誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

槍ヶ岳1(槍穂縦走3)

2日目。
まだ真っ暗な時間に起き出して外に出る。
ベタな言い方ではあるのだけれど寒いくらいの空気の上には満天の星空。
いや、ほんとだってば。このために眼鏡も持ってきた。
(眼鏡は基本的に免許更新用。眼鏡等あり、にはなってないけどあぶない)
流れ星も。この時間は月が出てない時期なので星がとてもよく見える。ってか眼鏡よく見える。

パン食って、白み始めた空の下ヘッドランプ着けて出発。
一気に1,000mほど登り槍ヶ岳を目指す。GWの時には風とかちかちの氷で頂上までいけなかった山。
こんなに早く再会することになろうとは。

薄暗いこともあって写真ない。
だらだらと登っていく。
で、途中早くも腹が減る。
お腹がすいて力がでないよー、ボクの頭をお食べ!、と菓子パンマンでも現れないかと願う。
山歩いてるとほんとにすぐ腹が減る。で、なんか絶えずなんか食ってる。
ミカさんにも、よく食うなぁと言われるくらい食ってもまだ腹が減る。
山にいる間はまあそれでもいいのだけど、下界に降りても食欲だけは減らないのがヤバイ。
ビスケットとかでつなぎながらまだ見えぬ槍を目指してだらだら登る。
ぎりぎりまで槍の姿が見えない西側斜面からの登りは景観的にはちょっと残念なのだけど朝は影になっているので涼しいステキ。

P1000015
6時半頃の図。歩き出してだいたい2時間。まだまだ登るよー。

そして8時頃稜線に出て、
P1000018
槍と再会。

P1000019
かっこいいなぁ。原寸で見ると登ってる(か降りてる)人が7人くらい、頂上にたくさん人がいるのが見えます。


IMGP2010
槍沢方面を見下ろす。GWの時は真っ白でした。この時期でも雪渓が残ってるのが見える。
こっちからも人がどんどん登ってきてます。

IMGP2013
では穂先、登ります。

今回最初の岩場なのでえっちらおっちらゆっくりと。
難しいところにはクサリ(文字通りクサリ)やらハシゴやら付けてあります。
15分くらい?登ると、


IMGP2026
頂上きたー。3180m。


IMGP2020
小屋を見下ろす。

IMGP2024
西の方角。(たぶん)
まだ山の名前をあまり覚えてない。
ミカさんがあれは笠(笠ヶ岳)、あれが水晶(水晶岳)、双六、常念、五郎、この稜線が西鎌尾根、あれが表銀座、とか教えてくれるのだけど頭に入りきらない。


IMGP2031
南の方角。(たぶん)
この後歩いていく稜線。右のやつからずっと稜線を通って奥にあるでっかいところまで行きます。
しかしよい天気。まさに夏山。

まだまだハイライトが続く今回のルートではあるけれど、もうこの後雨降って行けなくても満足か、というくらいよい景色を堪能できた。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/23(月) 20:52:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<槍ヶ岳2(槍穂縦走4) | ホーム | 暑い(槍穂縦走2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bloooog.blog33.fc2.com/tb.php/1588-4e928e3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。