誕生日
FC2ブログ

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大キレット(槍穂縦走5)

3日目。
今日もハイライト。
南岳の小屋から穂高岳山荘まで。
距離はそう長くないものの大キレット超え、北穂高登り、とアップダウンは十分。

IMGP2086
出発前、南岳小屋近くから槍を。

IMGP2087
今日もいい天気ーーの朝5時過ぎ。
今日歩く稜線が伸びてる。

元々距離はそれほどないため、ちょっとのんびり出発する予定だったのだけど、晴天に興奮し、雲海の上に浮かぶ山を眺め、写真を撮り、等しているとミカさんより「いい加減行くよ」と。

IMGP2098
いや、しかし絶景ではないか。

はいはいー。
では大キレット行きましょう。

IMGP2110
見えてる稜線(大キレット)通って、奥の山(北穂)のピーク目指します。北穂の頂上にある小屋が見えてる。

P1000032
まずはひたすら下る。だいぶ降りた頃の図。
ガラガラの石が多くて滑りそうでちょっと怖い。
ストック(杖)使うと楽チンなんだけど、手も使って降りる箇所も多く邪魔なので使わない。

IMGP2116
降りきると岩場地帯を進みます。
細い道の両端ははるか下のほうまで切れ落ちてます。(なのでキレット、切戸、ナイフリッジ)
でも思ったよりは普通の道だった。
そしてのんきに写真撮っていておいてけぼりーの図。

前を見ても絶景だが、
IMGP2127
振り返っても絶景。てか結構下ったな。

IMGP2128
こんなところ進んだり、

IMGP2129
こんなところ恐る恐る歩いたり、

P1000040
こんなところを頑張って登るのが大キレット。

写真にも小さく写っているけど、岩に○やら矢印やら書いてあり、正しきルートを導いてくれます。
また一般人には難しいところ(大きな一枚岩で足乗せるところないとことか)には
クサリが付けてあったり、ハシゴがつけてあったり、ボルトが入れてあったり、足場もつけてあったりと、
個々箇所だけで見れば普通の人なら登ったり降りたりできるようになってます。
その辺りが難易度高いルートとは言え、一般登山道たるゆえん。
こんなのもない所を登ったりするのがバリエーションでありクライミングの世界。


で、怖いかと思ったが、なんというか、楽しい。
まあ、天気がいいからだけどね。雨降ったり強風吹いたら怖すぎる。

来た道を振り返る。

P1000042
えーと、、どこで撮ったんだこれ。
まだキレットの途中な気がする。だいぶ来たな。

最後は北穂への登り。
これがきつい。。
ひたすら手足駆使して登っていく。
はぁはぁゆって写真なんか撮ってる余裕なし。

それでもまあなんとか登りきり、大キレット終了。

IMGP2132
振り返る

IMGP2136
9時半にしてガスってきたけれどこれはこれで夏山らしい風景。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/25(水) 20:59:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<北穂~穂高岳山荘(槍穂縦走6) | ホーム | 槍ヶ岳2(槍穂縦走4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bloooog.blog33.fc2.com/tb.php/1590-7f6e86e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。