誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鷹ノ巣、七つ石山、塔ノ岳

平日はなかなか忙しく、かつ書くこともなく。

そういうことでまた山。体力作り月間。

その1。鷹ノ巣&七つ石山。
ミカさん(仮)と第3回。
回数を重ねて、徐々に高度差と距離があるルートに。この日はだいたい累積登り1,500m、距離20Km弱。
鷹ノ巣山は避難小屋までのため、ピーク(頂上)は踏んでない。
さすがに結構がっつり歩いた感あり。

写真はなんかイマイチだったので無し。
七つ石山からは東京都で一番高い唯一の2,000mを超える雲取山が結構近くに見える。
そのうち。

花粉対策で薬飲んでいったのだけど、鼻水はそれなり抑えられる反面、口の中が乾くと言うか変な感じになりそれはそれであまりよろしくない。

今回は「軽アイゼンつかってみたい!!」とリクエストしたコースだったけど、一週間前には白く見えた山もその週のいい天気のせいで雪やら氷はほぼ無くて出番無し。


続いて日を改め塔ノ岳。
初丹沢。
時間的制約もあったので簡単そうな大倉尾根ルートで。だいたい登り1,200m、距離13,5Kmくらい?
ひたすら登りが続く疲れるコース。道も階段多し。
頂上まで3時間弱。

IMGP1417

富士山がとてもよく見えた。

IMGP1420
登頂エビデンス

IMGP1421
エビデンス2

IMGP1425
最近は見ることも少ない霜柱

IMGP1433
塔ノ岳の頂上は見晴らしがすごくよかった。

IMGP1422
ヤビツ峠方面。そのうちこちらからのルートも。

IMGP1438
降りるよー。
真ん中あたり見える尾根通って降りていきます。

スポンサーサイト
  1. 2010/03/24(水) 12:58:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

「空へ」

ジョン クラカワー (著)/海津 正彦 (翻訳) 「空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか」
  1. 2010/03/23(火) 23:01:06|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「いまだ下山せず! 」

泉 康子「いまだ下山せず! 」
  1. 2010/03/23(火) 22:59:30|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「山の遭難」

羽根田 治 「山の遭難―あなたの山登りは大丈夫か」
  1. 2010/03/23(火) 22:58:03|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ドキュメント山の突然死」

柏 澄子「ドキュメント山の突然死」
  1. 2010/03/23(火) 22:57:08|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ドキュメント 道迷い遭難」

羽根田 治 「ドキュメント 道迷い遭難」
  1. 2010/03/23(火) 22:56:20|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「神々の山嶺」

夢枕 獏「神々の山嶺」
  1. 2010/03/23(火) 22:52:23|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「孤高の人」

新田次郎「孤高の人」
  1. 2010/03/23(火) 22:51:10|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「銀嶺の人」

新田次郎「銀嶺の人」
  1. 2010/03/23(火) 22:49:40|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「遭難者を救助せよ!」

細井勝「遭難者を救助せよ!」
  1. 2010/03/23(火) 15:34:25|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉野梅郷

その日はあくまで山歩きが主目的ではあったのだけど、開始駅となる日向和田は吉野梅郷の最寄。
というか登山道へは吉野梅郷の前を通るのでちょっと寄って写真撮った。

IMGP1324
ちょっと暗めだけど編集面倒なのでそれはそれで朝っぽいのでそのまま。

IMGP1340
これまでほとんど稼動していなかったバズーカ砲(望遠)出撃。(この世界の標準で行くと大してバズーカでもないが)
望遠難しい。すぐぶれる。
三脚も一応使ったものの、SLIKのやっすいやつだったと不安定な斜面からの撮影だったのとかで結構ぶれる。
この写真なんかも当倍で見るとひどい。


IMGP1351
吉野梅郷は曰く、
平成21年2月14日(土)の日本経済新聞、「おすすめの梅の名所ランキング」において、全国の梅の名所約90ヶ所の中から、なんと第1位を獲得いたしました。
なんと1位、のあたりが謙虚。

IMGP1353
梅は花は一輪とか二輪をマクロで写してもあんま綺麗じゃない気もする。

IMGP1343

上記も含めた他の写真はFlickrにおいた
  1. 2010/03/14(日) 23:12:48|
  2. 写真付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日の出山

ミカさん(仮称)第2回山歩き。

日向和田~日の出山~麻生山~金毘羅尾根~武蔵五日市。
16~17Kmくらい?
前回より距離があり、標高差もあるコースを選んでもらった。7時間くらい。

問題は、今年は大したことないやーとなめていたら、先週金曜から突然襲ってきた花粉である。
金曜は死ぬかと思った。が、土曜は大したことなかった。
奥多摩周辺の山なんて、花粉の巣である。自殺行為である。
土曜大したことなかったと言え、無防御で行くのは飛んで火にいる、なのでドイツ製!鼻に塗るだけ!みたいな薬を持参した。

天気も良く、花粉大発生を懸念したけど、なんてことはなかった。序盤は。
だが、あるポイントだか、時間を過ぎると鼻ずるずるになってきた。ドイツ製出撃。

全然効かねーじゃねーか。

そもそもずるずるになってから塗っても意味ないのかもしれない。
その後は治まったり、またずるずるになったりを繰り返しながらの一日。
ティッシュが固いやつしかなく、鼻が痛い。
そして今ずるずる。というか、うちに戻ってからのほうがひどい。なんで。

景色的にはそんなに見るものもなく(ないわけでもないが色々面倒で写真撮ってない)、何がすごかったかと言えば日の出山の山頂の人の多さ。

IMGP1369

チャリで来ていた比較的若めの人達が「巣鴨みたい」と言っていたのが印象的だった。

IMGP1371
一応エビデンス。

花粉の他は、道迷いそうになった。というか道間違えた。
地図読むの難しい。

鼻ずるずるになるだけでも呼吸に影響があるためか、ちょっと疲れた。

そして今くしゃみが止まらない。
  1. 2010/03/14(日) 22:58:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

高尾山、城山、影信山、陣馬山

今更感たっぷりだけど続き。
雪の城山を後にする。

また小一時間歩くと影信山。
雪絶好調。ガス絶好調。
何も景色見えやしねえ。ので写真も無し。
ここで営業してない茶屋の軒下借りて昼ごはん。おにぎり潰れとるし。湯沸かして豚汁(コンビニ産)。

昼過ぎ、また歩き始めて1時間強歩くと前回着た陣馬山に到着。

IMGP1291_RR.jpg
多少天気も回復気味。
と思ったらまたすぐガスってきてしまった。

コーヒー
ここの茶屋だけは営業していたので、お茶とかも大量に余っていたけど運営に協力すべくコーヒーだけ買う。

今日は前回よく見えた富士山やら周りの山々も全く見えず。
昼から天気回復、のはずだったけど雲はなくなりそうになかったので下山開始。

と、20分くらい降りると、

IMGP1304_RL.jpg

この仕打ちだよ。
天気急回復。
でもまた山頂まで戻るほどの甲斐性はない。

IMGP1308_R.jpg
回復ってレベルじゃねーぞ。

IMGP1312_RL.jpg
麓では梅など咲いてましたとさ。


よーく道の整備された低山達ではあったけど、一応祝初縦走。
ケツが筋肉痛になった。
  1. 2010/03/10(水) 01:08:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

高尾山、城山、影信山、陣馬山

どうも昔から2択に弱い。弱いというのは2択の勝率が5割に行かないという意味で。

買った道具の単価を下げたく、いや、別に単価は下がらないけど値段分使う!みたいなのあるじゃないですか、ということで山歩きへ。
土日の選択で、先週天気予報を眺めながら、「日曜のほうが良い!」ということで行ってきました。
金曜くらいの時点では日曜も天気悪そうなのは分かっていたのだけど、土曜より良さそう、ということで。
この辺が2択の弱さ。
天気悪かったおかげで、いろいろニューアイテムが利用された。
レインスーツやらスパッツやら。

コースは先週も行った陣馬山から少し距離を伸ばして、陣馬山→影信山→城山→高尾山と縦走する(歩くけど)ものにした。したというか、もともとミカさん(仮称)が考えていてくれてたコースなんだけど、わたしの体力の無さを心配してくれて初回は距離の短い楽な方にしてくれていたというだけ。
東京西部で初心者もお手軽に行ける低山コース。
今回はソロ。

が、朝高尾駅で中央線に乗り換えようとするとさすが中央線、止まってやがる。
仕方ないのでまた京王に戻り高尾山から逆順で回ることにした。

高尾山口に着くといきなり雨。
レインスーツを着て、ある意味間違えて持ってきてしまったビニール傘さして出発。

1時間早送り。頂上。

高尾山山頂
これは雨ですか?
いえ、雪です。

高尾山山頂
では、これは雨ですか?
いえ、それも雪です。

すげー寒そうに見えるが、実際寒い。でも寒いのはじっとしている時だけで、歩いてるときはむしろ暑い。
汗冷えると超寒い、というのは常識らしいけど、身を持って知るというのは大切だよね。

マリー(ビスケット)かじって次へ。
小一時間歩くと城山。

小仏城山山頂
高々600mくらいの山でこうである。
下界は今日は雪降ったのだろうか。むしろ津波で盛り上がったのだろうか。



続きを読む
  1. 2010/03/01(月) 00:52:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。