誕生日
FC2ブログ

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Kindle

北アルプスのから全然書いてなかったので生存報告代わりに。

忙しい、というのは無能か器量無しか要領悪いと言ってるようなものだけど、無能でいいので言いたい。
いや、言いたくもないけど、ちょっと忙しい。
のでちょっと無能くらいで許して欲しい。

ちょっと凹むことあったり、ちょっといいことあったり、ちょっと嫌なこと聞いたり、ちょっとチャンジングなお誘いしてもらったり、だいぶチャレンジングなイベントが近づきつつあったり、とか忙しい間にもぽつぽつやってるわけなんだけど、どれも色々な意味であぶねぇのでまたそのうち。

何かが溜まると消費で発散するのは大人の悪いとこだね、ということでAmazon Kindleの8末に出た新しいモデルをこうた。
Kindleはえーと、電子書籍リーダー、と言えばよいか。
iPadへの対抗か、新型は$139と前のモデルよりだいぶ安くなってしかも円高(゚д゚)ウマーなので購入。
(が、カバーが(純正は)高いんだが・・)

iPadは寝転がってネットサーフィンするには最適なんだろうけど、それ以上の価値を見出せず保留中。

で、Kindleなんだけど、興味があったのはE Ink(電子インク、でいいんだろうか)と呼ばれる表示技術というかそれ。
液晶とは違い、目にやさしい、読みやすいと評判。またその方式上、液晶なんかと違って暗いと読めない。その代わり明るいところで液晶のように見辛くならない。

E Inkすごい。

どのくらいすごいかというと、届いたときにKindle本体取り出すと、画面の部分に紙というかビニールにはめ込み合成?みたいにあるじゃない。
そんな感じで、
「USBにつないでくださーい。で、電源入れてくださーい。」
みたいな説明があった。
電源入れるためにその紙を取ろうとカリカリしたのだけど取れない。
まさかと思い、電源入れてみるとその説明は消え、kindleの画面(いや、両方画面なんだけど)が表示された。

というくらいすごい。
ほんとに印刷されているかのよう。

確かにページ進む時の表示切替は早くないし、一回黒画面に反転するし、タッチパネルじゃないし、とiなんとかと比べると機能的には比べるべくもないのだけど、E Inkの美しさ(これを美しい言うかは置いといて)はものすごく気に入った。
無線LAN経由で(Amazonからだが)本も簡単に買える。

ここで紙の本vs電子本のどっちがいいとか議論する気は全くないのだけど、新型Kindleは十分に小さく、薄く、そして軽くて、表示の品質も含めると正直紙の本持ち歩くのは億劫になるレベルの読みやすさ。



でも、日本語の本は買えないのよね。。。
(PDFは日本語もOK)
版権がーとか出版社と流通の関係がーとか、そんなので日本の出版社が対応しないのなら、まあ淘汰されていくのもいいんじゃないかと思う。


目下の問題はこのE Ink自体に飽きたら、何を読むのか、というか何か読むのか、ということなのである。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/15(水) 02:01:20|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プロジェクト登山部(編笠山) | ホーム | 下山(槍穂縦走ラスト)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bloooog.blog33.fc2.com/tb.php/1594-f5bf7951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。