誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カラオケ屋いまどき

雑記。

部屋では楽器吹けないので時折カラオケ屋に一人でのこのこと行く。
(ミュートして部屋で、というのは前やって失敗しているのでやらない)

昼間は非常に安く、2時間程度いてもドリンクバー(←原則必須)込みで1000円くらい。(某エコー)
楽器吹きに行くので歌は歌わないのだけど(注:たまに歌うことがある)、休憩する時とか、あと吹き始めの頃の自分で吹いてて聞くに堪えない音の時は適当に曲を入れて音を流すことがある。
(楽器を吹くのに音を出すのはどうなんだ、というのもあるだろうけど、ほっといてくれ。多少鳴ってくるまでは自分の音を聞くのは苦痛であるのだ(であることもあるのだ)。)

やっぱりね、この世代はね、銀河鉄道999な。これ定番。もちろん映画版のほうだ。
テンション上がるね。マイク使わないにしてもつい歌うね。

最近はカラオケも一時のブームの時ほど人気がないのか(どうか知らん)、あれこれとサービスが増えている。
CD作れたりは結構前からあったのかもしれない。
iPod繋げて音も出せるみたい。普通は歌いに行くのであまり使わない気はするけど。

さて、今日も休憩時のBGMに何かかけるか。
しかし、、凄まじい曲の量だな。99%は知らない曲だな。
昔は歌手別索引と曲名別索引があった気がするけど今は歌手別しかない。それでもすごい分厚い。
また999でも、とアニメコーナーを見てるとジプリもあった。
なんと。
いつからあったのかは知らないが、そこからジプリメドレー。
歌ものももちろんだけど、インストのものが多い。そりゃそうだが。誰が聞くのだろうか。(→わし)

ナウシカなつかしー。
ラピュタはラピュタのテーマ(ホルンで始まるやつ)がよろしい。
紅の豚、あの曲入ってないじゃんーー。

やっぱジプリ最強曲はもののけ姫のテーマ曲で決定でいいですかね。
歌のやつじゃなくてタイトルの時に流れるやつです。
はぁぁぁいい曲だ。3回くらい聞いた。


ハ!楽器の練習は。。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/27(日) 11:56:39|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2弾

インド訪問第2弾。
2/4-2/9でインドまたいってきまーす。
今度はTrivandrumというところです。最南端に近い。

てかこういう予定が昨日(1/24)に決まるって。。
おせーーよ。
社内的事務処理間に合うのか。

今度は4人で乗り込みます。ので一人で初めてインドに乗り込んだ前より気はだいぶ楽。
月曜のフライトで土曜に帰ってくるという短くて、かつ変な旅程は私のせいでーす。
週末の内に移動したいとか、オマエは2/9の後もしばらく残れ、と命令されましたが断固拒否。
2/3のオケの練習ははずせませーん!!11日は本番だから最悪でも10日の昼には日本にいないとダメデース!!!
と言い張った。
ケケケ。私がいないとできない作業が多いので意見を通すことが可能。

どうでもいいのだけど、(あまり多くない)今のプロジェクトメンバーの中の先輩っていうかおっさんで趣味は海だー(ダイビングとか)という人がいる。
そんなんだからクラシックなんて全然しらんだろうと思っていたのだけど、昼飯んときに「へー。演奏会何やるの」と言われて、「絶対知らないと思いますけど、まあメジャーな方から言いますね」と

レスピーギのローマの祭っす。
->「あー知ってるよ」 なに。少しは知っているのか。

メンデルスゾーンのイタリアっす。
->「あー4番ね」 む。実は結構知っているのか?

ベルリオーズのローマの謝肉祭。
->「知ってるよ」

プッチーニの交響的奇想曲。
->「知ってるよ」 ・・・・今回やるまで知りませんでした。

とオタクなことが判明。結構いるもんだ。



インド書き忘れ2。
ネタというか、あぁ、えらいなぁと思った話。
インド滞在中、日本にも来ててよく話すメンバーがメールをくれた。

題名:XXXX's paper

なんだこれ、と見てみると、今回のプロジェクトの若手の開発メンバーの一人が出したIEEEのpaperが受理されたんだよー、見てみー。という内容。
IEEEというのは、イエーー、じゃなくて工学系に(いた|いる)人なら必ず知っている電気・電子技術の学会。(尚、読みはアイトリプルイー)
学生中やっていた研究を今でも続けているのだろう。中身ちらりと見たけど全然わからんかったけど、データ圧縮に関する論文だった。

兎角、(もちろん例外はあるけど傾向として)目先の仕事ばかりやる日本とは違うなぁ、と。
そういう点でもインドにて刺激をもらいました。
  1. 2008/01/26(土) 02:01:50|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素人用レタッチソフト

ちょいと画像をいじる用があった。ある。

貧乏人にはphotoshopは買えないので、また買ったとしても値段分は使うこともなさそうでこういうちょっと画像をいじりたい時に困るわけである。
こういった場合、これまではGIMPとか使っていたりしたのだけど、頻繁に使うものでもないので操作とか覚えられない。

もう少しお手軽なものないかと探していると、というか全く別件でWebを徘徊しているとpaint.netというのを発見。
素性的には、

Paint.NET(ペイントドットネット)は、.NET Frameworkで動作するグラフィックソフトウェアである。このソフトウェアはMicrosoft Windows用にワシントン州立大学 (WSU、Washington State University) のプロジェクトとして始まりMicrosoftの指導と共に開発された。

(以上wikipediaのページより)
とのこと。
全般的に軽くて、素人的に十分な機能を備えていていい感じである。

少しだけ画像いじって遊んでみた。
たいしていじってもないのでこのくらいなら何も見ずにすぐにできる。

庭1


paint.NETてすと


しばらくはこれで十分そう。
  1. 2008/01/23(水) 12:49:50|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いんどこぼれ話

インド小ネタ集1。

1.飛行機初体験や
帰りのチェンナイ->クアラルンプール。
インド人(というか外人)は見かけで歳を判断するのが難しいのだけど、飛行機の隣の席にだいたい同じくらいの歳かなぁ、というインド人が座った。
これがどうも落ち着きがない。ベルトかちゃかちゃいじってうまく調節もできない。
しばらくほっといたけど、どうにもいかないようなので「うまく締めらんないの?」って聞くと、「どうやって締めるんだ」みたいに言うので教えてやった。
離陸前の落ち着きがないので、「飛行機初めて?」って聞くと「そーだ、初めてだ」とのこと。
そりゃ仕方ないな。
わしも初めての飛行機の時には怖くて飛行中ずっと足踏ん張ってたよ。

飛行機初のおっちゃん、なんだか微笑ましい。
この歳で初の海外だね。それも飛行機。
どこにいくのかしらん。
などと思ってる間に無事離陸。

そのうちマレーシアの入国カードが配られる。私はtransitだったので必要無し。
で、また彼が書き方が分からないらしい。書き方が分からないというのはイコール英語があまり満足でないことを意味する。インド人が皆流暢に英語をしゃべれるわけでもない。
初めてだしたいへんだよな、とこれもいちいち説明してあげる。
ほら、パスポート出して。
ここはパスポートのここ書くの。
ここはパスポート番号でしょ。そうそうそれ。
はい、ここは生年月日だよ。パスポートのここ。

ここ。

え。

1988年生まれ。

まだ19歳じゃねーじゃねーかよ!!!
初海外わしより早いじゃねーかよ!!!!!

機内の映画の見方とか教えてあげた後はご機嫌で見ていた。
もういいかな、と思って寝てると、

わき腹パンチ

されて起こされ、「どうやって止めるんだ、これ」とか聞かれた。
たくましいな。。インド人。
  1. 2008/01/20(日) 22:59:36|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰国

成田っす。帰国しました。
バスまで時間があるので。

牛丼うまいよ、牛丼。

おうちに帰るまでが遠足です。
あと3時間くらいか。

調子に乗ってなんとか毎日(に近く)更新してましたが、いつものペースに戻ると思います。

寒い。
でわ。
  1. 2008/01/18(金) 20:40:51|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リンギット

帰国中。
またマレーシアにきてます。

インド時間で22:40(日本時間で午前2時くらい)のフライトでチェンナイを後に。
実際にはお祭り期間中だったこともあり、オフィスから空港までのタクシーがつかまらず結構大変だったというか焦った。
そしてクアラルンプールに着いたのが3時前、(日本時間で6時くらい(マレーシアの時間で5時くらい))。
もう時間ぐじゃぐじゃ。

眠いし、昨日はオフィスから空港直行だったので臭いし(臭くない)、成田行きでるの6時間後だしどうすんだよ、とフラフラしていたらtransit用ホテルというのがあった。
ほほう。
ただ、部屋借りて寝ると(2時間程度から(!)借りられるみたい)起きられないでフライト逃すという致命傷を負いかねないので、シャワーだけというサービスもあったのでそれにした。
ちょっとさっぱりした。
シャワーだけで20リンギット。

20リンギットね。いいんじゃね。

カードで。

で、20リンギットっていくら

よく分からずに払う。1リンギット1000円とかだと死ぬ。
さすがにそんなことはないだろう。
次、飯。(結局食べる話しか書いてない気がする)

バーガーキング。初体験。
えーと、セットで11リンギット。
はい。いいんじゃね。
カードで。

「カードダメ。キャッシュで」

ええー。リンギットなんてもってない。
「なんの通貨もってんだよ」
「インドルピー、USドル、ニホンイェン」
「円でいいよ」
と円で払えた。おつりで15.5リンギットゲット。おつりは円じゃない。

ここで賢明な皆様はすぐに気がつくでありましょうが、上記の情報から1リンギットいくらか分かる。
つまり26.5リンギット=1000円ということだ。
超冴えてるわたし。

OK、10リンギット500円弱ということね。(O型)

次に時間を潰すためにインタネット使えるところを探して彷徨い、今に至るというわけ。
まだ出発まで3時間以上あります。はー。
フライトこっから7時間くらいです。はああー。

では次はようやく日本からになりそうです。
  1. 2008/01/18(金) 09:25:00|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナマステ2

今日の夜こちらを出ます。
ほぼ丸一日かけての移動です。
はー。

日本米食べたい。
  1. 2008/01/17(木) 12:57:43|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ターリー

どうも昨日食べたような形式の食事はターリーと言うらしい。
こちらではごく一般的な食事だ。

昨日はもちろん日本は祝日だ。
が、こちらは平日だったのでオフィスへ行った。

今日はこちらが祝日だ。
が、なんだか日本が平日だったのでホテルで仕事してる。

おかしくないかね。
弊社規定では両方休みなはずなんだが。

というわけで、 続きを読む
  1. 2008/01/15(火) 21:03:47|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シヴァ

続き。

初のバイク乗車を経験し、心臓バクバクしながらレストランに到着。
実際にはバイクは3分くらいだったと思うのだけど。

レストランと書いたが、また少しレベルアップし、庶民度アップ。
そろそろ「う。。わたしはちょっとここは遠慮しようかな」という日本人が現れるレベルか。
もちろんもっとレベル高い店はいくらでもある。

今日はカメラ持って行ってなかったのが悔やまれるが、雰囲気的には大衆食堂のような感じといえばいいだろうか。
店に入るとおばさんがテーブルを片付けてた。
どうするかというと、ポットのようなものから水をぱしゃぱしゃかけてました。豪快だ。

メニューはどうも一種類っぽい。おごってもらったので値段は不明。
何がくるかというと、この形態自体は日本で食べられるインド料理と一緒なので想像しやすいと思いますが、大きな円い銀のトレイに、小さな銀の器が並んできます。
そうここの左上の写真のようなやつ。

以下上記写真とよく似ているのでこれを使って説明する。
飯は白飯。量は写真より多いものが別な皿に載ってやってくる。
簡単にまとめると上記写真を日本人感覚的で4倍くらい汚くした感じだ。

上の写真では何か入っている小さな器は5個だけど、今日のやつは6個。
ではそれらを解説しよう。
続きを読む
  1. 2008/01/15(火) 00:34:56|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガネーシャ

明日は祝日ということで今日はオフィスに人少ない。

(前半、インドとは直接は関係ない話ですが、初体験話)

お昼はこっちのメンバー一人が飯に外に連れていってくれました。
「じゃこっち」と付いていくとなぜか地下に降りていきます。あれ。地下道なんかあったっけ。

「ほれ。乗れ」
バ!!バイクですか!!!
運転はもちろん、ケツに乗ったこともないんですが!!!!
そんなことはお構いなしにヘルメットをかぶり、バイクを出す彼。
ハ!!わしのヘルメットは!!??(→ない)

言われるがままケツに乗る。
そもそもこんなことしていいんだっけ(←いろんな意味で)等考える間もなく出発。

KOOOOEEEEEEEEEEEEE!!!

しかもインドの道ですよ。
後ろからバンバンクラクション鳴らされてますよ。
これは。。ダメかもしれんね。
曲がる時は後ろの人も体重移動すべきなの?どうなん???
あぁ、こんな沿道にも牛が。
やっぱり彼にヒッシと抱きつくべきなの??
等考えてる間にレストラン到着。

今思えばかなり安全運転してくれてたんだけどね。
こんなところでバイク初体験するとは思いもしませんでした。

今日分はまだ続く。
後半:「これは食えません!これは勘弁してください!!」につづく
  1. 2008/01/14(月) 17:45:16|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マドラス

マドラスはチェンナイの英植民地時代の呼び名な。これ豆知識な。

今日も結局ホテルでだらだらと。
またビュッフェ食う。
あぁ、もうだめだ。帰国したら節制することにします。

そろそろ顔を覚えられたのだろう、レストランの店員の一人は「コバンワ」とか言ってくる。
民族性か高級ホテルだからかは分からないけど(まあ後者だろう)、皆親切すぎて困る。
これ食えーこれはうまいぞー、他にいるものないかい?、ホテルでの滞在は快適ですかー等々。
こう、なんというか田舎者には背中がこそばゆいというか。

今日はなんかインドのスイーツ(笑)をすすめてくれた。

遠目にはホールケーキの形をした、なんかちらし寿司のように見えた。
近づいてみると、そりゃ米粒じゃなくて、どっちかというとオカラだった。
そう。見た目はオカラのスポンジの上に少なめのちらし寿司の具が乗っているような感じだ。

シェフ一号:「これはインドのスイーツデス」「これを作るためだけに専任のシェフがイマス」
(どうでもいいけどなんでカタカナにすると外人風になるんだろうね)
わし:「へー。で、これ何?何でできてんの?」
シェフ一号:「ハイ。ミルクからできてマスネ。アマーですよ」

という珍しいもので(というかインドの甘いものなんて食べたことないよ)トライしてみました。

ほう。これは確かにスイーツ。
確かにミルク。乳くせー。
優しいミルクの甘さでオカラ的食感といえばいいのですかね。結構うまかったです。
それにもうひとつインドのデザートだという、ミルクにバター入れて砂糖入れてインド的香辛料を入れたような汁物のデザートも頂きました。
ついでにブリュレとチーズケーキもあったんで頂きました。
だーかーらー以下略。

さて、結局ホテルにいたので荷物多いくせに場所を取ったカメラ(一眼のほう)が全く稼動していません。
かわいそうなので以下ネタ切れをテキトーな写真で埋めます。
続きを読む
  1. 2008/01/14(月) 01:16:49|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日は更新おやすみ

です。

元気なつもりでしたがさすがに休日になると疲れがどっとでたというか疲れていることに気がついたようです。
一日ホテルでボケーっとしてました。
明日もかな。

あ、体調は別に悪くない。
  1. 2008/01/13(日) 02:01:19|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラッシー

長いようで短いようで長かったような一週間がおしまい。

のんきな日記は書いていますが、日本側、インド側ともにわたしがインドに来てるのがいろいろと便利らしくいいようにこき使われています。

さて、今日はオフィスのカフェテリアではなく、近くのレストランに連れて行ってもらいました。
メニューみてもよくわからないので、「キミなににすんの?」って聞いて内心では最初から決めていたにもかかわらず、「オー、じゃー一緒の」という作戦にしました。
ベジタリアン用ランチパック?的な名前だったかと思われます。

注文の前に、おい、こっちこい、手洗うぞ、みたいに連れられて、手洗います。
キター。
こっちにすぐに体験できると思っていながらできてなかった、手で食うってやつですね。

さて、料理が来ます。
料理がくるというか皿がきます。
その後で大皿というかトレイに山盛り持った店員が来て、皿にのっけてくれます。
店内がくらかったので綺麗でない写真ですが、

こちらがおかず?の皿。
ランチ1


そしてこちらが米。
ランチ2


米は2種類あって、細長いやつと、(相対的に)日本米に似た太めのやつ。
私は今日は太めのやつにしました。インドだとこっちのほうがなんか珍しいので。

それでは手で頂きます。 続きを読む
  1. 2008/01/12(土) 04:59:36|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャパーティー

ええと3日目終了です。到着日入れたら4日目ですね。

まあ正直ですね、ホテルかオフィスにしかいなくて、その間の移動はタクシーなんであんまもう書くことないんですよ。

ビクビクしながら撮った写真でお茶を濁します。

パーク1

パークのはしっこなんでなんともいえませんが。。
右に写ってるとこで働いてます。


パーク2

上の写真からそのまま後ろ振り向いて撮った感じ。
パークの入り口。

以下雑談。 続きを読む
  1. 2008/01/11(金) 01:40:51|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナマステ

一夜明けて弊社オフィスへ行きます。

これは今考えると非常に有難かったのだけど、日本に来てたメンバー(今はもうプロジェクト外れてしまっている)が泊まれるホテル(弊社では決まってます)の内、お奨めを教えてくれたんですが、それが前エントリで書いたホテルで、オフィスから一番近いホテルだった。

多分、public transportation、要するに電車とかバスとかインドに多いリクシャーとかでも行けるのだろうけど、右も左も分からないのでタクシーで行くことにした。
タクシーでホテルを出る。

なんじゃこりゃーーーー

続きを読む
  1. 2008/01/10(木) 02:17:52|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンダーラ

後でまとめて書こうかとも思ったのだけど、絶対面倒になってやめるので元気の続く限り日次更新で。

ようやく初日が終わり、少し落ち着きました。
日本に来ていた連中に会うまでは、正直言ってかーなーりー心細かったです。
いやぁ、よく考えたら一人でよくここまで来たものだ。

とりあえずここまでダイジェスト。

10:30のフライトに余裕を持って間に合わせるべく、朝5:30のバスで成田空港へ。
寝坊することが恐怖で(寝坊したらどうすんだろ)、出発前夜は1時間おきに目が覚める。
それでなくても荷物が多いので(そういうわけでお土産は持ってかえれませーん)、少しでも荷物を減らすべくコートも着ずに出発。寒い。

乗った飛行機はマレーシア航空。
各座席についているモニターですけど、いきなりこんな画面にでくわす。

Linuxですか


こ、、これはLinuxですか。見辛いですが左上にマスコットのペンギン見えます。やたらとタイムアウトのメッセージがでています。
こんなところにも使われているとは。
てか、こんな画面で大丈夫なのか。(案の定、最初の内はビデオとか見られなかったみたいです)
続きを読む
  1. 2008/01/09(水) 02:04:01|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一応

なんとか無事にホテルに着きました。
疲弊。
  1. 2008/01/08(火) 02:33:15|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それでは

ちょっくら行ってきます。
  1. 2008/01/07(月) 05:14:43|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初詣

書き忘れ。1/2に行った初詣。

防府天満宮、というところ。
日本三大天神のひとつと信じてやまなかったのだが、wikipediaによると

大宰府天満宮・北野天満宮・大阪天満宮の3ヶ所をもって日本三天神と称する。 異説として大阪天満宮を外して、防府天満宮を入れる場合もある。

らしい。
ち。wikipedia嘘ばっかりだしな。てかなら四大天神にしろよ。

というのはいいとして、写真のEXIF情報見ればわかるけど、朝8時である。
いろいろ各人の都合があり、早起き参拝。

いいことありますように

という抽象的すぎて叶えようのないお願いをしてきた。


時間があまりなく写真は少しだけバタバタと撮ったのでひどい。
最初の2枚は完全に白が飛んでる。


防府天満宮1

境内1

防府天満宮2

境内2

防府天満宮4

なんていうんだ。門?

長いので折りたたむ。(ReadMoreを押せ)。
続きを読む
  1. 2008/01/04(金) 22:42:56|
  2. 写真付き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

協力者募集(弊社社員限定)

また思いついたYO!
超発明。

そういうわけで協力者募集。ただし弊社社員限定。

【内容】
社内制度を使っての特許申請の協力。社内だと発明なんとかだっけな。
共著で出せるはず。

【目的】
社内プロセスでの特許申請の仕方を勉強する。
また、うまくいけばお小遣いゲットウマー。

【前提条件】
とくにありません。
(ここ見てる人いるかどうかしらんが)ぺーぺーの若い人でも歓迎です。

【報酬】
・飯
 飯一回くらいはおごります。逆に言うと飯以上のものはあげません。
・お小遣い
 万が一特許になればお小遣いゲットできるはずです。
 社内のやつだと、共著の場合も平等にもらえたはず。

【免責事項】
まだこのアイデアがいけてるかどうかとか、(前例のごとく)すでに登録済みかとか全く調べてませんのでお小遣いゲットできない可能性は大いにあります。所詮わたしが思いつくようなものだし。
そもそも(日本の)特許に申請可能かどうかも微妙。
(日本では特許は「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度なものをいう。」だから)
ちなみに特に今のプロジェクトとか仕事で思いついたんではなくて、実家で親父のPCいじってるときに思いついたような内容です。

まあそんなんなんで、あくまで申請してみる!のプロセス等の勉強が主目的です。
今後に備えて一度そのあたり一緒に勉強してみたい人がいたら連絡ください。
  1. 2008/01/03(木) 20:47:28|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「神は沈黙せず」

山本弘「神は沈黙せず」

こ、、これは。。早くも今年No1候補か。
ジャンルで分ければSF。

どういう話か、と言われるとうまく説明できないくらいいろんな要素があるので、著者のページから引用させて頂くと、

これは神をテーマにした小説である
これは超常現象を扱った小説である
これはハードSFである
これは一人のヒロインの半生を描いた物語である
これは未来予測小説ではない
これは堅苦しいだけの小説ではない


となってます。
主人公の和久優歌が小さい時に自然災害で同じ家に住んでいた両親を亡くすあたりから始まります。この事故で不条理というものを知り、神に対して心の奥底で疑問を抱くようになります。
SFとして「もし本当に神が存在するとしたら」ということで、自分達が住んでいるこの世界のひとつ上の世界がある設定。
この設定がほのめかされるのは結構序盤ですが、この時点でわたしは「あぁ、このタイプか」と若干萎えた。結構よくある話かぁ、と。(リングシリーズの最後もそんな話だったよね)
そうなると最後はなんとなく歯切れの悪い終わり方をするのだと思ったんですね。

中盤から話が転び始め(転ぶというのは個人的な表現で、話が面白くなり没頭せざるを得なくなる状態です。)、上記の予想は全くいい方に裏切られ、終盤にさしかかる前にはもう広がりまくっていた話をどう収束するのかと思っていたらこれまた予想もできなかった終わりだった。かなり感動的な。
(この終わりに関しては著者のページの「まぼろしのあとがき」に興味深いことが書かれている)

神、宇宙、超常現象、テクノロジー、宗教、どれもがおざなりでなく描かれている。
そして面白い。
すげーなー。
  1. 2008/01/03(木) 00:50:21|
  2. 読んだ本系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいしいたします。

といちいちBlogに書くのもなぁとも思ってましたが書いてみる。
書いてみたのは少しだけ理由がある。
年末、インドの連中に、「ヘーイ、キミって年末年始の休みっていつからいつまでなのよ?」(てなフランクな英語が書けるわけもなく、Would you tellなんとかLet me knowなんとかで書いた気はするが)って聞いてみたのですよ。
なら、

ねえよ、そんなもん

という衝撃の事実。
(もう帰宅間際でチャットでの相手の返事をちゃんと読んでなかったのだけど、いつもは1日のみは休みだけどね、今年は休みないよ、みたいに書いていたと思われる)
正月は日本の奥ゆかしき休暇でしたか。ではちゃんとご挨拶もせねばね、という感じ。
ついでに書くと、日本では祝日と言えば日本全国で一緒でいわゆるNational holidaysですが、インドは州とかで違うそうです。わたしは知らんかったので結構衝撃でした。

年末は帰省し、だらだらと食っちゃ寝るという(だけの)生活をしてました。

どうでもいいのですが、かつこんなところに書くのもはばかられますが、うちの親もまあいい歳なんですよ。でもこれが

よく食う

んですわ。ご存知とは思いますがわたしはかなり食うほうです。(だからデ以下略)
が、母親は同じくらい食うんですわ。
改めて考えるとすげえなと思った。といって太ってるわけでなし。
(両親とも60超えてますが)動けてメシ食えるというのはいいことだなと思いました。

それに比べ自分は。。代謝悪いんだろうか。。

ということで今年の目標は大量摂取大量消費。アメリカ万歳。
  1. 2008/01/03(木) 00:25:25|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。