誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

節目

一応。

  
  
父上、
長い長い間、本当にお疲れ様でした

今まで生きてきた分働くと思うと気が遠くなります
  
  
仕事はもう少し続くようですし、詳細は別途。
スポンサーサイト
  1. 2004/09/30(木) 20:11:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ざっき

一進一退の攻防(?)
いやな時期だ。

  1. 2004/09/30(木) 20:07:00|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

台風接近中。
洗濯物干しっぱなし。。。
  1. 2004/09/29(水) 10:28:33|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「ハーバードからの贈り物」

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」

昔から年長者の意見、経験談はあまり聞かなかったと思う。
いや、聞かない、というのは間違いで、理解はしたし、言っていることは正しいのだと思ったけど、どこか「ふーん」と思っていた気がする。
頭では分かるけど、という感じだろうか。

今思うとその中身はずっとよく理解できるし、少なくともその時にはなかった、何でその人はそう言ったのか、ということも分かる気がするようになった。

結局自分もそういう歳になっただけかもしれないのだけれど。

邦題にセンスのカケラもないこの本の原題は、
Remember Who You Are
- Life Stories That Inspire the Heart and Mind -
なるもの。

少し前なら題名に目を背け、帯の「信じた道を行くと心に決めたとき、この本を開いてほしい」なんて見た日には全く拒絶したような本だ(そういうノリは今でも嫌いだ)。全く日本じゃこんなことを書かないと売れないのか。(売れないのだろう)
とりあえず手に取り、ペラペラと前書きを読んで気に入ったので読むことにした。

ハーバード・ビジネススクールでは最終講義の終わりに、教授が自らの体験など訓話を話すという。
それをまとめたのがこの本。
そういうスクールなので、まあ、エリート、将来は企業のリーダー、みたいな人向けなのだけど、普通の人宛のメッセージとして読んでもとてもいい。

なんで最初のようなことを書いたかというと、要するにそういう内容の本だからだ。
すべての話に共感できたわけでもないけど、いくつかはとても沁みた。
個人的には「同窓会」「サラの物語」が良かった。
  1. 2004/09/28(火) 01:14:30|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

「チェチェンで何が起こっているのか」

林克明、大富亮「チェチェンで何が起こっているのか」

最悪の結果となったベスラン学校人質事件。
ほとんどの人には「チェチェン紛争」「チェチェン戦争」の中のチェチェン人によるテロ行為だと取られている。

最近ではチェチェン人によるテロ活動的な面ばかりニュースになるが、そもそも、というか実態はロシア帝国によるジェノサイドのようなものである。
ロシア(という権力)からすれば(最初から)チェチェン人なんか全員死んでしまえばいいと思っているのだ。

1994年12月に始まったチェチェン戦争では、人口わずか70万人から100万人ほどと言われるチェチェン共和国の人口のうち20万人とも言われる数が犠牲になっているという。

まあ読めば読むだけ悲惨で、不条理で言葉を失う。
Web上ではチェチェン総合情報等に詳しい。


本ではもちろんチェチェン紛争の記述がメインなのだけど、それとは別に挿入されたコラムのチェチェン人はどういう民族なのか、どういう考えなのか、等が今の自分には興味深かったし、考えさせられた。

独立心が強くも血縁や礼をとても重んじるという。バレエ「ガイーヌ」の中で特に有名な(さらに吹奏楽界で)レズギンカと呼ばれる舞踏はこの彼らの住む地方で盛ん。

  1. 2004/09/26(日) 23:28:18|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ざっき

朝メールを見ると、果たして自分の大ポカを知らせるメールであった。
はぁ~つくづく詰めが甘い。

その後は(公私共)少し仕事をしてみたりもしたけど、基本的に生活建て直し日。
洗濯したり掃除したり買い物したり溜まってる本読んだり。

よし頑張りましょ。
もう少し行けるはずだ。
  1. 2004/09/26(日) 23:07:06|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

本日の現実逃避

「アマデウス ディレクターズ・カット」を観た。
実際には(3時間と長いこともあり)数日かけてちびちびと。
あぁ名画。
今さら中身を書いたところで仕方ないので(観たことないやつは見るべし)どうでもいいことばかり。

ディレクターズ・カットでないやつを観たのがだいぶ前だったので、どこが追加されたのかよく分からない。
あぁ、一箇所すぐに「こんなシーンなかったぞ」と思ったシーンがあった。
極めて効果的なシーンだと思うのだけど、下世話なのでどこか書くのはやめておく。

モーツァルト知らん曲多いなぁと。えー曲多いなぁと。
ビリヤード台でフィガロを作曲しているときの音楽は何なのだろう。
(ってフィガロかーー?)

観てたらものすごく甘いものが食べたくなり、コンビニに走る。
サリエリのばかーーー。
(史実でもそうだったみたいなのだが、映画の中でもサリエリは多くのシーンでうまそうな菓子を食っている)
  1. 2004/09/26(日) 01:01:16|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

てもみん

昨日、O嬢と話していてマッサージの話になった。
最近肩と背中がバキバキ気味だし、マッサージの話しているとなんかこってる気になってくるような。。

前々から一度行ってみたかったのだけど、どこへ行けばよいやらも分からず、予約とかいるとこは面倒そうだし、その辺でフラッと入ってみて、

「オニーサン、ドココッテルノ?」
「ソレハツイカリョウキンネー」

となっても困る。(↑すごい偏見である)
のでO嬢が教えてくれた「てもみん」に行ってみた。いろいろなところにある。

行ってみると結構繁盛している。ミンナオツカレネー。
ベッドで30分、にしようと思ったけど、ベッドは混んでいたので椅子(?)で行う30分のタイムてもみん。
この椅子、傍から見ると結構間抜けなのだけど(上記URLのページ参照)、座ってみると意外と楽チン。
すぐにお兄さんが始めてくれた。気持ちいいよりはきくーという感じ。
眠れそうにはないかなぁ、だとすると30分は長かったかなぁと思っていたが、気がつけば轟沈。
記憶のあった頃を反芻してみると、
・肩、背中を中心にやってもらったのだけど、腕のマッサージがあんなに気持ちよいものだとは知らなかった。
・わきの後ろ側にすげー効くつぼ(?)がある。びっくり。

先にはじめていた隣の人は最後まで会話をしていたけど、とっとと沈没した私は、気がつくと終わっていた。
爆睡したようで、「後1分ですー」の声に起こされ、終わった後も寝起きのぼーーーとした頭でふらふらと料金を支払い終了。マッサージにしては、まあリーズナブルな金額か。


いや、なかなかいいもんですな。マッサージ。
病み付きになりそうである。

マッサージが必要なほど仕事して、マッサージに安くない金を支払うのにどこか矛盾を感じないわけでもないけど、それが経済だ。(違)

  1. 2004/09/23(木) 18:05:04|
  2. 日記系
  3. | コメント:1

ざっき

ちょっとてんぱっている。

昨日は朝から客にやられる。むむむー。
最近負け多し。
オブジェクションハンドリング弱し。
いや、言われてることはもっともでございます。

てんぱり気味で何通かトチ狂ったメールも送った気が。
ファイル添付忘れ(←F井のを馬鹿にしたばかりなのに)なんて序の口さ。

仕事中に私用メール書いてると(書くな)メールが仕事風味になる、気がする。

  1. 2004/09/23(木) 00:33:18|
  2. 日記系
  3. | コメント:2

ざっき

Y山が先日(9/5)のテルの本番の録音(客席非合法(ではないが)録音)をWebにアップしてくれて、今日は作業とかしながら聴き続けていた。

客席でMDで録音したものなので音質というか高音、低音のバランスとかおかしいのだけど、楽しい。
面白いな、と思ったのが客席で取ると(当然だが)客席の声とか笑い声とか入っている、というか紛れこんでいること。
吊りマイクだと入らないだろう。

団体カラーに似合わずエンタに頑張ったヴェニスでは(やはり最初のホルンはネタ的に分かりにくいようだったが)それぞれのソロの後にザワザワクスクス聞こえて聴いてて楽しい。
例のF井のところのA積の芸(?)のところは若い(と思われる)人の笑い声が。よかったよかった。

後は驚愕変奏曲のマッピだけの所はやはり結構受けたようでクスクス聴こえて楽しい。
#一番いいのは最後F井のマッピだけの箇所で、マイクの傍でクスクスと苦笑が聴こえるところ。
これだけで驚愕変奏曲をやった甲斐があるというものだ。
某イベントではではここ立奏にできないかなぁ。。


至極当たり前のこと(?)だけど、楽しい(だけ)の曲も立派な音楽なのだ、とか思ってみたりする。
  1. 2004/09/20(月) 23:25:30|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

 連休…なのだが,某イベント打ち合わせのために,「岩井」という町に出かけるべく東京駅八重洲口に向かう.
で,つくば行きと同じ発射,じゃない発車場所から高速バスに乗車.一時間半ほどで岩井市到着.打合せ時間までやることもないので,行きつけの喫茶店に.
いまどき少なくなった(と思われる)感じのいい喫茶店。こじんまりとした店は天井が高く、ピアノとかも置かれた木で統一された店内ではゆっくりと時間が流れる。というか流れてない。

ホールまではタクシーにしようか徒歩にしようか迷ったけど、「交通手段の確認」と自分に言い聞かせタクシー。歩くにはちょっとあるがタクシーだと1メータの微妙な距離。
歩かなかったので時間が余り、駐車場の確認(多すぎるくらいで心配ゼロ)等。

bef01.jpg

期せずして某と同じ看板の写真を・・・・・。
そう、今回の某企画は華原朋美と並ぶほど(いや、むしろでかい)の催しものなのだ。
ついでに京ぽん(PHS)のカメラの実力はこの程度だ。

bef02.jpg

ホールを望む。ボケまくりである。がんばれ京ぽん。
Kトラが中央に座しているのが岩井らしく、味のある構図である。

打合せは特に問題もなく終了。宿題山盛り。
練習まで時間があったので、レセプション開場下見組と合流、行きつけの喫茶店でお茶。
でホテル見学、F井が追突で事故りそうになる、練習、飲みとつつがなく終了。

  1. 2004/09/20(月) 21:31:11|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

ニューシネマパラダイス(完全オリジナル版)を観た。
やっぱりいい映画だなぁ。
あのラストシーンは、ただ感動するとか切ないとかいうのではなくて、まあとにかくいろいろこみ上げて来てぼろぼろと落涙。

前に観たのはいつだっただろう。
細かい内容(どうやってあのラストシーンに繋がっていたのだっけ、とか)は忘れているくらい前。
いろいろ前とは違った感じを受けたところもあったような気もする。
今の自分が、映画での現在、と映画での過去の間くらいになったからかもしれない。

次に観るときはどう感じるのだろう。


あ、やっぱり私は(なんと呼ぶかよく分からないが)オリジナル版でない短い版のほうが断然好き派みたい。
特に初めてこれを観る人はぜったいそっちのほうがいいと思う。
  1. 2004/09/20(月) 01:22:04|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

大人げない

別にいいんだけど。


某社オケ管分奏

後から思えばあんなにプンスカすることはなかったのだが。
まあ概ね言ってることも正しかろう。が、

・趣味が正反対
・物には言い方があろう

の2点でヤル気レス。
T竹に休憩中に「後姿に怒りオーラが出てましたよ」といわれてしまった。
趣味も合わないので一番嫌いな吹き方(フレージング)したら大喜び。
#カンタービレはスラーだけじゃないだろうの会代表

まあ、全体としてはいい方に行っているようだからよいでしょう。

しかし、オケによって要求されるダイナミックレンジって全然違うものだなーと思う最近。
単純に人数の多い少ないだけじゃなくて。

とりあえずちゃんと鳴らせないとな。
精進。

  1. 2004/09/19(日) 00:34:12|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「霧のむこうのふしぎな町」

柏葉幸子「霧のむこうのふしぎな町」

期せずしてミーハー本。だったみたい。
amazonで指名買い(?)だったので帯も見てなかったし。
女の子向け童話(?)みたいな位置づけなのだろうか。
うん、さわやかな読後感。
あまり不自然でなく(いや、そりゃ出来事は不自然だけど)、説教くさくないのがいい。


私は子供(とっても高校生までくらいも含む)小説とか全然読まなかった。
読むものといえば当然ベーマガ(BASICマガジン)である。
学研の学習、科学である。あれ?科学だけだったかなぁ。
トラ技(トランジスタ技術)を読んでなかったのは悔やまれる。
別に読んでたから、いい、わるい、というのではないが。

それでも少しは読んでいたようで、今でも題名と共に覚えているのが、「二年間の休暇」。
15少年漂流記のほうが通りがよいのかな。
とにかく強烈な印象だったみたい。ドキドキハラハラワクワク、のような感じか。
そういう冒険的なものに憧れる頃ってあるよね。

読んだときが小学生のときか中学生のときかすら思い出せないのだけど、図書館の風景だけは切り取られた一枚の写真のように鮮明に浮かぶ。
少なくとも私にとっては一種、非日常に近い場所だったのかもしれない。

この歳で読んだからかもしれないけど、この本を読んでそんなことを思い出した。


あー、某有名なジプリの映画(湯ばーばが出るやつ)を見てから読む人は最後の注意を読んでからのほうがいい。
あれとは似て非なる別のいいお話です。

  1. 2004/09/18(土) 11:55:24|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ざっき

かっこよすぎである。

ギネス認定、世界最高齢84歳の小学1年生 ケニア(asahi.com)

いくつになっても学べる。

どこでも学べる。

学べることの楽しさ、そして有難み。
忘れてはいかんなぁ。
  1. 2004/09/17(金) 11:21:35|
  2. 日記系
  3. | コメント:2

ざっき

今日乗ったタクシーは納車2日目というゼロクラウンであった。
さすが、社内は広く乗り心地も快適。

寝ようと思っていたのだけど、運ちゃんもうれしいのか
「いや~まだ操作よくわかんないんだよね~」
「160なんてすぐでちゃうんだー」
「これが雪の日モードのボタン」
「全然営業がまけてくれないんだよー」
とかさかんに車の話をして面白かった。

実際操作に慣れていないらしく、深夜料金にするのを忘れていたらしい。
(私的にはあまり関係ないのだけど)料金が安かった。
  1. 2004/09/16(木) 03:25:52|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

先日ネコをもらった。

黒猫。

なごましていただいている。
血統はよく分からないが中国産のネコのようだ。

早速「じーじ」と命名。
限りなく安直。

じーじは目が大きいのが印象的。

じーじの耳は果てしなくピンク。

じーじは小さい。

手の平に乗るくらい小さい

・・・

ぬいぐるみなので。
生ネコ欲しい。

  1. 2004/09/15(水) 16:04:20|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

kaburoboキターー

いやーん。楽しそう。

ソフトウェアロボットコンテスト(KabuRobo)

Robocodeはさっぱり、というかそもそも参加資格なかったけど、KabuRoboはいいのか??やっぱりだめなのか?主催じゃないし。
でもRobocodeよりむずかしそー。
そもそも株しらないし。
時間ないし。
がー。

プロミングしたことのない人も参加できるようで。
1~3人のチームを組むそうで。
私に賞金をもたらせてくれる人募集(他力本願)。

とりあえず説明熟読なり。

  1. 2004/09/15(水) 12:40:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ざっき

コテンパン(死語)にやられれた。

同席者はそうは思わなかったかもしれないけれど、自分的にはコテンパン感大。

自己反省は完了しております。
まーだまーだ仕事である、ということ、プロジェクトである、ということ、の認識が足りない、ないし甘い。

まぁ反省なんて簡単だ。
結果出しましょ。


その後は延々とJavaScriptと戯れる。
ゴリゴリ。
結果は満足ながらも、こういうプロジェクトで、こういうポジションで、こういうことやってる場合か、感大。
でもやる人いないしーー。


O嬢にパシリをさせられ、コンビニでペンネアラビアータ(O嬢)とベーコンスパゲティ(私)を購入。
O嬢にペンネと烏龍茶とフォークを渡し、別な人と少し会話をした後スパゲティを食べ始めたら、何か食べにくい。
手元に目をやる。
これって・・・

・・・先割れスプーンじゃん・・・

ペンネ用と間違えてしまったらしい。
仕方ないのでそのままズルズルと食べた。

  1. 2004/09/15(水) 01:59:04|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

疲れたりするとかえって眠れないのか、昨日はなかなか寝付けず睡眠不足で平日突入。

まあこういう日に休むヤツは刺すね。
後ろからスライドで。
ゴムついてないし。
特に休日を満喫してるようなヤシは。


結局譜面を少しだけWebで購入。金管アンサンブルはまた後日(自制)。
また海を渡ってやってくるそうだ。今度は空の旅。

しかし、曲名で見つからない。。。作曲者と、
I Adagio
II Allegro Molto
の情報のみ正しいというだけで注文する暴挙。AdagioとAllegor Moltoなんていくらでもあるだろう・・・・。
期待している曲と合っていることを切に願いながら届くのを指を折りながら待つ。


----

ハリーポッターとノバの中心でおりゃーと叫ぶ

みんなビビッた
  1. 2004/09/14(火) 01:53:11|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

週末の影響からか、楽器が吹きたくて&(金管 or トロンボーン)アンサンブルがやりたくて仕方ない。
楽譜屋サイトを巡って、中身は分からないが気になる譜面がいっぱい。
買っていいかなぁ、いいかなぁ。
結構高いなぁ。

また例の曲みたいだったらどうしよう。
  1. 2004/09/13(月) 13:23:19|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

疲弊。
楽しかったけど。
はずした。
昼食の食べすぎが原因か。

スザートの6曲目である最後の曲を聴いていると遠い昔を思い出す。
そういう匂いを持った曲なのか、単に昔やったから懐かしいだけなのか。

一部でイッキ文化健在。
ガクセイはいつまでたってもガクセイだ。

皆ひさしぶりにつくばに来て飲んでしまうと、昔話が多くなっちゃうのはしょうがないよね。
でも先も見て行こう。


割とよくつかうのに毎回探すもの:爪切り
  1. 2004/09/13(月) 01:05:07|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

学生の時におそらく何百回、いやそれ以上かな、となく通った道を見下ろしながら書いている。

明日はつくばでちょっとした本番。
寝坊が怖かったり、ゆっくりしたかったので今日のうちにつくば入り。
あー、バスでばったりあ○みと一緒になった。森らしい。

トレ○ントホテルというおそらく大学に一番近いホテルがあって、小さいせいもあってか、なぜかそれはホテルと名前のついているホテルじゃない施設だとずっと思っていた。
ホテルだった。(当たり前)

つくばに来たのはとても久しぶり。
バスから降りるなり、空気うめ~と思ってしまった。余程日ごろがひどいのか。
人工的な街とは言われているけど、緑が多いというだけでかなり羨ましい。

夕方さらっていると人が多い。合奏らしい。
今回は小田野さんでブラ4。
同じ組み合わせで自分がブラ4吹いたのは10年近く前か!あな恐ろしい。
現役の人とデュエット、アンサンブルを少しやったらさっそくバテテ退散。
ふくむらでさばの煮付。ウマー。

一仕事して早く寝よう。


日が変わりましたが、若者の声と、どこかからか木管の3度進行の音が聴こえてきます・・・。
さすがつくば。
  1. 2004/09/11(土) 22:42:21|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

あぁ・・二度寝の快感。

「あれ?本番明日だったよなぁ・・よな・・・いいや」と思いながら二度寝。
久しぶりに(今度は)良い夢を見た。気がする。

  1. 2004/09/11(土) 11:36:48|
  2. 日記系
  3. | コメント:3

ざっき

やっぱり
やっぱりなのか
やっぱりモーツァルトなのか

敢えてというかなんとなくモーツァルトは実はあまり聴いたことがないのだけど、とりあえずピアノコンチェルト23番に涙。

こういう気分(ってどういう気分だ)の時に聴けるのってモーツァルトしかないのか。

アマデウスでも観ますかね。
ディレクターズカット版見たことないし。

やれやれ、週末。
今週末こそ。

  1. 2004/09/10(金) 19:13:22|
  2. 日記系
  3. | コメント:1

うーむ

買い物がストレス発散になるというのはやはりそうらしい。

皆、「忙しくなるとなんかでかいもの買っちゃうんだよねー」と言っていた。
いかさんはこの前気づいたら(?)家にでかいプラズマテレビが鎮座していたそうだ。
K村さんは以前のプロジェクトでは気がついたらベンツに乗っていたそうだ。

私はー、朝メールを見たらamazonで本を買ってしまっていたらしい。
ご注文ありがとうございましたメールが入っていた。

っていうか、前者達に比べると・・・

安い・・・

まあいいか。おそろしいものを買ってしまうより。
  1. 2004/09/10(金) 09:58:15|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

ひさしぶりに手を動かした。(正確には今も動かしている)
AIXのインストールからその他もろもろのインストール、設定。

・・・すっかり忘れている・・・・

マズーー

悪戦苦闘した。(している)
  1. 2004/09/09(木) 23:56:53|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

やれやれ

休み明け(一日だけだが)にしてはいろいろハードじゃないかい。
  1. 2004/09/08(水) 23:53:33|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

なんだか休み感が乏しいのも寂しいので、(イマサラ)グラディエーターを観た。
ストーリー、戦闘シーンは陳腐という評も多いみたいだけど、個人的には大変おもしろかった。

マキシマスは余りにも格好良過ぎである。ありえねー。
悪役皇帝コモドゥスはいい味出しすぎである。
ロリコンではないのだが、ルシアス超かわいー。
と思ったら男(の子)だった。
さらに映画外で見たら全然かわいくなかった。


さて、明日から全開で頑張りましょう。
  1. 2004/09/06(月) 23:46:00|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「極北の光」

曽野綾子「極北の光」
  1. 2004/09/06(月) 18:25:15|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。