誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

YouTube Symphony Orchestra 2011

RSSのフィードいじってたら、ちょっと前のネタだけど引っかかったので。

The YouTube Symphony Orchestra returns!

YouTubeオケ、またやるみたい。
前回はカーネギーホール、今回はシドニーのオペラハウス。
前回の時は、へー、こんなのやるんだーくらいに思っていたら、知人というかお世話になった方が2人も参加されていてびびった。

腕に覚えのある方は挑戦してみては。

ちなみにオーディション曲は容赦ないというか正統派というかトロンボーンだと、

コンチェルトがダヴィッドの一楽章で、オケ抜粋が、
ベルリオーズ:ラコッツィ行進曲(第 2 トロンボーン、練習番号 4 の 6 小節前~練習番号 5)
モーツァルト:レクイエム(トゥーバ ミルム)
ワーグナー:「ワルキューレの騎行」(125~142 小節)
シューマン:交響曲第 3 番(第 4 楽章、冒頭~A の 3 小節目)

だ。この他に即興で、というタイプのオーディションもあるもよう。


そういうの抜きにしてもサイトにあった、「学ぶ」のミニマスタークラスは見ると面白い。
ロンドンシンフォニーやベルリンフィルの奏者がオーディション曲のアドバイスしてくれてる。
ミーハーな私はトロンボーンはおいといて、サラ(ベルリンフィルのホルン)のを見ましたさ。
演奏だけ見てると格好いい、なんだけどこれ見るととてもチャーミング。
ティル吹く前のセリフなんて最高だ。

YouTubeオケのページから見ると物によっては日本語、最低英語の字幕は見られる。


トロンボーン(テナー)もLSOの副主席のチャーミングな女性奏者。
短い8分程度のものだけれど恥ずかしながらも知らなかったというか勉強になった。
ラインの4楽章はケルン大聖堂だったのか。



スポンサーサイト
  1. 2010/10/22(金) 01:59:00|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<晩秋(大菩薩~牛の寝通り) | ホーム | あきと山(爺ヶ岳3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bloooog.blog33.fc2.com/tb.php/1602-da706b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。