誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京で一番空に近い場所(2)

疲労困憊で到着した山荘だったけど、ラッキーなことにこの日は宿泊する人が少なく広い部屋は貸切状態だった。
山小屋は場合によっては1畳に複数人寝ないといけないほど混むこともあるという。。

朝は日の出前にそっと起床。てのは嘘でもう各部屋から物音がゴソゴソしてる。
東側に面した部屋じゃなかったので、部屋を出て玄関のほうにいって見ると、

IMGP1633

コンドコソキタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!
いい天気だ。

IMGP1635
日の出。すばらしいな。午前5時過ぎ。

5時半に朝飯(どんぶり飯2杯)食べて出発。

IMGP1641
快晴。

昨日は天気悪かったし疲れたしで、テンション下がって、一応ピーク踏んだしもう雲取山の頂上行かなくてまき道で帰ろと思っていたけど天気良いので再度200mほど登って山頂へ向かう。
小屋に泊まっていた人達、テントに泊まっていた人達やらで意外と人は多い。

IMGP1640
きれいきれい。

IMGP1642
ガシガシ雪の中を。

途中まで登ったところで、他の人は付けてないっぽかったけど、せっかく持ってきたし、とアイゼン付けてみっか、と装着。
アイゼンは凶器でむかつくヤツを蹴る際に使用する。
もっと歩きにくいものかと思っていたけどなかなか快適。

そして再び頂上。
IMGP1653

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
昨日とは別世界。風はないので寒くは感じないものの凛とした空気の向こうに雲海が見え、富士山が見える。
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/04/19(月) 19:24:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

東京で一番空に近い場所(1)

ミカさん(仮)に今度奥秩父の某山に行こうかと思うんですが、とゆったらこの時期に行くには10年早いと言われた。
のでどうしようかと思いまた奥多摩方面へ行くことにした。
ちなみに金曜夜はうちの周りでも雨ならぬ物が降り、実際問題某山に行っていたら大変な目に合っていたと思われる。

この日は曇のち晴の予報だったので、きっと雪も見られて、山の上のほうはきっといい景色だろうと期待。
家を出る時には雨も降っていたけど、まあ止むだろうと思っていた。
青梅線でうつらうつらし、目が覚めると、

IMGP1595

キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!
超いい天気
電車からなので木がぶっ飛んでいるが。

ついに非晴男返上の日がやってきた。
(一人で出かけるとだいたい天気が悪い)

奥多摩駅からバスで30分くらい揺られ登り始める鴨沢へ。それなりに人いる。
天気いいし、元気に出発。

以上、良かったのはここまで。

以下、つらい。

続きを読む
  1. 2010/04/19(月) 00:17:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

丹沢主脈縦走(2)

蛭ヶ岳の山頂は風もあってクソ寒いし、天気もイマイチで眺望も良くなかったのだけどそのおかげか樹氷が見られた。

IMGP1484
樹氷っていうんだよな、これ。
面白かったのは木々だけに氷がついていて、地面にには全く雪や氷がないので、花が咲いてるように見えたこと。

IMGP1506
こんな感じ。
が、いかんせん寒いのでどんどん行く。

IMGP1497
時間も予定より多少早いし、腹もあまり減らないので飯は後回しにしてパンかじってゴー。
今から向かう丹沢山への道。


IMGP1526
途中で蛭ヶ岳を振り返る。かっこいい。
でっかいサイズで見るとよりかっこいい。

IMGP1532
どこで撮った写真か忘れたので微妙だが、真ん中あたりのでっぱりが丹沢山で右奥が最後のピーク、塔ノ岳な気がする。
まだこんな歩くんかい、とは思いつつも多少明るくなってきた空、丹沢のゆったり大きい山々が見ながらの稜線歩きはとても気持ちがいい。
蛭ヶ岳と丹沢山の間は写真たくさん撮っていたので時間かかった。

食事中の人は、、次は、、ということで残りは追記で。 続きを読む
  1. 2010/04/04(日) 21:20:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ファーストステージボス。丹沢主脈縦走(1)

ぽつぽつと山歩き始めているけどボチボチ楽器シーズンとかなるのと、なんとなく一旦区切りを付ける(何の?)ということで、ステージ1のボスキャラとしてがっつり歩いてみることに。
丹沢の主脈を縦走するという由緒正しきコースがあるようなのでこれに。
ヤマケイのガイドブックによると、塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、姫次、焼山と、丹沢を代表する山々を行くコース。
交通機関の都合からこれを逆に巡るコースとした。
ガイドブックでは1泊2日コースだけどWebで見ると結構日帰りでやってる人もいるようなので日帰りで。
距離とか累積標高はいろいろ見てもマチマチなので正しい数字は良く分からないけど、全然使いこなせてないカシミール(地図ソフト)に入れてみると、距離およそ23Km、累積標高(+)およそ2300m、累積標高(-)およそ2269mとなった。

ちなみに縦走とは山から山へと続けてピーク(山頂)を踏んでいく歩き方。
山ひとつだけでもきっついのに2個も3個も行けるか!!と思ってた時期がボクにもありました。
山と山の間に一回完全に下山するわけじゃないというか、あんまり高度下がらない稜線を歩くので複数のピーク踏める、稜線は景色いいこと多いとお得な歩き方。

7:20、焼山登山口からスタート。この時間に開始しようとすると始発出だよ。

だいたい、山登りっていうのは最初が一番きつい。
体ちゃんと起きてない、その日のペースつかめてないのに、がしがし登り。
ここも焼山まで1000m弱ひたすら登る。
天気も予報じゃ晴れるとか言ってたのに曇ってるし。

IMGP1468
のでいきなり焼山山頂。木々に囲まれてて眺望もなし。

IMGP1471
はい。読んだら次へ。

IMGP1473
はい。姫次。神奈川県の最高峰、蛭ヶ岳まであと3Km。
だいぶすっとばしているけど、登り始めてすでに3時間弱経過している。まだ半分行ってない。

IMGP1475
姫次より。木の向こうの雲かかっているのが蛭ヶ岳。ほんとにこれが3Kmなんだろうか。

歩くこと1時間半弱。
IMGP1477
着いた。丹沢最高峰&神奈川最高峰。

そして雨こそ降ってないものの天気悪い。
そしてクソ寒い。
天気良ければいい眺望なんだろうなああああ。テンション下がる。

さすがに今日は疲れてしまったのでここまで。
これだけだと散々な山行のようだけど、ここから後はさすが丹沢の代表的なコース!と思わせるとても楽しい歩きだった、とだけ書いておく。Flickrのぞくとだいたいばれるわけだが。
きっついけどまたこのコースは歩きたい。
  1. 2010/04/04(日) 00:30:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。