誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そうだ鎌倉にいこう

インド人引率ツアー第4弾(くらい)。

当初、USJとかいう恐ろしい案がでていたのだけど結局鎌倉になった。

インド人引率ツアーなかなか大変なのである。
ベジタリアンがいること、日頃インド料理が食べられないことから(毎日自炊して持ってくるんだけどね)、途中の食事はインド料理屋。
加え、今回は鎌倉ということもありどこに行くか事前に決めておかないと大変だ。
あいつら歩くとすぐ疲れるし。

そういうことで、前日はこの日のために買ったガイドブック片手に、えーと、とりあえず3、4箇所かな、大仏と鶴ヶ丘は行くとして、じゃあ駅が同じ長谷寺で紫陽花見せて、と。
ん、待て、インド料理屋なんかあるのか、鎌倉に。おぉあるある、しかも南インド料理だ。(メンバーは大半は南インド出身。料理は結構北と南で違う)
それからー、Web情報によると長谷寺は混むらしい、じゃあ朝早めに長谷寺にして、大仏みて、鎌倉に移動して飯かな。昼飯時間と混み具合考えるとー、よし、8時半集合でこの電車だ。
ただあいつらよく遅刻するし、+30分までのリカバリープランは考えて、この電車までならOKだ。
と、デートでもしたことのない入念な事前プランが必要となる。
だがこれで完璧。

(以降愚痴がまざるので、写真を織り交ぜながら)

雨長谷寺

長谷寺。予報通りというか予想を上回るひどい雨。

さて、前日夜中までプランしたせいで寝不足気味で待ち合わせの品川へ。
集合時間の20分くらい前に到着し、飯食ってると電話が。あぁ、遅刻かよ。おまえら歩いてくるだけだろ。まあ折込済み。

と思ったら、

オハヨゴザイマス。1時間遅れるね。

ざーけーんーなー。例え今起きたばかりでも15分で来れるだろボケ。
という英語力もないので、仕方なく待つ。結局45分遅れですでにプラン崩壊。


紫陽花1

紫陽花でございます。

まあいい。。気を取り直して行くか。
えーとまずは東海道線、と。

人身事故により東海道線は運転を見合わせております。

ふーざーけーんーなー。
まあこれは横須賀線に乗れば済んだのだけど。
普通の席はもう空いてなかったのだけど、眠くて仕方なかったのと、インド人すぐ疲れるんでグリーン車のチケット買ってそこに押し込めて寝た。


紫陽花2

白綺麗だ。

鎌倉駅到着。
さっそくバラジ(仮)が腹減ったとうるさい。
もう帰れお前。
お惣菜屋があったので電車の乗り換え時間を利用してから揚げとフライドポテト食わす。
ということで長谷寺。雨全開。雨にもかかわらず人多い。そろそろ紫陽花も終わりだからねぇ。

紫陽花3

紫陽花は雨に映える。とは言うものの雨降りすぎ

写真だとイマイチ分からないのだけど相当雨降った。
傘片手に人多いところで写真撮るのは至難の技。引率係兼記念写真係でもあるのだけど今日はもう適当。すでに靴ぐじょぐじょ。バラジ(仮)は普通のスニーカーのくせに水溜りをものともせず突っ込んでいく。お前だけだとインド人全体が誤解されるからやめれ。

紫陽花4

ここにあるのがいい写真かは置いといて、紫陽花は被写体にしやすい花だと思った。

長谷寺を後にし、大仏へ。
この時点ですでに、インドメンバーから

歩き疲れたー

との声が。
マジふーざーけーんーなー。
長谷駅から300mくらいしか歩いてないぞ。大仏までも300mくらいしかないぞ。

紫陽花5

白2

それでも大仏まで歩かせ、はいー記念撮影ねー。並んでー。
何?腹減った?分かった。飯いくぞ。どこかって?鎌倉駅まで戻るんだよ。歩くのかって?当たり前だ。飯食いたければ歩けボケ。
ついでに歩くのも遅いんで途中で江ノ電の長谷駅まで戻るのはやめて(まあ雨で歩きにくかったし)バスに変更して鎌倉まで戻り、インドレストランへ。
結構うまかった。ただ結構値が張ったので、いわゆる南インド料理のミール(ってそのままだが)は誰も食べず、北系のランチセットにしてた。紅一点のカナカ(仮)はそれだと量が多いらしく、ドーサを食べてた。ドーサはパンの一種というかクレープの一種というかそんな感じ。個人的にはあの酸味が好きになれずあまり好きではない。
ちなみに、

飯の時間帯が一番バラジ(仮)は元気だった。なんでそんな疲れてんだよと聞いたら

昨日3時まで映画見てた

とのこと。お前だけもう帰って寝れ。

鶴ヶ丘

バラジ(仮)。どう見ても傘が小さ過ぎる。濡れても全く気にしない。ひゃーすげえ雨だ、と言ったら、こんなの全然だね、と意に介さない様子だった。

雨脚がさらに強くなる中、鶴ヶ丘八幡宮へ。ジューンブライドだからか知らないが、結婚式連発してた。この雨では大変であろう。

と、この程度しか回ってないのだけど、皆結構疲れてしまい2時過ぎには帰路に。
大変であった。

鎌倉はもっとのんびり行きたいものだ。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 00:48:30|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末など

つぎのGオケがベルリオーズの幻想とムソルグスキーの展覧会の絵なわけなのだけど、どっちも(奏者的に)嫌いなんである。
幻想は5楽章中3楽章まで休み。
展覧会は最初の2曲は少しだけ出番があり、その後ずっーーと休んだ後にカタコンブ、バーバヤガー、キエフの大門は吹きまくり。
いや、曲はいい曲だと思いますよ。幻想大好き。1楽章とか2楽章とか(トロンボーン出番無)。

ただ奏者的には、なんというか準備運動無しで1000mダッシュさせられるような曲というか、寝起きでいきなり激しい運動して息切れ脈拍数倍増というか、体に悪い(ような気がする)。


ボーナスボーナス!
ということでボーナス支給された。
物欲炸裂させたいのだけど、欲しいもの全部買ったら全然足りない。
あれを買ったらこっちが買えないし、こっちを買ったらあっちが買えないしで何も買えない。
その一方で消費欲はむくむくと巨大化するわけで、結局カメラのレンズ買って溜飲を下げた。
最近全然写真撮ってないのに。
FA43mmLtdな。

これで今回の買い物終わりーと思ったら、レンズ買った次の日に通勤用のカバンが壊れた。。。。
はぁぁぁぁ。
  1. 2008/06/23(月) 12:43:32|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めんちー

最近はいろんな会社にあるんだろうけどメンター制度。
弟子のほうはprotege(かmentee)。うちもだいぶ前から制度はあった気がするのだけど有名無実化してて(この制度を通して)あまりメンターに世話になったことはなかった。

今回メンターが昔から世話になっているイカさん(仮称)になり、それぞれいろいろ思惑もありメンターレビューが実現した。
内容は割愛。
まあ、なんというか自分に足りないものは分かってるつもりで、言われたことも想定の範囲内であとはやるかやらないかという話なんではあるけれど。
結局多くの人はそこの問題なんである。

タカミー(仮称)も一緒にメンタリングしてもらったんで終わった後は予定調和的に飲み。
男だけで飲めるかクソボケとギャル(死語)を誘ったが即効撃墜され、男3人牛タン屋。

これもまた予定調和的に下ネタ爆発会となるかと思われたのだけどそうでもなく後半は結構まじめな話に。
まとめると頑張らないとねーなんだけどね。海の向こうのやる気のある奴らはすごいよほんと。
あとイカさんは参加したT○Eの様子など聞いてやる気アップ。
ちなみに今年のやつは全セッションの資料が公開されてるので英語の勉強にもオヌヌメか。(もちろん社内限定)
Tech系の人にはとりあえずNickの講演がやる気をあげてくれて吉。

初めてすげえ会社にいるんだなぁと思ったよ。

会社がすげえんであって自分がすげえわけじゃないのがポイントな。
  1. 2008/06/21(土) 00:54:35|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5月パワー

5月に受けたTOEICの結果が返ってきた。

スコアは30C
(16進な。Windowsの電卓使えばすぐばれる

やはり5月は狙い目なのか得点アップ。
うちのあまり英語ができるとは見受けられないPMも上記得点-20(10進)程度の点を叩き出していたので5月受験オヌヌメ。
N田さんにはまだ負けてる。
とりあえずの社内免罪符ゲット、とは言えぼちぼち社内的にも600とか700では実際にはたいして役に立たないことがバレはじめているので800以上で及第点になるのではという恐ろしい噂も流れている。
というか実感としてもそんな感じなんでもう少し上を目指す。まったりと。

次回・次々回は予定が入っているので受験不能、次は10月か。
9月10月は逆に点が低めに出やすいとかでないとか。
そういうのに頼ってる時点でどうかというのもあるが。

TOEIC用の勉強すればもう少し行きそうな気もするけどそれもなぁ、というか単純に面倒なのでもう少しインド仕込みだけで行くことにする。
Reading弱し。いつもListeningより50点以上低い。
読むほうも慣れないとなぁ。
  1. 2008/06/16(月) 13:04:18|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うああああ

オケの練習に行った。
練習は18時からだったけど、トロンボーンは出番の少ない曲(幻想)なので19時半に行けばよかった。
ま、でも時間に余裕を持って行動が基本だよな、と少し早めに練習場にいった。
練習場の外でぼけーっとして、そろそろ入るかー、と19時20分頃建物に入り、部屋を確認しようとしたらうちのオケの名前がなかった。

練習場所間違えた

ウハーーー。
マズーーーー。
携帯で確認すると豊洲だった。脳内思考停止し、とりあえずタクシー拾って移動。
森下からは意外と近いのだね。10分くらいで着いた。まだ出番は来ておらずセーフ。

練習。今日初めて音を出す某曲。ノリノリな曲なんである。ノリノリで吹いていた。
時々、あれぇ、なんでHにシャープ着くような音があるんだろ、微妙に変な気が、と思ったりもしたけど音程が悪いのかとそのまま大音量で吹いていたら指揮者に止められた。

テナー記号とアルト記号間違えてた


恥。基本3度違う音なんであんまり違和感なかった。
久しぶりに顔から火が出るかと思った。すいません。

というミスばかりした日。

参考。
テナー記号とアルト記号
(とドの位置)
clef

  1. 2008/06/15(日) 23:30:49|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せんきょく

先日、タカミ(仮)んとこに娘が産まれた。
めでたい。お祝い忘れてた。

今日チャットしててどういう話の流れだったか忘れたのだけど英才教育だ!!!
とか話になって、じゃあ胎教っすかね、となり(違。もう産まれてる)、モーツァルト聴かせて育てるべということに。
牛も乳よく出るとかワインに聴かせるとまろやかにとか、もうなんなんだそれって話なんではある。
モーツァルト聴いて育たなかったからわしら頭わりいんだ、と。

まあそんな話の流れから適当にCD見繕って貸すことになった。というか押し付けることにした。
だからオタクって嫌ですね。
(すさまじいオタクが多いこの世界ではオタクってレベルには全然達していないと思ってはいるのだけど)

さて、何にしよう。
モーツァルトの名曲といえばレクイエムだよ鎮魂歌だよ、チXX歌だととひとしきり盛り上がった後、それもなかろうということでうちに帰ってから久しぶりにCDの棚を開けて物色。
タカミ(仮)の娘は私の趣味で染めるべくモーツァルトに限らずいろいろと。
なんでコンセプト的にはXXベスト100みたいなんじゃなくて、わたしの好きな曲からのセレクション、ただし一応幸福度高め限定。

良さそうなの次から次に出していくとすぐに30枚くらいになった。

聴くわけないだろそんなに

自分も最近全然聴いてなかったCDも多いので片っ端から聴いてみる。
久しぶりに聴く曲は新鮮で改めていい曲だなぁと当初の目的はどうでもよくなっていく。

とりあえずおしつけセレクション1弾。

1.モーツァルト/クラリネット5重奏曲
これは外せない。2楽章のあまりの幸福感に悲しくなった。
2枚持ってたけどプリンツのほうで。よくあることだけどカップリングはブラームスで微妙。いや、いい曲なんだけどさ。

2.モーツァルト/ヴァイオリンとヴィオラと管弦楽のための協奏交響曲
これも外せないよね。クラ5よりもっと直接的に幸福曲。
語り合うようなヴァイオリンとヴィオラがたまらん。クレーメルのしか持ってない。2楽章は悲しい。

3. スカルラッティ/ソナタ集
ホロヴィッツの弾いたスカルラッティのソナタ集。
スカルラッティの演奏としてどうなんかまで分かんないけど、曲の選択もあってか、なんとも軽妙でかわいらしい1枚。大好き。


書くのに飽きたので次回に続く。
ついでに求む幸福お勧め曲。


あと、どうでもいいけどこれも外せないと思っていたドヴォルザークの弦楽セレナーデのCDがない。
どこいった。
  1. 2008/06/10(火) 00:17:17|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「Googleを支える技術」

事務連絡。
ようやくモンハン一区切り。
モンハンってあれだ、今時は若いかわいい女の子も電車でやってるゲームだ。
女の子も電車でやるくらいだけど、美容院ではやらないとおもう。
で、ようやくモンスターハンタークエ(レウス+ティガ+ナルガ+ラージャン)終了。
まったりと仕事も忙しいのでチャレンジは一日一回だけー、を続けて2週間くらいかかったんじゃなかろうか。
2死+ラージャン残り36秒で捕獲と、まあちょっとあれだけど一応これでひと段落。

各方面の負荷が多少下がってきた感じなんでいろいろ再開(予)。
すぐ裏切られるんだけどね。

読書も再開。
最近の気分的には小説という感じでもないのでこの辺から。


西田 圭介
「Googleを支える技術 」~巨大システムの内側の世界"
あのGoogleを裏で支える技術の話。
Webや論文で公開されている内容をまとめたり、その情報から推測される範囲で色々書かれている。
技術的には大規模分散システムを実現しているGoogle独自のGFS(Google File System)や、Map Reduce(分散処理のためのアプリケーション基盤技術といえばいいのだろうか)とかの話。
多少かじったことある人なら、個々の技術事態は概念的には目新しいものではないと思うんだけど、それがものすごいレベルまで最適化され、すごい規模でスケールアウトさせたシステムを作ったのがGoogleということなんだろう。
個人的に面白かったのは後半の運用コストやらエネルギーの話。
こういった大規模分散システム、今時だとクラウドコンピューティングっていうんか、に有利というか効率的なCPUはどういったものか、とか。
色々な情報からの著者の推測ではGoogleの電力コストは年間5億円前後。これが高いのか安いのか規模が大きすぎて良く分からない。

総括すると、Googleのミドルから基盤系の技術概要、またコストや耐障害性等までバランスよく書かれた本。
次の(とりあえず)話題の技術になりそうなクラウド・コンピューティングの技術的入門にもいいんじゃないでしょうか。
  1. 2008/06/09(月) 00:07:27|
  2. 読んだ本系(IT系)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

週末雑記

相変わらず週末は天気が悪い。
が、インド人がうるさいので土曜は浅草へ。
雨だし寒いし、なんかお腹痛いしでちゃっちゃと雷門見て帰ろうと思っていたけど思ったより長くいた。
悪天候でも人多かった。

人形焼きとみたらし団子食わせたけどやっぱりあまり好きではないようだ。
団子うまいんだけどな。
醤油に慣れないのだろう。

バラジ(仮)は仲見世で売ってた着物(もどき)を2つ買ってた。
まさかと思い「嫁さんとおまえの二人で着るのか?女物だぞこれ」と聞くと「姪が2人いるんだ」と言ってた。がさつ極まりないやつなのだがそういうところはちゃんとしているというかいいやつというか。
アルビンド(仮)も着物の柄とか色とか気に入ったみたいで嫁(今度来日するらしい)がきたらまた来るとか言ってた。
いわゆる本物じゃないけど、色とか柄とかきれいだねぇ。
みんな色々買うので寂しくなり、和風な小物入れ袋を買った。

しかし寒かった。
写真はそのうち。


明けて日曜。

なんだかんだ疲れていたので昼前まで寝てやると決め込んでいたら騒がしくて早くに目が覚める。
安っぽい音でカバレフスキーの道化師が聞こえてくる。
ピストルの音が聞こえてくる。
あぁ、、、運動会かよ。。。
近くに小学校があり、その運動会。運動会は秋じゃないのか。
外を見ると超いい天気。なんじゃこりゃーーー。
浅草は今日行くべきだったか。

で、運動会に触発されたわけでもないのだけど久しぶりにちょっと運動した。
ちょっとである。1時間弱である。

死んだ。
ほんとにぐったり。

この日はそれ以降使い物にならず。
この体力の無さはまずかろう。

そういうわけで6月。
今年は5月の天気が悪かったんで、インド人に日本のrainy season(梅雨)は6月からだ、と言っても信じてもらえない6月。
  1. 2008/06/02(月) 09:29:26|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。