誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

声に出して読めたい日本語


ショートソイラテ、エスプレッソショット追加

えすぷれっしょそっと、となるあたしとあなたは正しい日本人。

スポンサーサイト
  1. 2005/03/30(水) 15:12:53|
  2. 日記系
  3. | コメント:2

どよう

ピアノのレッスンとテル練。

なんとかバッハのメヌエットに花丸をもらった。
まだいくらでも追求すればやれるのだが、そうしていたらはっきりいって一生終わらない。
バッハのメヌエットであっても。
フレーズの作り方、和音のバランス、音の表現、とか。
あぁ、もっと基本的なこともたくさんあるけど。

そう、花丸なのである。
今習っているSさんは30名程レッスンされており、そのうち20名は子供。
(ということは10名は大人ということだ)
だからだと思うが、「この曲おしまい」となると、思いっきり花丸を書いてくれるのだ。

20050326_01.jpg

えー・・、正直言って最初はかなり恥ずかしかったのだが、最近は少し嬉しくなりつつある自分を否定できない。
(元のテンポを書き換えてひよったテンポにしてあるのは見逃して欲しい)


夜はテル練。
はっきりいって、最近はトロンボーンよりピアノに触っている時間のほうが長い。かなり。
練習せい、というつっこみもあるが、部屋で練習できるわけもなく、サイレントブラスは合わないのか、一度酷く調子を崩したことがあるのでやらない。

なので、トロンボーン吹いても、
「単音しかでねーし、音程ばっか気にしなきゃいけんし、つまんねーな」
とか思い出すのでは、という危惧が実は微妙にあった。

幸い(?)そんなことは全くなく、それはそれで楽しい。
一人でできる楽しみ、他の者とやる楽しみは別だ。

特に久しぶりのガブリエリは、(ルネサンス当時とは当然楽器も違うので)目指すところは多少違うのかもしれないが、純粋にポリフォニーの美を追求したその響きには吹いていて軽く眩暈を覚える。
吹きながら(おそらく)一人だけ、想いはサン・マルコ大聖堂に、まではいかずに本番のリリアに行っており、妙な発言をしたような記憶がある。
(しつこいが)本来のものとは違うかもしれないが、金管にしかできない音楽の一つだと思う。

  1. 2005/03/27(日) 16:15:34|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「こころ」

夏目漱石「こころ」

夏目漱石といえば「こころ」。
国語の教科書に載っていて、印象深かったのは?といえば「こころ」。

なはずかもしれないが、習ったのなんて全く覚えてない。

ひたすら重い。
こんなの教科書に載せていいのか。
載っているのが中学の教科書だか高校の教科書だか知らないが(覚えてないが)、こんなのに感想書けと言われてそんな子供に何が書けようか。


かなり、というかほんとにどうでもいいが、昨日の練習で某団体は通称「K」だ「アンサンブルK」だ、と言っていて、本に出てくる最後は自殺してしまう「K」と被って変な感じがした。

  1. 2005/03/27(日) 15:47:16|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」

井上ひさし「井上ひさしと141人の仲間たちの作文教室」

これを読めば作文する時に役に立つ、のかもしれないが、どちらかというと本を読むときにより面白く読めるという意味で役に立つ、という気がする。
面白い本でした。
  1. 2005/03/27(日) 15:43:31|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

現実逃避、か?

なんだか勉強意欲もりもりな気分なのである。

この前のAjaxとかもいいし、EAとかも勉強したい、SOAも(個人的にはダメ70%だと思っている)抑えておきたい。Knuthの"The Art of Computer Programming"にも手をだしてみようかな。

こういう意欲は周期的にやってくる。
ほんとに勉強するかは別として。
周期的というか、

忙しくなるとやってくる

あぁ・・・単なる現実逃避か。
最近は薄々気づいているのだけど。。

薄々気づきながら、お勉強本をamazon.comで購入。

Mar 24, 2005 05:00:00 AM Cincinnati OH USA TRANSFERRED_THROUGH
Mar 24, 2005 12:47:00 AM Cincinnati OH USA TRANSFERRED_THROUGH
Mar 23, 2005 04:40:00 PM Lexington KY USA DEPARTING_ORIGIN
Mar 23, 2005 02:39:00 PM Lexington KY USA SHIPMENT_PICKED_UP
Mar 23, 2005 09:03:35 AM Lexington KY USA SHIPPED

海の向こうから着々と近づいている。
いやぁ、最近の物流システムはすごいです。
  1. 2005/03/25(金) 01:19:26|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

すたば

いわゆるお役所、へ行った。(仕事)
S本はここで働いていたのか、と思うと妙な感じがした。
20名程度を前にプレゼン。
人前でしゃべるのは久しぶりだったのと、「怖い」という噂が先行していたので緊張した。

着いて早々、用意されているはずのプロジェクターがない。
こちらの別な担当者間の連絡不足。
あいたたた。
2回に分けてPCの画面を直接見てもらいながらやるとか、紙だけで説明するとか相談している内に、借りられた。
印象悪。

正直言ってあまりプレゼンは上手いとは言えないが、内容とか、その他いろいろな理由により、一時間程度のプレゼンはつつがなく終了。
ほっとした。

やはり、そういう所の方は独特な空気を持っている。
そういう所だからというよりは、会社とかそれぞれの雰囲気ってある。
どういうのかってのは秘密だ。
どこでもいい所、悪いところというのはある。
ただ、皆頭よさそうだったのは印象的だった。

なので今日はごほうびに少し高いスタバのコーヒーを買った。
  1. 2005/03/23(水) 17:50:01|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

腱鞘炎

昨日、気が付くと手が右手の親指の付け根が痛い。
打ったりしたかなぁ、と特に気にもとめなかったのだが、何かを握ろうと力を入れると痛かったりする。

は?これが腱鞘炎というやつか?
WEBとかで調べてみると、どうも症状が一致する。

腱鞘炎って良く聞くし、手とか酷使するとなる、というのだけは知っていたが、実はどういうものなのか知らなかった。
そもそも腱鞘って知らないし。
腱の動きを助ける腱のまわりを包んでいるトンネル状のものらしい。
それが炎症おこして腱鞘炎、ということらしい。

とても「ばりばり(ピアノ)練習してるぜ」とか言えるほど練習してないのになぁ。
もしかしてPCの(キーボード打ちすぎの)せいか?
こっちも「ばりばりコード書いてるぜ」と言えるほど仕事してないが。
弾き方が悪いのか。

昨日に比べると痛みはひいているし、平日はたいして弾けないし、まあ治るとは思うが、ちょうどいいので、今週はミギーは休ませ左手強化週間にすることにする。

  1. 2005/03/22(火) 15:59:36|
  2. ピアノを弾こう
  3. | コメント:0

「三四郎」

夏目漱石「三四郎」
  1. 2005/03/21(月) 22:23:37|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

くみあわせ

ちょっと興奮している。

少し前にプロジェクトの人と飯食いながら、
Google suggestってあれなんだよ。不思議なんだよなー」と話していた。
上記を使ってみれば分かるのだけど、自動的に(勝手に)「検索語」の候補を出してくれる。

これが不思議、というかWebのからくりを知っている者にとっては不気味だったのだ。
これを不気味と思わないSEはからくりが分かっているか(もしくは想像できるか)、無知かのどちらかだ。
ちなみにGoogle mapsはもっとすごい。
最初はFlashアプリかと思ったが、そういうわけではない、地図を動かしたり、拡大するとHTTPリクエストが飛んでいるのが(ステータスバーで)わかる。

謎だったのだが(というより忘れていたのだが)、/.JPを見てたらそのことが書いてあった。
Ajaxというものらしい。
で、また何かの新技術かと思ったら、そうではなく、既存のXMLやらDOMやらJavaScriptによる組み合わせ技らしい。
そういうのを組み合わせて(ユーザー視点で)非同期処理をやってしまうものをAjaxと総称しているようだ。

あまり「綺麗な」技術とは呼べないのかもしれないが、いろいろできそうだし、やり方も洗練されていくのかもしれない。
いやぁ、なんか目から鱗だった。
  1. 2005/03/21(月) 22:19:26|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

しゅうまつ

週末といいながら、昨日、今日と(そう長い時間ではないが)出社。
はうー。
しかもほぼ元いたチームの後輩の手伝い。
週明けまでになやらねればいけない自分の仕事はどうなるのだろう、か。

そういいながらも昨日はピアノレッスン。
バッハのメヌエットは四分音符=100で2回に1回はつまらないで弾けるようになった。
感涙ものである。
これが両手で弾いている感覚というものか!(←大げさすぎ)

が、しかしレッスンでは予想通り緊張のあまりひっかかりまくり。
うー、こんなはずではなかったのに・・・
まあ世間ではこういうのも含めて、

実力

という。
精進。
モーツァルトはやはり初心者には難しい。
アルペジオ部が難しくテンポも一向に早くできない。
焦っても仕方ないので少しずつなのだ。

とは言え、何の曲だかわからないくらいのとろとろしたテンポで弾いているとストレスも溜まる。
そこでその溜飲を下げる画期的な方法を考案した。

録音してテンポ上げて聴く!

うちの電子ピアノは録音したやつの再生時にもテンポが変えられる。
これをX倍(恥ずかしいのでXは秘密だ)くらいのテンポで聴く。

すてきーー!

(バカ)
ま、上記は大げさにしても、楽しいのもあるし、本人が思っているほどは、というか全然表情ついてなかったり、リズムゆるゆるだったり、録音して客観的に聴くのは(ピアノでも)大事です。

  1. 2005/03/20(日) 23:13:41|
  2. ピアノを弾こう
  3. | コメント:0

今日もいい天気(やつ)

日本人としては日記に時候のことがらを書くのはとても自然なことなのである。
それが正しい日本の人なのである。
そういうわけで今日書かれる日本のBLOGの8割は花粉の話であるに違いないのである。

あぁ、抗ヒスタミン剤を腹いっぱい飲んでこの花粉まみれの世界でこんこんと眠りたい。

気休め、というか「これじゃー(鼻だらだらでも)仕方ないよねぇ」というのを確認するためにのみ
環境省花粉観測システム

を今日も見る。
ちなみにこの環境省花粉観測システムの愛称は

はなこさん

だ。
うまい!
花子さんと鼻子さんの掛詞だ。
今日は東京はグラウンドゼロ状態である。
どうやって花粉の量って観測するんだろ。
と思ったらちゃんとはなこさんのシステム概要に書いてあった。

スギ花粉を主に計測する花粉自動計測器を設置しています。この装置は、内蔵された吸引ポンプで大気を吸引してレーザー光を照射すると花粉などの粒子で光が散乱するので、その散乱光の量から粒子の大きさを判別し、散乱光の数から粒子の数を求めるものです
へぇー。
そのまま吸引ポンプで全ての花粉を吸い取ってくれないだろうか。

実際、今日は多めのようで、目にきかけている。
違和感あり。
ただ、痒くはなってないので、ムスカ状態にはならずにすんでいる。

----

今日のWonder Jukuオムニバスは「夜中に聴きたいモーツァルト」より「明日いいことがありますように!」だ。ラインナップとしては交響曲15番より、とかヴァイオリンソナタ6番よりとか、弦4「狩り」とか、協会ソナタ第14番とかだ。知らないのが多かったが、いい曲多い~。モーツァルトブーム中。

いいことありますように。

  1. 2005/03/18(金) 13:46:29|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ふー

ここ数週間チームで抱え続けていた大きな課題(の1つ)が解決しそう。
しかもそれが自分の出した案となれば、その充実感といったらないのである。
こういうのをSE冥利といってもいいのかもしれない。
苦労が大きい分、充実も大きい。
課題は山積みではあるが、ひとつずつ、ひとつずつ。


ということは苦労しないと充実感ないってことか?
  1. 2005/03/17(木) 01:00:34|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

本日ハ晴天ナリ

あぁ、いい天気だなぁ。
今日も1㎥あたり数百個飛んでるんだろうか、やつ。

というわけですっかりマスク生活も板に付いてきた。
「えーと、定期は持った、iPodもオッケ、あとはマスクを装着して完了」という朝の風景。
マスクをせずに外に出ると、なんか顔寒い、と思うくらいである。
マスク生活やめたら風邪引くんじゃなかろうか。

Wonder Juke Classic
少しずつライブラリを漁ってみる。
話題のムラヴィンスキーのシベリウス7番も発見。こりゃすげーや。
ちなみに(聴いた数はさほど多くないが)トロンボーンソロですきなのはバーンスタイン/VPO版だ。
倍管で吹かせるやつは好きじゃない。
他には東フィルと新星日響合併後間もない時期のチョンの復活など。なかなかの演奏である。


ということを今はまたオムニバス「GO! GO! 今日も元気だドヴォルザーク」を聴きながら書いている。
  1. 2005/03/16(水) 12:58:09|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

Wonder Juke Classic

現実逃避かなんだか、はっ!?と気がついたらWoder Juke Classicに加入していた(半分うそ)。
某サイトの影響というかそこで知ったから、というのは事実。

何かというと、一言で言えばネットクラ音楽配信サイト(有料)、である。オンデマンドである。
今までこういうのは食指が動かなかったが、これまでなかった本気度により負け。

ポイントはいくつかあるけど、
・コンテンツの量
・音質
・(当然)値段
等、このレベルならいいかな、と思ったからである。

コンテンツについては現在聞ける曲が13605曲、とある。CDの枚数でどのくらいかはよく分からんが、かなり多い。
で、何が入っているかと言うと、基本的には「東フィルの演奏 + ナクソスライブラリ」という感じ。
後者は(発売されているCD)全てではない。
後は巨匠シリーズとか少しある。メンゲルベルクの死と変容など聴いてみる。
悪くない。

音質はとりあえずビットレート128Kbpsということで、十分に聞ける音質。
だいたい現在の巷のMP3プレーヤーに皆が落とすレベルだ。

値段は提供する会社によって違うけど、許せる値段。

実際にログインして使用する画面(Flash)の操作性とか、不満はないではないものの全体的には今の日本で(しかもクラシックで)よくここまでの内容の提供に踏み切ったものだと思われ。


あまり興味がないのでおさえてないが、光ファイバ系のサービスに加入すると最近はだいたいインターネットテレビとかもやってるみたいだし、じわじわではあるが、いよいよオンデマンド時代か、とか思ってしまう。

(地方出身の私としては)個人的にはこういう(=芸術のようなものの)地域格差が減るような方向にあるサービスは賛成。
テレビも音楽もPCがいるなんてそんなの嫌、な人は使わなければいいだけだ。
選択肢が多いことは健全だ。

つーことを「愛と官能のワーグナー」(・・)を聴きながら書いている。
(こういうオムニバス的なCDってまず買わないから、そういうのが聴けるのも楽しみの1つである)
  1. 2005/03/14(月) 21:03:44|
  2. 音楽系
  3. | コメント:0

しゅうまつ

土、テル練。
吹かない期間があったからか、序盤はとても調子悪し。
ガサガサした音がする。
中盤からはなんとなく持ち直したがイマイチ。
本格シーズンイン(?)は4月の予定。

フレンチ楽しいなぁ。

日。
ピアノレッスンの予定だったが、Sさんがインフルエンザで倒れられてしまったため、無しに。
お大事に。
予定がなくなったため、どうしようかと思ったが、日々の「部屋」->「電車」->「プロジェクトルーム」->「電車(or タクシー)」->「部屋」という閉鎖的な空間に息がつまり、海を見に行った。
少々寒かったが、よい気分転換になった。


  1. 2005/03/14(月) 18:42:06|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「私家版 日本語文法」

井上ひさし「私家版 日本語文法」
  1. 2005/03/14(月) 11:17:04|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

お祭り

S根さんのお誘いで、「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」に出ることになっている。

なんかお祭り系?
で、うーん。ゴールデンウィーク潰れるなぁ、と実は内心少し引き気味であった。


が、Webを見て一気に印象変化。
すげーじゃんこれーー。(みんな知ってたのか??)

4/29-5/1、有楽町の国際フォーラムで行われるクラシック音楽祭で、毎年テーマとなる作曲家を設定し、複数の会場で朝から晩まで演奏ありまくり、公演ありまくり。
今回東京であるやつは「ベートーヴェンと仲間たち」だ。(「愉快な」は付けない)

私が出るのは当然アマの部なので、タイムテーブルにさえのっけてもらえてない。
それだけ、プロの演奏だけでもたくさんあるということだ。
つーかタイムテーブルみてたら、

眩暈がする

こんなタイムテーブル、

某社のフェア

くらいでしか見たことない。
日本ではこういう(というかここまでの)イベントは初ではないだろうか。
最終日のフィナーレなんかすげーよ。
(フィナーレ時間開始がどの会場も21時前後というのも前代未聞である)

HallA 第9
HallB7 ピアノソナタ30,31,32番
HallB5  弦楽四重奏16番
HallC ミサ・ソレムニス
HallD7 ピアノ三重奏「大公」

こんなの同時間帯にやっていいのか!

「著名」な演奏家のチケットは売り切れてるものも結構あるけど、それでもまだまだ聴きたいのもいっぱいある。
ゆっくりタイムテーブルを眺めてみよう。


こういうイベント、やっぱ日本じゃだめじゃん、となると悲しい。
ぜひ成功してほしい。

----

あれ。。。5/1しか空いて無いじゃん・・予定。。

  1. 2005/03/11(金) 21:15:18|
  2. 日記系
  3. | コメント:2

ぐるぐる

World Wind1.3がおもしろい。(via /.JP)
地球儀ぐるぐるまわせて、拡大できて、というだけといえばだけなのだけど、国境線や地名がでたり、拡大できる大きさがすごい。
最大で30mを1ピクセルで表現したところまで拡大できる。
結構スムーズに動くので(on ThinkPad T42)ぐりぐりいじっているだけでもきもちいい。

これがどのくらいかというと、

20050311_1.jpg

に始まり、ぐりぐり大きくしていくと、

20050311_2.jpg

を経て、

20050311_3.jpg

このくらいまでいける。
ということで実家周辺の図。
さすがに家までは見えないものの、一時期一世を風びした(してない)桃色ペリカンのカッタ君の巣の常盤湖や、宇部空港が見える。
すげーー「tokonami」が出てるよ。
世界をこのレベルで閲覧できるのだよ。

ちなみにUSだけは別なデータも利用しており、家のレベルまで分かってしまう。
恐るべし。

ピラミッドとかは見えるらしい。探してみよう。

  1. 2005/03/11(金) 17:36:01|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

むずいむずい

絶望(←言いすぎ)で迎えた日曜の(ピアノの)レッスンでは、

あ~ら、キミにはまだこういうのは早すぎね

がっかり。┐(´ー`)┌

と言われる最悪の事態だけは回避したものの、
バッハ(のメヌエット)はほぼ片手のみで許しを乞うた。
モーツァルトは何の曲だか分からないくらいの(もちろん遅い)テンポで第一主題が終わるまでで許しを乞うた。
なんとか次回は多少のテンポアップとモーツァルトは展開部の前まで行きたい。
ハノン、音階むずかしい。

いや、でも、楽しい。
今ついている講師のSさんは、

手がでかい

、じゃなくて、初心者でも真摯に教えてくれて非常に感謝している。
スタッカートの弾き方へのしつこいまでの注意(←無礼)に感謝している。ピアノのスタッカートは難しい。

和声も少しずつ習っている。
なんとなく知識としては知っていたものの、「これがトニック、サブドミナント、ドミナント、属七」とかシンプルな(←重要)曲で何度も弾いているとその威力というか実感として働きを理解できる(ような気がする)。

上では冗談で書いたが、実際Sさんは手が大きい。
私の手が小さいのもあるのだが、私よりちいさいのに手は絶対私より大きい、というか指長い。
ピアノをすると伸びるのか、ピアノ界はそうでないと淘汰されるのか。(前者はないだろ)

あと、なんの楽器でもそうだけど、上手い人って(形態として)綺麗だよなぁと弾いてもらうときつくづく思う。
弾いてる小指一本で惚れるね。
鍵盤の上でのた打ち回る私の手がそうなるのはいつの日か。
  1. 2005/03/09(水) 21:54:17|
  2. ピアノを弾こう
  3. | コメント:0

春到来

( >ε<)クシュッ

春うらら。
とても春っぽい陽気。

(* >ω<)=3ヘックション!

抜けるような青空で朝電車に乗るとき郊外へ向かう逆のホームに行きそうになった。(うそ)。

( >ε<)クシュッ

こういう春の到来を感じさせる日がその年初めて訪れると、いつも小さいころ周りにあった風景を思い出す。
タンポポやつくしが咲き乱れる家の裏の舗装されていない小道を抜け学校に行く。
となりの畑はこの時期キャベツだったろうか。
ひばりの声が聴こえる。
暖かくけだるい、ぼけた空気の記憶。

(* >ω<)=3ヘックション!

というわけで今年は10倍とも20倍とも言われる大増量サービス中の「あれ」もどうも本格化してきた。

( >ε<)クシュッ
  1. 2005/03/08(火) 13:25:45|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

やるぜ

徐々に移った先のチームの内情、実体がわかって来た。

ヤバイ

最近まで遅延なしだったのだけど、いきなり今週XX人月の遅延を叩き出し、それはまだまだ序章。
XX人月の遅れったってY人しかいないんだから、それってXX/Y日おくれだぞ、おい。

他にも○○が△△だし、□□は☆☆だし、頭が痛い。

でも、わたしがリーダーで入ったからにはもう大丈夫。
てこ入れだ。
片っ端から問題を解決しようではないか。
腕が鳴るぜ。





と前向きになんとか頑張りたいと思う今日この頃。
うーむ。。。
  1. 2005/03/06(日) 01:37:38|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ぐはーー

ただいま日曜午前1時前です。

本日は朝からピアノのレッスンです。
モーツァルトはまだ第一主題が終わるところまでもくそゆっくりでも弾けず。
モーツァルトに気を取られ、譜面もパッと見は「うむ。少しさらえばいけそうだ」と踏んでいた主練習曲(?)のバッハのメヌエット(れーそらしどれーそっそ)が、

全然弾けねーー

ここまで弾けないと、CDとか疑いたくなるよね。
バッハのインベンションのCDとか絶対2人で弾いてるよ。
平均律は4,5人で録音してるに違いない。
もしくは左右両手∩(・∀・)∩別々に動く人は別な生き物だね。
絶対。寄生獣とかと同じで人間社会に溶け込んでるのだよ。
または、あれ、耳が動く人、とかと一緒でもう遺伝的なやつ。

右手、左手シンクロ率400%くらい叩きだしそうな私の両手。

バカなことを書いてないでさらおう。
  1. 2005/03/06(日) 01:24:17|
  2. ピアノを弾こう
  3. | コメント:0

空似

今年に入って上司が変わった。
声がとても

ルパン3世

に似ている。と思う。
ぜひ「不二子ちゃ~ん」と真似して欲しいのだが、ほとんど話をしたことがないのでまた頼めない。


最近プロジェクトに入ってきた方、
風貌がとても

ムスカ

(ラピュタね)に似ている。と思う。
ぜひ
「はっはっは!どこへ行こうというのかね?」
とか
「見ろ、人がゴミのようだ! 」
とか
「目が!目がぁぁーーー!」
とやって欲しいのだけど、チーム違うし、まだ頼めないでいる。

  1. 2005/03/03(木) 12:12:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

弥生

3月。

早い。

早すぎる。
  1. 2005/03/01(火) 20:39:42|
  2. 日記系
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。