。
そしてバス乗場は既に長蛇の列。恐るべし夏山シーズン開幕。
係もまあまあうまくさばいている感はあったが、洗練されているとまではいかず、一部怒号飛び交う。
そして結局乗れたのは狙っていた5時の便には乗れたのだが時刻は5時半をまわっていた。
そこから1時間くらいバスに乗り、広河原というところへ向かう。当然寝ていて道中のことは覚えていない。
昨年登った、日本第2位の標高の北岳はこの広河原から登るが、今日の仙丈ケ岳はさらにバスを乗り継いで北沢峠というところまで行く。これで標高を稼ぐわけだ。
ここでも待つ。いや、しかしすごい人だ。
なんだか既に疲れて写真を撮る気もおきない。もそもそと朝食のパンを食べる。

このバスは音声ガイド付だった気がするが、これもうつらうつらと過ごしてしまい、気がつけば北沢峠。
この日も下界は猛暑だったはずだが、さすがに2000mまで行くと涼しく、爽やかな朝という感じ。

結局1時間遅れでのスタートとなった。
日帰りで帰りもバスに乗らなければならないので遅刻厳禁。


序盤は樹林帯の中をゴー。
IMGP3992
天気のおかげか原生林のおかげか北岳のときもそうだったけど、気持ちのよい風景。

が、だ。

いくら下界より10度以上涼しいとはいえ、暑い。登れば暑い。
歩くだけで額から汗が玉になって落ちる。
人間散水器。
水筒の中身がものすごい早さで消費されていく。まあ途中小屋もあるし大丈夫だろう。

まあ若干早いペース(と若干甘めのガイドブックのコースタイム)のおかげもあり、遅れ分の時間が割とすぐに取り戻せた。
1時間ちょっと樹林帯を頑張ると視界が開ける。
後方にはこれも南アルプスの雄、甲斐駒ケ岳が姿を表す。

IMGP4005
1泊できたらこの日の仙丈とこの甲斐駒両方登れる、らしいが一回降りるのでそれはそれで厳しそうだ。


IMGP4002
もう一丁。

そして、前を向けば

IMGP4001
あの上が小仙丈と呼ばれる小ピークで、絶景。のはず。
そして、日光を遮ってくれるものがなくなる。
風はいよいよ心地よいものになってくるが、強烈な光線である。

ペース落ちる。

IMGP4012
が、えっちらおっちらと小仙丈到着。
後方には北岳。

そしてきました、仙丈ケ岳の写真には必ずある
IMGP4026
小仙丈からの仙丈ケ岳方面。カール。
すばらしい。

これを撮るために今日はでかくていつも持ち歩かない広角のレンズ、PLフィルターを持ち運んだ。
今どきはphotoshopとかでもできるんだろうが、PLフィルターの威力に(うちに帰ってから)驚いた。
そして利かせればいいってもんでもないということも学んだ。
フィルターの効かせ方による比較はそのうち載せよう。

IMGP4030

20分ほどのんびりし、山頂を目指す。
あと一時間くらいだ。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/17(日) 12:26:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<仙丈ケ岳(2/2) | ホーム | RSSの小窓から。Human Planet>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bloooog.blog33.fc2.com/tb.php/1621-ca92b75d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。