誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かいしゃでかんしゃ

昨日の演奏会、多分来ないだろなーと思っていた同じチームの若者達、
みっちーもスカーレットもふじまりも聴きに来てくれていた。
重ねて感謝。
あ、ふじまりは今日でプロジェクト離任みたい。お疲れ様でした。
(いいなぁ・・ボソ)

-----

頂いた感想とかしつもんとか


>あのベルにつけたりはずしてたりしてたやつ何ですか?
ミュートといいます。日本語だと弱音器とかいいます。
音が小さくなりますが、どちらかというと音色を変えて独特の演奏効果を出すためにつかいます。

>人数多いやつがかっこよかったっす
人数少ないのしょぼくてすいません

>吹奏楽(=ブラスアンサンブル)ってチェンバロみたいな響きがしますね
えーと、非常に興味深い感想なのですが、なかなか捉え所のない感想です。

トロンボーンっていいですね♪
(〃▽〃)♪
まあ、そのころは緊張により変な汗でてて、緊張から腰が痛くなってましたがね。。

お客さんの数の微妙さが大学のころのギター部を思い出しました
あーと、ちょっとしょっぱい過去とか思い出せて良かったですね。

>まるいやつ(=ホルン)
きったなかったっすねー
おおぉ、強烈な指摘、とびびりましたが、彼が汚いと言っているのは音ではなくて、楽器自体のことです。
ラッカーを塗ってない金管楽器は古い楽器でなくてもすぐにああいう色になります。

>あのでっかいやつ(=テューバ)なかなかかっこいっすねー
体まででかくなくてもいいのに
だいたい吹奏楽部とかだと体が大きい人があてがわれます。

------

演奏会となると、つい同業オタク連中の反応とかを気にしがちであるのだが、こういう感想を頂くと、選曲とかちょっとした演出(ミュートですら印象に残るのだから)とかっていうのも大事なことなのだなぁ、と思った。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/31(月) 19:53:11|
  2. 日記系2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hと年齢と

蛇足。

なんか卑猥なタイトルにも見えるのだが違う。

何年ぶりかでHに会った。
Hを始め久しぶりにあった複数人に、

老けた

と言われた。

Σ(゚Д゚;エーッ!

Hの「デスクワークがいかん」「職場おっさんばっかりでしょ」「楽器やってなかったらもっと老けてるよ」等の問題分析を拝聴する。

うーむ。
まあ年相応くらいにはいきたいものだ。
  1. 2005/10/31(月) 02:31:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんばんは本番

演奏会終了。
まずは聴きに来て下さった方々感謝。
T嬢もG(夫妻)もタカミ(仮称)もCもTさんもM女医も。
もちろん他の方々も。

個人的には痛恨のペダル音すかるとか、やっぱ最後までスタミナもたないとか、暗譜できてねーじゃんとか、暴走して半拍先に終わるとかミスを数えれば数え切れないのだけど、今回くらいの本番への持って行き方をして、そうであればそれがまあ今の実力ってことか。

打上げではあまりしゃべんなかったので書きなぐっておく。

----

A積はさすがの貫禄でアーノルド、メインの最初はあぁ、すげえなと感心しきり。
A馬さんは最初は調子悪く、そのままかと思ったけど復活祭の冒頭は練習時に比べても良かった。
K本は定番アンコールの吹き方がすっかり大人になったなぁ、と(個人的には良い意味で)思った。
T井はアーノルドのすんげ頻繁な椅子調整には隣で驚いたが、(本人は不本意だったようだが)ペーツェルは袖で聴いていて良かった。ああいう曲はよく似合うと思う。
I林さんはさすがの安定感で、いる曲は安心というか一家に一台というか。ステマネやりつつ、ああ冷静というのはさすが○長である。
O久保さんはやっぱフリューゲルだねぇ。カリヨンの伸ばしの音はいつもいいなぁと思っていた。
Mは(いつもああだったのかも知れないが)凄まじく攻め系の演奏で、かつ吹ききっていたのがすばらしい。フレンチのソロはすばらしかった。
Nは練習前半は中音域があれだったが、本番はかなり良く安心して聴いていられた。
K岡さんは皆行っていたが、第3変奏すばらしいいい。あの音域でああ歌えるというのは同じ楽器からすると嫉妬に近い。
Y山はなんだかんだ安定して吹けていて心強い。Liberament(綴り違うかも)も立派だった。
F井は今回は大ポカもなく、貫禄の低音。

Tの司会は相変わらずお見事。

----------

なんとなくイマイチ全体に落ち着かない演奏が多かった気がしたのだが、落ち着かなかったのは私だったらしい。

客観的に言えば、あらゆる面で課題というか問題はたくさんあるのだけど、今回は終わった後の雰囲気が良かったのが何より。

----------

今回が第9回だったのでこの団体も9年が経ったことになる。
他団体と比べてもまあそんな褒められた演奏でもないし、そのこと自体に意義があるわけでは全くないのだけれど、皆仕事や研究が忙しい中で演奏活動を続けているということ自体ももう少し価値あることだと思っていいんじゃないのかな。

(ビール一杯で)ほろ酔いな頭で人生の1/3近くを共に過ごしたメンバーを眺めながらそう思った。


あ、一つだけ希望書いとくと、だいたいうちは、

20051030_01.gif


なので

20051030_02.gif


くらいでいけると、いろいろと良くなるんじゃないかなぁと思われる。

--------

宴会でK岡さんやら、K岡さん経由で聴きに来てくれた方の(私個人への)感想を頂く。
主に音色関係。
ふーーーーーむ。
確かに最近の練習録音等聴いても分かる気がする。
また楽器変えるか?
金で解決とか言われそうだが、まあはっきりいってそういうのが金で解決できるならそれでいいじゃん、ていうお年頃。

----

さてさて、頭を仕事モードに切り替えねば。
皆様お疲れ様でした。
  1. 2005/10/31(月) 02:22:01|
  2. 音楽系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

困った薬指とリハビリと

演奏会の前日ということで、午後からは最後の練習。

暗譜に不安を覚えつつも、調子は悪くない気がする。
今回は(間違えるという意味で)気の抜けない曲が多く眠れぬ夜をすごしている(ウソ)。

変なのだが、トロンボーンは譜面がないと不安で、ピアノは譜面を見るとというか鍵盤見てないと不安で楽譜が見られない。なんというかどっちも問題ありか。

----

午前はピアノのレッスン。隔週ペースに落ち着いてきた。
ハノンは10番。3、4(中指・薬指)のトリルの準備練習、とあるように3、4がうにょうにょする。
レッスンでも案の定指摘されたのだが、左手の3、4の指には

全くイライラする

指が動くというより手がへにゃへにゃ動いて全くよろしくない。
もちろん(右利きだから)左手のほうが不器用に決まっているのだが、その中でも左手の薬指はヘタレである。

(以下弾けないこととは全く関係がないのだが)

わたくしの左手の薬指の付け根には骨盤の骨が埋め込まれている。
(骨盤の骨って変か。骨盤のカケラ、か)
高校生の時に骨に腫瘍ができたかなんだかで薬指の付け根の骨を削って、その分の穴埋めに骨盤の骨を入れている。くっつくらしい。
あ、一応良性腫瘍だったはず。

今のところ唯一の入院経験にして、唯一の全身麻酔手術経験。
尿道カテーテル(腹も切っているから動けないから)やらなんやら思春期の若者には全く嫌な経験であった。
まったくもう。

実際に入院していたのは2週間にも満たなかったと記憶しているが、そんなところを手術したのだから、手術直後は全く薬指は曲がらない状態だった。
その後数ヶ月病院に通って、ちっちゃいジャグジー?みたいなのに手を突っ込んでリハビリした。

そんな頃のことを動かない左手薬指に残る縫い目を眺めながら思い出した。

-----

って書くとなんか暗い過去のようだが、実際にはどこか「わーい入院経験」みたいな心境もあったらしく、それなりに面白がっていた記憶のほうが強い。
ただ、手術直後の夜は左手はギプス、右手は点滴で吊られて動かせず、縫った腹も痛くて、加えて姿勢が全くかえられず腰が異様に痛くなり全く眠れなくなったのだけはきつかったのをよく覚えている。
付き添っていた母親に「朝まだー?まだーーー」(朝になれば医師がどうにかしてくれると思っていた)と夜通し10分おきくらいに訊いてえらく迷惑かけたなぁ。

入院中は間抜けな話もいろいろあるのだが取り止めなくなるのでおしまい。

やっぱり健康が一番、ということで。

テーマ:音楽・映画・アニメ - ジャンル:日記

  1. 2005/10/30(日) 01:56:40|
  2. ピアノを弾こう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

演奏会をめぐる雑多な今週

ということでしつこいのですが、演奏会のお知らせです。

テル第9回演奏会


アンサンブル・テルプシコーレ第9回演奏会
2005/10/30(日)
18:45開場 19:00開演
川口リリア(JR川口駅徒歩2分)
入場無料

ケツィアー/Philip-Jones-Story
アーノルド/Quintet
ガブリエリ/Canzon duodecimi toni
その他

--------
水曜、夜中にカラオケ屋にさらいに(=練習しに)行った。
また一人で来て、トロンボーンのでっかいケース持った怪しい奴だと思われているのだろう。

「ひとりです。えーと、一時間半で」

「広い部屋がいいですか?」

!!!!!!!!

む?楽器の練習というのを悟られているのだろうか。(悟られているだろうさ)

「あればぜひ」

「おタバコはお吸いになられますか?」

「あい」

というと、灰皿を「2個」くれた(※1)。

!!!!!!
関係者か?

おかげで快適な環境で練習できました。

(※1)
管楽器は吹いていると水(※2)が管に溜まります。
なのでよく見てると時々水を抜いているのが分かります。床に撒き散らすわけにもいかないので、灰皿等は重宝します。
(※2)
ツバという噂もあるんですが、息が冷えて水滴化したものが主成分みたいです。っていうかあんなツバでません。

-------------

職場では

「こないと仕事増やすよ」
とか
「こないと仕事さぼって彼女と○○ズ○ー○○ド行ったの皆にバラス」
とかパワハラと恐喝まがいの勧誘により着実に来客数を増やす。

協力会社の方などは家族で来てくれるみたい。
ありがたい。
退屈しないで聴けるといいのだけど。

-----------

その家族で来てくれると言ってくれている方なのだが、一昨日から風邪をひいている。
で、その方の席は、

目の前

昨日などかなり調子が悪そうで、大変そう・・と心配するも、それより前に、

うつさないでー

と(心中で)叫ぶ。

----------

【あまりない質問と答え】
Q:子供連れでも大丈夫ですか
A:もうなんでもいいので連れてきてください。
  あまりの音に恐れて泣き叫ばれるようでしたら、外で休憩してください。

Q:芸人なんでしょ?パンツ一丁で演奏したりするんですよね?
A:しません。残念ながら。
  1. 2005/10/28(金) 14:39:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

区切り

このエントリからがFC2でのエントリ。

なよなよとゴー
  1. 2005/10/28(金) 11:36:43|
  2. メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日のアリエナイ

晴天の霹靂というのはこういうことを言うのだろう。

Σ(゚Д゚;エーッ!

ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

どうやらあと半年死ななければならないらしい。

(゚Д゚ )ムハァ
  1. 2005/10/26(水) 19:18:02|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

にゃー

Nに「きょうの猫村さん」を借りた。
平積みしてあるのを見たことがあるような気がするので人気なのかもしれない。

家政婦をしてくれる猫、"猫村ねこ"のお話。
とりあえずここで少し読める。

有料サイトで一日一コマ連載しているのを本にしたみたい。
2巻が出るのはずっと先かー!

わたしゃ「かわいい」という印象はあまりないのだが、なんともほのぼのした気分になれてよい。
買おっかなー。
わたしのお気に入りカットは、他の家政婦達がでかけるときに猫村ねこが縁起かつぎの石?を打つやつ。
それはいいのだが、あの石、もしくは石を打つのって何ていうんだっけというのが気になって仕方ない。

どうでもよいが、一部で

猫村さん白石さん

を混同している人がいるので正しく認識すること。

♪る~ん
るるる
るん
るるん
♪ハァ~ シャボンガ~
しみる~

ねっけつねっけつ~♪
  1. 2005/10/26(水) 12:17:06|
  2. 日記系2
  3. | コメント:2

しゅうまつ

週末、財布を見ると残り2500円。
こりゃいかん、と土曜の夜にBTMのATMに行くと、無常にも合併のためオンラインサービス停止
またかよ、おい。
いくら万全を期すためとは言え、止めすぎだろ。
えーと、次は11/5、6、7、と。

仕方ない、ほんの少しだけ金が入っているりそなの口座から降ろすか、

「この時間はお取り扱いできません」

りそな・・・お前もかーーー

というのが間抜け1。

今日の昼に上記のようなことを書いた。
そして保存し忘れた。
今ほとんど同じことを書いている。
書くことが書くことだけに、2度も書くのはとても、むなしい。

というのが間抜け2.
  1. 2005/10/25(火) 00:38:00|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

ひねもす

パソコンのセットアップをしていたような日。

少し前に書いたが、買っていきなり調子の悪かった某社製のT43
某社ってすっげ今は(移行期間中で?)紛らわしいけど、IBMじゃなくてLenovoね。

ディスクが不調で何やるにも至極トロイ。

昨日サポートセンターから帰ってきた。
ちなみに他社は知らんが某社のサポートセンターはインターネットで予約できて(専門の宅配業者が)指定した場所まで取りに来てくれて、修理後も持ってきてくれるので楽チンだった。

---

ふつうの人(って?)からするとおかしい感覚かもしれないが、PCのセットアップはまじめにやっても一日かかる。山ほどのソフトの導入、データの移行等。
70GBあるディスクをすでに40G以上使用している。うーむ。
まあiPodのデータが10G取っているのだが。

修理から帰ってきたPCはすこぶる調子がよい。すばらしい。
この機種から付いてる指紋認証で遊んでみたり。

さて、しっかり働いてもらいましょう。
  1. 2005/10/22(土) 02:44:54|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

うーん

最近ゴミコメントが増えている。
残っているやつ以外にもぽつぽつ来ていて、そのつど削除して、禁止IPに加えているのだが面倒。

どうしよっかなー。

・ファイアウォール設定して変な所っていうか国か、からのアクセス禁止させる

・商用というか、どっかの無料ブログにでも移る

かどっちかかなぁ。
なよっているから後者かなぁ。

今は部屋にあるサーバー(といいながら単なるパソコンだけど)でこのBlogは動かしている。
今見てみると、もう510日間*24時間+18時間動きっぱなし。
よく壊れないものだ。
その間一度の停電も無かったということだ。(UPSなんてない)
えらいぞ東電。


ということで無料Blogをいろいろ探してみる。
最近はFC2Seesaa辺りがいいのかな。

  1. 2005/10/22(土) 02:30:22|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

わりとどうでもよいのだけれども

一部で有名であった生協の白石さんがいつの間にか書籍になっていた。
(最近こういう(ブログ発とか2ch発とか)のばっかだけど)

白石さんは東京農工大学生協職員なのだが、よくスーパーとかにあるリクエストシート?みたいな回答がとてもほのぼのしていてネット界で有名になってしまった。
「生協」「白石さん」で検索すれば山盛りでてくる。
っていうかテレビにも出てたのか。。

  1. 2005/10/20(木) 01:54:01|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

ものすごくどうでもいいのだけど

いわゆる「モー娘」の正式名称が、

モーニング娘

ではなく、

モーニング娘。

であることをさっき初めて知った。
(あれ?常識?)
  1. 2005/10/20(木) 01:33:56|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

「坂の上の雲」

司馬 遼太郎「坂の上の雲」文春文庫(1)-(8)

週に一冊くらいのペースで読もうと思っていたのだが、先週後半体調悪くてベッドで読んだりしたのもあり一週間もかからず読んだ。
っていうか読み始めたら止まらなくなり、連日本屋に行き、2、3冊ずつ続きを購入していった。

日露戦争で活躍した好古、真之の秋山兄弟を中心(でもないか)にその戦争を描いた大作。



先に謝っておくが(何に?)、わし、歴史音痴。
そんなの知らないって人としてどうよ、というのは甘んじて受けよう。

つまりですね、日露戦争なんて、太平洋戦争の前哨戦くらいで(すでにここからおかしい)、トーゴーが活躍した、というくらいで、日露戦争はえーと、一応勝ったんだっけ、でもそのまま太平洋戦争で負けだよね、というくらいなのよ、わたし。

マジでスマン

正しい数字は良くわからないのだけど、8万から9万名がこの戦争で亡くなっている(みたい)。
(平和ボケからするとこの数字だけで驚いたのだが、太平洋戦争に至っては200万人を超えていたのか・・・)

まあとにかく読み物として面白い。(面白いっつー表現もどうかとおもうが適当なのも思い浮かばないので)
もちろん小説なので全ての人間がそうではないというか、そういう面は強調されているのだろうが、当時(明治初期)の日本人は、こんなに立派であったか~と思ってみたり。
旅順要塞攻略は読んでいて辛い。
東郷艦隊とバルチック艦隊の海戦場面、陸上での奉天攻略の場面なんかでは、まあ、どうしても燃えてみたり。(そういうのがいいかわるいかはとりあえず置く)
「春や昔」に始まり、最後はバルチック艦隊との戦闘の終えた後、「雨の坂」で終わる。
「雨の坂」は短い章で、淡々と日露戦争の後日談、好古、真之の余生が淡々と書いてあるのだけど、なんとも言えない寂寥感のようなものを覚える。

----

まあしかしよくこれだけ調べて書いたなぁ。
そう思ったのは「大地の子」以来。

  1. 2005/10/20(木) 00:54:43|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

週末

木曜・金曜と風邪で調子悪く、両日とも早退し、木曜など14時間くらい寝てしまいました。
久しぶりに風邪薬など買ってみたのだけど、薬って高いなー。
あとはやっぱマスクよね。

で、週末は元気に活動をするゲンキンなやつです。

---

今日もカラオケ。
14時くらいに行ったら「一時間待ちです」とのこと。(゚Д゚ )ムハァ
それでも一人の(楽器持った)客でも入れてくれるので感謝すべきかな。
部屋も前より狭かった(前回が一人で使うには広すぎた)が、十分。

今日は先週のようにパフェに心奪われないようにと、

予めチョコレート食べていった

すばらしい。メニューには手も触れなかったぜ。
その代わり、休憩と称して

漫画読んでた

のは秘密だ。
  1. 2005/10/15(土) 23:13:38|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

うー

風邪引いた。

まだ鼻かぜ?状態なので会社には来ている。
咳。
鼻ずるずる。

--

先日パソコンをかった。(仕事用)
一応普通なのだが、なんかおかしい。一つ前の機種より遅い。
調べるとどうもHDDがおかしそう。
調査ソフトで調べてみても障害無し、となるのだが、同じ機種の他の人にためしてもらうと2時間以内に終わるテストが8時間以上かかる!
ぐはー

とりあえず修理に出すことにした。
ちなみに調べてみると私のだけHDDはF社製で、他の人たちはH社製であった。
むー。

  1. 2005/10/13(木) 11:06:01|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

今日は

いい天気。
所用を済ませ、昼前に部屋を出た。
いい天気で電車の窓から見える秋らしい空に浮かぶ雲がとてもきれい。

何の役にも立たないのだけど、私はまんじりと普通の一日を送りながら、今日戦っている人のことを祈る。
成功しますように。
  1. 2005/10/12(水) 12:48:47|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

アマデウス再び

あぁ・・ついにDVD買ってしまった。アマデウス。
月曜はこれなど見たり、少し仕事したりして過ごした。

10年くらい前の映画だと思っていたのだが・・・20年以上前じゃん!!
(゚Д゚ )ムハァ
(1984年)

いや、何度見てもいい。
見るたびに少しずつ感想が違う感じ。

映像今見ても綺麗だし、選曲もいいし。

好きなシーン1。
モーツァルトが最初に登場するシーン。
コンスタンツェとチューしてちちくりあってるときにいきなり流れてくるグランパルティータ。
狙ったとしか思えない(というか狙ってるのだろうが)そのギャップ、効果絶大。

その2。
コンスタンツェが勝手にモーツァルトの楽譜をサリエリに見せるシーン。
名曲連発。(曲名がわからない曲複数有り)

その3。
やはり最後。
レクイエムのLacrimosaからピアノ協奏曲20番2楽章へのコンボは最強。

はー。
凡庸なる者に幸あれ。
凡庸なるわしにも幸あれ。
  1. 2005/10/12(水) 00:22:39|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

むー

週の始めというのに、よろしくない。

○がイマイチ、かつ初歩的な失敗をしてしまったというのもあるが、なんといっても

ドトールのコーヒーが薄い!

《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!
先日別な店舗でもなんか薄かったので、「薄いっす」と文句垂れて変えてもらったのだけど、入れ替えてもらったそれもなんか薄い。
今日買ったやつは持ち帰りだったので変えてもらいにいく気も起こらず、チビチビ飲んでいる。

こんなに薄かったっけなー。
うちで入れるコーヒーが濃すぎなのか?モルディブのコーヒーが旨すぎなのか?

よし、今年は自家焙煎に挑戦しよう。
意外と簡単にできるらしいので。
  1. 2005/10/11(火) 12:49:35|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

「破戒」

島崎藤村「破戒」
  1. 2005/10/08(土) 21:00:04|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

SingSingSing

えーと、今日は一日の1/4、だから6時間か、をカラオケ屋で過ごした。(今からさらに行かなければ)

前半戦。0:00-3:00
うちのチームの人の入れ替えが結構あったので懇親会の2次会。
ちなみに、

男だけ

いやーあんまりカラオケ好きじゃないんだよね・・。いろいろ理由はあるけど、なんてったって、かろうじて歌える最新曲、

サウダージ

(ポルノグラフィティ)だし。5年以上前の曲かよ、おい。
若い人が多かったからか、ほとんど知らない曲、Dragon Ash大人気。
何?こういうの?ヒップホップっつーの?現代音楽?付いていけぬ・・。
でも、まあ楽しかったっす。
3時でおいとましたが、他の人たちは朝までやっていたみたい。 元気だ。


後半戦。14:30-17:30
Dragon Ashが歌えなくてくやしかったので、午前中CDを買って勉強して、一人でカラオケ屋に練習しに行った。

というのはもちろんウソだ。

さすがにやばくなってきたので、カラオケ屋にトロンボーン持って行って練習した。
前から行ってみようかとは思っていたが、なんか怪しいし、住んでる近くのどこにカラオケ屋があるか知らなかったので初。(実際には学生時代一度だけトロンボーン4重奏の練習をカラオケ屋でやったことがある)
「楽器の練習はダメです」
とか
「その怪しい箱はなんですか?あぁ、楽器ですか。いや、ラッパとかはダメです」
など言われるかと思ったが大丈夫だった。

土曜とは言え、昼なのでガラガラとはいかないでもすいていると思っていたのだけど、満室で待たされた。恐るべき娯楽である。
15分くらい待って部屋に入る。混んでる時ならば8,9人は入れられそうな部屋だったので一人で使うにはなんか申し訳ないって感じ。
はっきりいって、2時間も(一人で)さらえばヘトヘトになると思って2時間のつもりで練習開始。
最初は恐る恐る吹いていたが、途中からは平気でfでプープーやってた。

疲れるとコーヒー飲み、タバコ吸いながら休憩。
快適だ。

メニューのパフェがずっと気になる

でもこれ以上怪しまれてもいけないので、おとなしく練習再開。
口はどんどんばてていくのだが(弱い)、調子はどんどん良くなるというアマチュア社会人のお約束。

さらいきれない(暗譜しなければならない一曲が暗譜できないので)30分だけ延長しようとフロントへ。
「30分だけ延長したいんですけど、できますか?」
「今のお時間でしたら、1時間延長でも同じ料金ですが」
もうさらえる元気も無かったが、親切にすすめてくれたので1時間延長(で3時間)。

口痛い。
お腹すいた。

メニューのピラフも気になり始める

結局少し時間早めに切り上げる。
で、驚いたのだが、3時間+ドリンクバー付きで、

690円!

安いー。

漫画喫茶より安いー

(どういう比較だ?)
知ってる人は知っていたのだろうが、そんなに安いとは。クーポン券があればさらに安かった。
最近は職場で大人数で(よって長い)、みんな酒たくさん飲むので、

カラオケで4000円かよっ!!

とか高くて驚くことが多かった。

というわけで使えるぜ、ビッグエコー。
しかも料金はまあ高くなるが、平日は朝5時までやってるじゃないか。
金曜とかを外せば、いつでも練習できるじゃないか。
まあそこまでの甲斐性があるかは置いておいて、いい練習場を見つけた。
  1. 2005/10/08(土) 20:50:16|
  2. 日記系2
  3. | コメント:0

コネタ

前記事でハウルと書いた。
ハウルとまで書いたところで、はたと正しい名前が思い出せなかったのでハウルと書いた。

ハウルの・・

城?

もう少し長かった気が。

高い城?

それはスメタナの我が祖国

ハウルの愉快な城?

なわけはない。

  1. 2005/10/06(木) 23:36:55|
  2. 日記系2
  3. | コメント:1

改めて宣伝

terp_9th_poster.jpg
いまからスタミナが心配される選曲でゴー。

<よくある質問はこちら>
Q:terpsichoreって何ですか?
A:アンサンブル・テルプシコーレは10重奏をメインとする金管アンサンブルです。いろいろな場所で練習しますが、練習場には「テルプシコーレー」とか「テルプンコーレ」とかいろいろな名前で書かれます。
一時期は「ペプシコーラ」に改名するという話もあったようです。
一般にはテルプシコーレ(テレプシコーレでもテレプシコラとかなんでもいいです)は舞踏と音楽を司るギリシャ神話の女神のようです。

Q:なんで日曜の夜なんですか?次の日仕事だし、行くの面倒なんですけど。
A:直前に土曜、日曜の昼と一夜漬け練習できるからです。
  メンバーに教員が多いから土曜は無理という説もあります。

Q:ケツィアーとかアーノルドとかガブリエリとか聞いたことない作曲家しかいなんですけど。
 ベートーヴェンとかないんですか?そうでなければハウルとかでもいいんですけど。
A:ニッチな世界なのでわがまま言わないでください。これでも前世紀でだいぶレパートリー増えたんです。またハウルに関してはないですが、俗に「宮崎系」と言われる曲達は大事なレパートリーです。
G.ガブリエリ(1553–1556? – 1612)はルネサンス期イタリアの作曲家です。いろいろ音楽史的に重要な人のようですが、特に要チェックなのは彼の書いた"ピアノとフォルテのソナタ"において楽譜に初めてダイナミクス(fとかpです)を記述した作曲家ということです。3ヘーくらいでしょうか(古い)。
M.アーノルド(1921-)は近代イギリスの代表的作曲家です。オーケストラ曲も多数。金管が活躍する曲が多いです。金管吹きの間では超メジャーな作曲家です。
これ書いてて、まだ存命だということを初めて知り、一人で5ヘーくらい言ってしまいました。
Tの書いた原稿に書いてあったね・・
後は略します。他にもいろいろな作曲家の曲を演奏いたします。


Q:川口ってどこですか。富士山の近くですか?
A:それは河口湖町です。埼玉の川口です。遠くないです。ホールへのアクセスはここ

Q:一応クラシックなんですよね?着飾って行かないとだめですか?
A:客の中で浮きたいなら着飾っていらしてください。TシャツとGパンで問題ありません。でも10月も終わりなので少し寒いかもしれません。

Q:クラシックなんて聴いたことないんで、寝そうなんですけど。
A:寝られるものなら寝てください。

Q:入場無料ってあるんですが、タダより高いものはないっていいますが・・?
A:差し入れは拒みません。
  せめて足を運んで頂いた分は満足頂けるようがんばります。

  1. 2005/10/06(木) 00:27:31|
  2. 音楽系
  3. | コメント:1

食欲の

神保町には「いもや」という有名な店がある、と聞いていた。

3種のいもやが存在する。
てんぷらいもや(メニューはてんぷら定食、えびてん定食、おしんこのみ)
天丼いもや(同天丼、エビ天丼、おしんこ)
とんかついもや(同とんかつ、おしんこ)

リーズナブルで量が多く、おっさんに大人気で昼時はかなり込んでいる。
制覇すべく、最後に残ったとんかついもやへソロランチ。

11:30過ぎには行ったのに、すでに行列。店はカウンターのみ。
おっさん達が黙々ととんかつを食う。
中略
来た。700円のとんかつ。

肉でかー

それ以上に、

キャベツ多ーーーー

どのくらい多いかというと、私は好きなものは後派なので、とりあえずキャベツから攻めるのだけど、

キャベツだけでアゴだるい

というくらいの量。
食欲大増量中のわたしでもなんとか完食できた、というすごさ。
侮れん、いもや。
でもしばらくいいや・・。

あ、ちなみにここはラードで揚げたとんかつ。
ヘルシーとか何とか言って、植物油で揚げるとんかつ屋も多いが、わたしはとんかつはラードだと思っている。

  1. 2005/10/05(水) 20:57:39|
  2. 日記系2
  3. | コメント:2

しうまつ2

土曜にさかのぼる。

最近は週末にもちゃんと朝起きるようになった。
すばらしい。
ピアノを少し練習し、タワレコを攻める。金管のCD一枚。ピアノ一枚。
最近見かけることが多くなったSegafredo Zanettiでコーヒー飲みながらテルの予習。

午後はテルの練習。
課題は多いが楽しくなってきた。>5重奏。
録音はちょっと凹む。

ということで宣伝。

terp_9th.png

アンサンブル・テルプシコーレ第9回演奏会
金管アンサンブルです。
今回もルネサンス時代の曲から最近の曲まで。
ぜひご来場ください。


  1. 2005/10/03(月) 20:45:14|
  2. 日記系2
  3. | コメント:3

しうまつ

いやーだいぶ暑くなってきましたね。そろそろ夏ですな。

だめだってば、午前中はピアノのレッスンなのに。暑いと。
それでなくても緊張で変な汗出るのに。
ほーら、察して夏の間すらなかった、

扇風機まで用意してくれてるじゃないか

(いや、助かりました。)

新シリーズツェルニー。まだ指定のテンポの半分以下。それでも弾けね。
薬指が非常に弱い。ちゃんとやってみると薬指だけ音(色)が違う。うーむ。
グランドピアノで弾かせてもらうと、如実に分かるのだが、電子ピアノだとあんまり気にならなかった。
つーかあの指定のテンポありえないっしょ。印刷ミスでしょ。二分音符=100じゃなくて四分音符だよ、絶対。
と信じていたが(ウソ)見本で弾いてもらったら、人間でも弾けることが分かった。よく分かった。すまんかった。

----

午後はピアノ教えてもらってるSさんに紹介してもらった木管5重奏+ピアノの演奏会を聴きに。
一番暑い時間帯にさしかかり、すこぶる暑い。
たまらん。アイスでも食うべ、とサーティーワンアイスクリームに入る。
アイス屋に入るのは初めてだ。

やっぱ、素人としてはアイスの玉がコーンの上に二個とか乗ってるやつ食べたくなるじゃない。
で、どうせなら全く違う味楽しみたくなるのが人情ってもんじゃない。
のでウキウキ、気分は「ローマの休日」(だいぶ違)で、

「チョコと抹茶~」

と注文。
「あ、抹茶下ね」と言うのも忘れずに。うん。いい買い物できてる。
で、ホールに向かいながら食べる。(行儀悪)
しかし一分もしないうちに、アイス垂れだす。
やばいって。わしは「チョコ」、「と」、「抹茶」が食いたいのであって、

チョコと抹茶の混ざったヤツ

が食いたいんじゃないってば。

結局のんびり食うどころではなく、あっという間に食べることになってしまった。失敗。
まだ食べたことない人は気を付けよう。欲張ってはいけない。

----

・・・さて、演奏会である。
奏者は皆ウィーンで学ばれた方々。
演奏は流石のもので、終盤疲れからか若干乱れも聴かれたが(偉そう)、久しぶりに良質のアンサンブルを楽しめた感じ。

また、選曲が面白く、作曲家名だけ並べると、
・ファルカシュ
・ピルヒナー
・フランセ
・アガイ
・ペルト
・プーランク
と一番古い作曲家がプーランク(1899年生まれ)というラインアップ。っていうか知ってるのペルトとプーランクだけ。フランセは名前だけ聞いたことがある、という感じ。
曲はどれも面白かった。ファルカシュのは「5つの古いハンガリー舞曲」という曲だったのだけど、金管でやっても面白そうだなーと思った。
フランセは技巧的に面白く、プーランクはやっぱりプーランクの響きがしてやっぱりプーランク好きだなぁと思った。

あと、ペルトは(そんなに曲知っているわけではないが)宗教系というかいわゆる癒し系の曲だと思っていたら、ウェーベルンを思わせる短い中にいろいろ詰まってるああいう感じな曲だった。

すまん。適当に書いてる

まあここでも見てくれ。

リーズナブルにいい演奏が楽しめました。


演奏会後は、今日はともかく涼しくなってきたので部屋でもコーヒーを淹れようと(夏はホットを飲む気がしないので淹れない)、モルディブコーヒーでブレンド購入。
そのコーヒーを飲みながら書いている。
こおろぎの鳴き声が窓の外から聴こえる。
秋ですな。
  1. 2005/10/02(日) 23:11:21|
  2. 日記系
  3. | コメント:4

「怒りの葡萄」

スタインベック/大久保康雄「怒りの葡萄」

  1. 2005/10/02(日) 22:42:07|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。