誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

陣馬山

少し前、ミカさん(仮称)が山登りが趣味と聞いた。
冗談半分に(ウソ)連れてってくださいよー、と頼んだら実現した。

素人なんでいろいろお任せしたら、気合の入った登山計画書とこれ買えリストが送られてきた。
そういうわけで行ってきました陣馬山。
まだ時期も時期なので雪がありそうな奥多摩とかじゃなく、低めのいわゆる初心者用の山。

---以降、一度に書いてしまわないと二度と書かなそうなので吹奏楽用アルペンのごとく、駆け足--


序盤から体が重い。
これが日頃の運動不足の成果か!
初心者用の山で途中でへばるとか避けたい。筋肉痛で2、3日動けん、とかも嫌だ。

と思っていたけど、途中から体も軽くなってきたので単なる準備運動不足だったのかもしれない。
で、雪なさそうな山を選んでもらったのだけど、

IMGP1220

雪じゃん。

ここの所なかったようないい天気で雪も相まってとても綺麗。焼ける・・。
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/02/24(水) 00:58:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

予告のようなさいきんの物

ストレス発散よろしくここのところ色々と買い物を。散財。
これまで使ったことが無かった物や、最近のものを使ったことがない物もあり、色々と面白かった。


・発熱性素材肌着(?)
という呼び方でよいか分からないけど、あれだ、一番メジャーなので言うとユニクロのヒートテック。
諸事情(近くのユニクロにヒートテックが無かっただけだが)でグンゼのホットマジックの長袖買った。
そんな材質で大して変わらないだろ、と興味無かったんだけど、着てみたらぬくかった。
すげえ。


・水筒
サーモスのケータイマグ買ってみた。
軽い。
朝、熱いお茶入れると、夕方でもまだ十分ぬくい。
昼間飲みながらだから徐々に量も減っていっているにもかかわらず夕方ぬくいというのはすごい。
ふと、その昔、魔法瓶と呼ばれる内側がガラスの水筒、なにかの弾みでガラス割れまくる壊し方をしたのを思い出した。結構重かった気もするし、こういう身近なものでもまだ進歩してるんだなぁと思った。


・フリース
これは全然最近のもの、というわけではないけど、フリースの服買った。
フリースの服持ってなかった(後で確認したら1つ持ってたが認識してなかった)。
ユニクロのマイクロフリース、なんだけどぬくいんだな。安かったし。


カップヌードルミルクシーフードヌードル
初めて食べたけどおいしい。
なんだっけ、最初は口コミでシーフード(のカップラーメン)に牛乳入れるとうまい(カルボナーラみたい?)、というのが広まって製品化されたんだっけか。
  1. 2010/02/22(月) 01:11:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

名古屋の夜

ということで名古屋におる。
仕事が変わったわけでもなくてちょっとしたイベント的な。

夜は懇親会という名の飲み会。
時々登場している、現在の仕事のカウンターパートの顕子(仮称)。
一次会は途中からはほとんど二人で話をしていた。

顕子(男。一応)はその脅威の仕事っぷりばかりが目に行っていたが、ジャズ詳しいとか仕事外もなかなか、と思っていたらそんなもんじゃなかった。
こんな全方位な人初めて見た、というくらいだった。

映画の話すればタルコフスキーとか好きだ、とか言って(私は名前は知ってるが観たことはない)、こっちがニューシネマパラダイス好きだ、と言えばモリコーネの曲いいよねー、西部劇のとかも作曲してるんだよ、知ってる?とか返される。

音楽もジャズだけかと思っていたら、モーツァルトよりベートーヴェンが好きかなぁ、ピアノ(後期)とか。

旅行の話すればサンピエトロはやばいよね、と盛り上がり、南仏はよかった、サグラダファミリア素晴らしかった、アメリカで国立公園とか車で一週間かけて回ったのは楽しかったとなり。

本の話に移ればこれもジャンルを問わず、経済本から宇宙論本もOK、最近何面白かったですか、と聞けばドーキンス(利己的な遺伝子、神は妄想である、等)面白かったかなー、だし、歴史物もいける。
ほんとに読んでんのかよーと軽く疑ってみて、「(ブライアン・グリーンの)宇宙を織りなすもの、とか面白かったんすけど、この世界が10次元やら11次元やら言われても、もう凡人にはぜんぜんついていけないっす」と言えば「あー、それは読んでないけどリサ・ランドールの本とかの多次元の話とか読んだ?そうだよなー、凡人には分からないよなー」となる。

アメリカに赴任されてた時もあり、そん時はMOMAの近くだったからよくいったよー、で現代美術はどうだ、こうだとか。

なんなん、この人。おもしろい人だ。

とりあえず教えてもらった本というか著者をそのうち読むリストに追加。
下條 信輔
半藤 一利
リサ・ランドール
  1. 2010/02/18(木) 01:30:09|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐川急便最悪

昔から佐川急便が嫌いだ。
色々とサービス悪すぎ。自分で使うことは絶対にないけど。

またやらかしやがった。

どうしても昨日受け取りたい荷物があったのだが、うちには宅配ボックスあるにもかかわらず見事に不在票だけ置いて持ち帰りやがった。過去にもあったが。
amazon佐川使うのやめてくれぇ。
少し高くてもお急ぎ便にすればよかった。そうすればヤマト運輸になるから。

こんなんばっかりだと、ほんとかうそかは知らないが、在宅でも不在票置いて持ち帰るとかいう噂(配達ノルマが厳しいのでさっさと済ますため)も本当かと思ってしまう。

  1. 2010/02/17(水) 00:30:15|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑記

兼生存報告。

すっかりiPod touch(+ pocket wifi)が無くては生活できなくなってしまいましたが、その影響もあり、iPad欲しい。
iPod touchをでかくしただけだ、みたいな評判もあるけど、それでいいというか。
個人的にはPDFで持っているものを読むデバイスが欲しいのだけどなかなかなくて、iPodではさすがに(A4とかレターサイズの)PDFを読むのはつらくて、PCでも画面が横長なこともあり読み辛い。
紙に出すのもいまいちだし、とそれだけでもiPadいいなと思う。
(KindleでもPDF読めるのだな)

当面、日本語の本は購入できるような状態にはなりそうにないけど割り切って英語の本しか読めないというのもいいかもしれない。(勉強的な意味で)



GoogleのCMが素敵。
GIGAZINEの記事経由のgoogleのこのCM
ほんのり暖かくていい。
CMとしても何気にsuggestionの機能やら、もしかしてXX?とか翻訳の機能やらの宣伝してるし。

何気なく連発して検索してるだけの動画のようだけど、間の取り方とか見せ方とかとてもうまいなぁと思う。
一回入れた検索ワード消してから書き直すとことか、一番最後の検索の箇所のタイミングとか絶妙だ。
上のGIGAZINEの記事読むとストーリー分かってしまうけど、少しの英語力あれば普通に読めるのでそれ読む前に直に動画見るほうがよりいいと思う。
cribという単語だけ知らんかったがそれこそググレだ。

唯一の不満は、、how to asse とか入れても動画と同じようには補完してくれなかったこと。
くう。
  1. 2010/02/10(水) 01:01:02|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末

仕事始まると書かなそうなので。

G本番終了。
いらしてくださった方々、ありがとうございました。
ボレロが無ければ相当お気楽な本番のはずだったが、お陰で練習時より緊張しまくりのシーズンだった。

先に持論(?)だけ書いておくと、ボレロなんて100回やれば100回完璧に吹けるプロだけがやればいいような曲と思っている。聴くほうにまで緊張を与えるようなアマがするような曲ではないと。
とは思う一方でこんな曲できる機会もないし、と。

人は極度に緊張すると腰に来る。これ豆知識な。
ラインをやった時以来だ。腰に来た。
加えて、帰宅してから気がついたけど肩がすげえこっている。びびりすぎ。


演奏会前日の模様から。
リハが終わって帰宅するも、頭の中を「タンタタタタンタタタタンタン」がぐるぐる回る。
これはいかん、このままでは20時間近くエンドレスで流れて頭おかしくなる、と思い、えーと、何かこう、もうミスとかつまんないことだよね、とか思えるようになるものと、考えツタヤに行って、

もののけ姫

借りて観た。このチョイスもどうかと思ったが、観るとちょっとミスとかどうでもいいことのように思えてきた。
しばらくは人と森の共存に思いを馳せていたが、またスネアの音がしてきたので、

プラネットアース

を観始めた。大自然とか観ればボレロなんか些細なことだと思えるかな、と。
象は大変だなぁとか思いつつも、途中で眠くなりと思いつつ寝た。
そういいながらも前日になってもデュトワの演奏でイメトレはかかさない。
(一応、リンク先は冗談の通じる人しか観ないほうがよいとは警告)


眠くなってきたので今日の様子は簡潔に。
完璧、会心、の出来からは程遠いものではあったけど練習時の平均から考えれば、まあ及第点、か。
ラヴェルプロということで、特に管楽器は個人芸が大変な箇所が多かったけど、皆さん本番は落ち着いて(るように聴こえて)いて、とてもよかった。
ボレロが最後じゃなければもっと楽しんで聴けたのに。
  1. 2010/02/01(月) 01:29:55|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。