誕生日
FC2ブログ

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「孤宿の人」

宮部みゆき「孤宿の人」

職場のAA(仮称)が小説をよく読むということを聞いたのでなんか面白いの貸してと言ったら貸してくれた本。
宮部みゆきの時代物系。
導入的に見える(そうでもないのだけど)箇所が長くてイマイチというか、どういう話かしばらく分からなかったけど、途中から話が動き出すと最後まで行く。
時代もので書いてあるお陰もあり、町全体を覆うある物(者?)による閉塞感、恐怖感というのも嘘っぽくなく、うまいなーと思った。
AAは号泣しましたよー、とか言っていたがほぼ終わりになってもそんな箇所は出てこない。
と油断していたらやられた。
登場人物の某が死ぬんだが、これで一発目をやられる。
ただ一方で、この人が死ぬのは物語上必然性あるのかなぁ、ちょっとずるいなぁとか思っていた。
これで号泣とはオセンチなやつだと思っていたら、もう一発あった。
こっちは、、ちょっとうるっと来た。
そうきたか。。。

ちなみにこの最後のいい所、web上の書評(含amazon)見るとばらしてるバカがいるので要注意。
4文字でばらせてしまう。危険。
幸い何の知識もなしに読んだのでよかった。
非常に暖かい気持ちになれる箇所だ。

ということで宮部みゆきの中ではかなり好きな話となった。




0:36.5:172
スポンサーサイト
  1. 2010/07/08(木) 12:46:24|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「風が強く吹いている 」 | ホーム | ざっき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bloooog.blog33.fc2.com/tb.php/1579-9dfd8261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。