誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

年末行事

昨日から今日に渡って、ロードオブザリングを1から3まで全部見た。
前から見たいとは思っていたものの、それぞれが3時間近く(3に至っては200分)あり、なかなか手に取れなかった。

あぁ、もう放心状態。

凄すぎ。

最後は号泣。

完全なるあの世界観の再現。あ、いや原作読んでないし、そういう意味で完全というのではなくて、漠然と想像していた剣と魔法の世界、っていう感じ。
そういう世界でなくても、今の世界を舞台にしてもそのまま行けるであろうほどに、散りばめられた数々のテーマ。深い。重い。

徹底的に美しい映像。
っていうか自然の描写、美しすぎ。そういう意味では1の冒頭から目頭熱くなる。

ロンドンフィルうまい。
スポンサーサイト
  1. 2004/12/31(金) 22:20:21|
  2. 日記系
  3. | コメント:2

年末年始休暇キタ━━━━ヽ(´ロ` )ノ━━━━!!!!

もう待ち焦がれまくった休みである。
たった5日であるが。
その間にも若人が作った沢山の資料のレビューや、いくつか作らなきゃいけないものとかあって、休めるのかという状況であるが。

そんなこんなで帰省はなし。

何はともあれ今日は大掃除じゃ。

5日でリフレッシュするぞーーー。

そして時間が動き出す。
  1. 2004/12/30(木) 13:38:19|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

チャーリーの戦略3

回答篇。
あ、これはもちろんチャーリーの自論であって、本当にどうかは分からないので。

チャーリーのタクシーはカードが使えない。そのほうが儲かるという。

まず、カードを使う客はどのような客層が多いか考える。
おそらく若い人のほうが多い。断然。ある程度年配の方は、まだカードで支払い、ということに抵抗があって持っていない人も多い。チャーリーによるとさらに若い女性の方が、カード支払いが多いそうだ。

次、上記でカードを使う客、すなわち若い女性を中心とした客はおいしい客かそうでないか考える。
これが、(チャーリーの)統計的には断然近距離が多いそうだ。
なぜならば、都会で若い一人暮らしの人は通勤や買い物に便利なように、郊外より都心近くに住む傾向が強いからだ。

従って、カード支払いでない客のみのほうが遠距離の割合が高く、トータル的にはそちらのほうがいい、という論。

いくつか反論ポイントもあるだろうけど、なんとなく頷ける論でもある。
以上、チャーリー話。
また来年もお世話になるのかしらん。

  1. 2004/12/30(木) 13:33:43|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

チャーリーの戦略2

今日はビルを出てもタクシーはいなかったので、道を流しているタクシーを拾った。

するとチャーリーだった。。
すげー偶然。

こんな時間になってしまったので昨日の回答はまた明日。
怒涛の12月(の仕事)も明日でおしまい。


  1. 2004/12/29(水) 04:40:47|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

チャーリーの戦略

今日ビルの外に止まっていたタクシーに乗ると、チャーリーだった。

少し面白いというか、なるほどーと思う話を聞いた。
チャーリーのタクシーはカード支払い対応ではない。
素人的には、今時それで乗ってくれない客もいるだろうに、とか思っていたのだけど、チャーリー的には敢えてカード支払いには対応しない、というのが戦略らしい。
その理由は。
眠いのと最近ネタがないので回答篇は明日。

(ちなみにカードの手数料3%が取られない、というのは×、だ)

  1. 2004/12/28(火) 02:24:59|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

「クロスファイア」

宮部みゆき「クロスファイア」

これ読んだら、とりあえずむかついたヤツみると燃えろと念じてみるだろ。
  1. 2004/12/28(火) 02:20:37|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

「ハチ公の最後の恋人」

吉本 ばなな「ハチ公の最後の恋人」

全くの根拠レスに「犬」が主人公だと思い込んでいた。
(根拠レスってこたーないか)
その思いは開始1ページで破られたものの、幾分切ないストーリーと、いくつかの重要なキーワードと、まあよい本、かな。

話の本質とは関係ないけど、犬が主人公で思わせた「ハチ公(の銅像)」も終盤出てくる。
その登場のさせ方が私は好きだった。
  1. 2004/12/26(日) 00:35:27|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

くりすます

である。
この部屋では私のチームのメンバーだけ、まだ全員残って仕事をしている。
他のチームは1人だけ姿が見える。あ、帰った。
年内締め切りのタスクが多いので仕方ないと言えば仕方ないのだけど、これだけやらなければならないというのは、要するに私が無能なのである。
すまんね。

せめてものお詫びに日本橋三越でケーキを買ってきた。
(゚Д゚ )ウマー

めりーくりすます

  1. 2004/12/24(金) 21:30:21|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」

村上春樹 「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」

あー。
この著者のものでは一番ツボにはまったかも。
が、このラストはどうなのだろう。海辺のカフカと正反対ではないか。
救い(という言葉は違う気がするけど)のありなし、そっちに行ったのが良い悪いではないのだけど、海辺のカフカ的なほうがいいなぁ、というか選択したい。
完全なものは創り出したいと思うけれど、完全なものには憧れるけど、完全なものは好きじゃない。
  1. 2004/12/23(木) 22:24:42|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ざっき

登場させろとうるさいので書く。
プロジェクトにY子が来た。
残念ながら苦楽を共にしよう、という感じではない。
私はすでに今のプロジェクトに入って半年以上経つし、先はまだまだなのだが、Y子は一ヶ月程度のスポット投入、かつ、我々が作ったものにケチをつけて逃げるという許しがたい役なのだ。
(必要だけどね)

やっぱり同期というのは他とは少し違う存在で、同じプロジェクトにいるとちょっと変な感じだ。

  1. 2004/12/23(木) 22:19:09|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

昨日乗ったタクシーの運ちゃんはどうも2度目だったらしく、名刺をくれた。
「絶対忘れない名前ですよ」と渡された名刺のそれは確かに忘れられない。
書いちゃうと、もう個人が特定できちゃいそうなくらい珍しい名前。
もちろんそんな苗字があると知ったのも初。
ので書かないのだけど、ニックネームは「チャーリー」であるに違いないと確信する。
和歌山の名前だそうです。なるほどね。


「よつばと!」の3巻が出ていたので買った。
なんとも言えず、この漫画は好きなのである。
懐かしいというかなごむというか、新鮮な気になるというか。

  1. 2004/12/23(木) 02:11:49|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

iPodいきなり大活躍中だぜー。
まだまだ宵の口ー。

今週は背水の陣。。。。
  1. 2004/12/21(火) 00:21:42|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

iPodキター

いよいよ死亡気味のiPod2代目に耐えられなくなり、というか接続部分を押さえてないと音がでなくなったのに耐えられなくなり使わなくなったため、iPod4代目の20Gモデルを買った。
デザインは前のほうが好きだけれど、小さくなってるし、個人的にうれしかったのが、USB2で使えるようになったのと、真っ先に故障するヘッドフォンのコネクタ部分が無くなったこと。

今週は山場で夜中まで大変だし、早速活躍してもらおう。
(職場でも夜とかに一人で作業に没頭したいときは何か聴きながらやるのだ)

  1. 2004/12/20(月) 00:08:27|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

週末

金曜、おやじが出張で東京に来たので飲んだ。
(自分の)歳のせいだろうけれど、話す内容もそりゃ昔とは違うわけでなかなか。
別れた後、帰ろうと駅に向かったけど、チームの面々が飲みに繰り出すところだったので合流。
3時半まで。。

土曜も土曜で3時くらいまで飲み。。。。

日曜。
ブルーメンを聴きにミューザ川崎へ。
結論から書こう。
私的には、ホールのダメさ加減であまり楽しめなかったのが残念。
でもA馬さんとかは良さげな感想だったので、席が悪かっただけなのかもしれない。
前半は真ん中よりやや後方の結構上手側の席。
まず、やはり箱としての空間が大きすぎる気がした。箱庭で演奏しているように聴こえる。
見た目の熱演ぶりと自分の耳に入る音が違う。
そして、(本当は合っているのだろうけど)ずれて聴こえる!(ラッパと弦とかが)。どの反射音を聴いているのかすら分からない。上手側はホルンの後の壁の反射音が直接聴こえ、制圧気味。で、1st violinがテュッティになると埋もれて聴こえない。
全体としてはデッドなわけではないのに、どちらかというと生音に近い音で聴こえた。
こりゃいかん、ということで後半はもう少し前の方に移る。センターがよかったけど、お客さんの入りも良く席が無かったので下手側。
全体の鳴りの聴こえ具合は前半の席にくらべるとだいぶマシになったのだけど、それでも全般の印象はかわらず。低弦、木管前列辺りの音は素直な音で聴こえるのだけど、今度はホルンが壁にあたった生音でしか聴こえない。ラッパに至っては、よく聴こえるのだけど、どこから聴こえてくるのか分からないような不気味な響き。せっかくバランスを取っているだろうオケの和音の響きのバランスがメチャメチャに聴こえた。
そしてなぜか客席の雑音は距離が離れていても異常にクリアに聞こえる。ビニールの音、セキする音、パンフ落とす音。

ということで、そういうことばかり気になって演奏に全然集中できなかった。
せっかくの迫力なはずのベートーヴェン7番の全開部分とかのオケ全体が鳴る所で、聴いていて気持ちが悪くなりそうな、という響き。

あぁぁなんなんだこのホール。来年ここで1つ演奏会があるのだけどなぁ。。。

いや、演奏はよかったのだと思う。ブラボーも多かったし。
個人的にはそんなわけで、一番楽しめたのが、7番の2楽章の前半の弦とか、3楽章の中間部(こことてもよかった。Hr2ndのT氏にちょっと感動)、4楽章の例の箇所が出てくる度に打率が上がっていくホルン。


夜はGの管セク@池袋。
今日はかなりの人数が代奏とかいなかったりで、何だかなぁではあったけど、得るものは結構アリ。
あーちゃんとさらわないと。

  1. 2004/12/20(月) 00:01:01|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

最近の息抜き

これも百式経由で知ったんだっけな。

Clinetcopia
客とのやりとりのトラブル集みたいなやつ。
言語の壁で楽しめない(もしくは理解できない)やつもあるのだけど、なかなか面白くてたまに見ている。
「そうだよねー」って感じ。

現在Ratingでトップは、

Us: So, you're saying you want that project as soon as possible?
Client: No...but could we get it A.S.A.P.?

あはは。
どうでもいいけど日本語で使うASAPもやはりオトナ語、だよなぁ。
最初わかんなかったし。

  1. 2004/12/17(金) 01:46:48|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

福○文○(旧坂○)は今週末にフランスに旅立つそうです。
  1. 2004/12/16(木) 10:51:45|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

些細なことで一喜一憂する自分が嫌になる。
まあ喜のほうはせっかくなので前向きに利用したい。
ということで今日はちょっとした一喜なことがあった日。
  1. 2004/12/15(水) 22:30:23|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「午前三時のルースター」

垣根 涼介「午前三時のルースター」

著者のデビュー作。
なかなか。最後のちょっと切ないのがいい。
あと、これも題名がよくって、この題名、最後の最後まで出てこない。
そして、ほとんどというか全くといっていいほど話とは関係ないのだけど、後からこの題名を思うと、話の舞台となった空気が鮮やかに蘇る感じ。

  1. 2004/12/14(火) 19:49:55|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

G合宿

おおむね、っていうかほとんど、寝て過ごした合宿だった。
イメトレというか睡眠学習ということで。
それでもばてるには十分吹いた、っていうかチャイコフスキーの5番はこんなにきつかったか。。
激疲れと天気も良く暖かかったので、不覚にも降りの夜コマから朝までほぼ寝てた。
そしてもう眠い、あれだけ寝たのに。



  1. 2004/12/12(日) 22:58:28|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「ワイルド・ソウル」

垣根 涼介「ワイルド・ソウル」

面白い面白い。
テーマもよかった。
いくつかとてもいい台詞があった。
  1. 2004/12/10(金) 13:10:55|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

Hardcore Java(1)

めっきりコードを書くことが無くなった今日この頃だけど、まだ若いものには負けられん、というか現実逃避というかでHardcore Javaを読み始めた。
ちょうど手持ちの小説系も底をついたので。

ずっと、冗長でなんか汚いなぁ、と思っていた下記のようなコード。
  1. 2004/12/10(金) 13:00:12|
  2. しゅみか仕事か・・
  3. | コメント:0

ざっき

木曜午前中はお客さんとのミーティングの日。
週の前半の多くをその準備の時間に費やし、さて今回は何を言われることやら、となかなか気が重い。
今日はお客さんの反応も良く、こちらが再検討した案を結構すんなり受け入れ&まあ満足げであった。
うん、いろいろ考えたもんな。

で、それが終わるともう一週間が終わったような気になってしまう。
いかんいかん。
やることはまだいっぱいある。

  1. 2004/12/10(金) 00:01:30|
  2. 日記系
  3. | コメント:3

新明解国語辞典を読む

多分知っている人も多いと思うのだけど、新明解国語辞典という辞典がある。

一見普通の辞典なのだけど、とにかく面白いのだ。
もともと歩Nから教えてもらっていたのだけど、最近この新明解国語辞典を紹介しているサイト、新明解国語辞典を読むも同じく歩Nから教えてもらった。
しばし読み耽ってしまった。
暇な人、気分転換したい方お奨め。


さわりだけ書いておくと、
  1. 2004/12/09(木) 01:06:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

みなあるよね。。。

誰でも1つ2つはあるやつ。

この歳になるまで知らんかったー

とか

えーー!ずっと勘違いしてたーー

ってやつ。
同じプロジェクトの違うチームの人で、「凡例」を

ぼんれい

と言う人がいて、お客さんとミーティングで同席した時に何度も何度もその単語が出てきて、おかしいやら恥ずかしいやらで困った。
教えてあげるべきだよなぁ、と思っているうちにその方はプロジェクトを去られてしまった。

で、今日、なんの話からか「棚からボタモチ」という言葉が出てきて、はたと、
「ぼたもち」って何だっけ?
と疑問に沸いた。私はずっと、

少し大きめの白いお餅

を想像していた。鏡餅の小さいような感じでぼてっ、としてぼたっとした。(なんだ、それは)
やれやれ。あといくつそんなのがあるやら。
  1. 2004/12/08(水) 20:06:17|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

age++;

もうすっかり何か書き留めるにはタイミングを外してしまった。

メールとかくれた方々感謝。

自分にプレゼントを買ってみた。(許せN)

その日はいかさんちでバーベキューをした。
くそ高い電車賃で有名な東の方の新興住宅地は、そういう住宅地は概してそうなのだろうけど、似たような歳の子供のいる家庭が多いようでクリスマスの飾りつけ競争が激化していた。
膨らんで光る巨大なプーさんには驚愕した。
いかさんちの子*2とHさんの子*3によってたかってプラスチックのボールを投げつけられるという虐待を受ける。
ビール*1、ワイン*2杯(程度で)でぐでんぐでんに酔う。
ほんとは夜、民族楽器のコンサートに行こうと思っていたのだけど、断念、残念。
ちえぞうがケーキを買ってきてくれて、律儀に太いローソク3本と、細いローソクを1本つけてもらっていた。

いくつかのことを止めて、いくつかのことを始めることにする。
  1. 2004/12/07(火) 00:55:11|
  2. 日記系
  3. | コメント:2

「亡国のイージス」

福井 晴敏「亡国のイージス」

JBその3。
読み出すと止まらなくなる系。
  1. 2004/12/07(火) 00:40:20|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

「百年の孤独」

G.ガルシア=マルケス/鼓直(訳)「百年の孤独」

これはJBシリーズではない。
某焼酎でもない。

読むのに数週間かかった。

っていうか焼酎の「百年の孤独」はこの本の題名から取られている。

  1. 2004/12/07(火) 00:38:54|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

「うたかたの日々」

岡崎京子「うたかたの日々」

JBその2。

  1. 2004/12/07(火) 00:36:50|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

「深紅」

野沢尚「深紅」

JBと本を交換しよう第1段。
適当に数冊見繕い、JBと交換。
私が送り込んだのは最近のものから「夜のピクニック」「りかさん」「三月は深き紅の淵を」「アフターダーク」の4冊。
JB向けにしては少し毒が足りない選択だったかもしれない。

借りたものその1。
  1. 2004/12/07(火) 00:34:31|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

復活

今週は書かない、と宣言した次の日、それを予期していたかのようにサーバーに繋がらなくなった。
あまりにもできすぎである。
ついにサーバーがいかれたか、と思い家に帰ってチェックしてみるも、いつものように小さいファンの音をさせながら動いている。
インターネットに繋がらなくなっていた。

また変な工事しやがったなー。

と思いながら、そのうち直るかーと数日待つも復旧せず。
知人には冗談半分に「料金未納で止められてるのかなー」などと言っていた。

ついに業を煮やし、メールで問い合わせると、

利用停止になってますが、何か?

ガーン。
そんな通知は来てない。
電話はちゃんと使えてたし、(プロバイダもBフレッツだからNTTなはずだし)おっかしーなーと思いながら家に帰って引き出しを漁ると、引き落としの通知とばかり思っていたその通知には


請求書在中

ガーン。
ということでコンビニに払いに行くと、直に復活した。
ヤレヤレ。
  1. 2004/12/07(火) 00:29:19|
  2. 日記系
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。