誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ざっき

日本の場合、典型的な悪循環。
ユーザー置き去りの著作権攻防戦(asahi.com via セキュリティホールmemo)

CCCDはクソだー。あんなもの作るんじゃねー、普通のCDなら買うのに、といいながら平気で「あーあの曲?持ってるよ、MDに落としてあげる(=今ならCDにやいたげる)。」か。
まー自分も人のことは言えない。せっせと図書館で借りたりしてMDに落としたものだ。
制度きつくすればだんだん音楽そのものから疎遠になっていくのもまた真。
レコード業界(ってまだ言うよな?)は結局自分の首締めてるんだろうなぁー。

まあ、いいや、それよか こっちの著作権法改正のほうが心配だ。

----
スポンサーサイト
  1. 2004/07/31(土) 01:09:01|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

んんー

ハリーポッターとハニーポット

(多分そういう企画ではない)
  1. 2004/07/30(金) 13:13:05|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

夏らしい雲が見れた日だった。
青空に輪郭のはっきりした雲が浮かんでいた。
タバコ休憩の度にしばし眺める。
嫌いな夏という季節の中で数少ない好きなものの一つ。

明日朝からミーティングなのだが起きれるだろうか・・・
  1. 2004/07/29(木) 03:34:13|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「短歌パラダイス」

小林恭二「短歌パラダイス -歌合 二十四番勝負-」

以前、詩とか短い系(なんだそれは)は苦手、と伝えたときに教えてもらった本。

短歌ってあれですね、五七五七七のやつです。
とても面白かった。

この本が面白かったのは単なる短歌の解説本じゃなくて歌合の様子を書いていたからだと思う。
歌合というのはまあこんなところとか参照願いたいが、左右2組に分かれてあるテーマ毎に歌を出し優劣を競う遊び、みたいなもの、だと思う。(正確なやつはもう忘れた)

素人が短歌に触れるためには、まず素人は歌の意味がわからないので、とりあえず解説が必要。
それがあればその歌の良さは解説してくれて「なーるほど。深い。」とか分かるのだけど、さらに歌合という形式を取っているので、けなしどころ、というかこういう所が甘い、とかそういうのまで出てくるのでそれが面白い。なかなかそういうところまで教えてくれる本もない。
また人によってもいろんな解釈があるものなのだなぁ、とそういうのも楽しめる。

いやぁこれまた深い世界である。

本の中で気に入った歌。(内容は・・・よく分かっていない・・)

たぶんゆめのレプリカだから水滴のいっぱいついた刺草を抱く/加藤次郎
  1. 2004/07/28(水) 00:46:02|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ざっき

いかん。月曜から寝坊した。
#月曜だから寝坊するというのもまた真である

今日は周りの喧騒をよそに自分の検討、提案した案がほんとにうごくのか確かめるために一人でモソモソとプロトタイプを作っていた。
うーん。コーディングの勘が落ちているなぁ。
簡単なものだったので、EclipseとかIDEの便利機能は使わずにテキストエディタでゴソゴソ作る。
まだ

public static void main(String[] args)

はソラで書けるな、よし。(アタリマエ)
#IDEで作るのに慣れると意外と書けない。

  1. 2004/07/27(火) 01:05:19|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

しうまつ

Gの練習2連発。
個人的にはさらっておいたはずの箇所で捕まる。無念。
最後に運命に関して驚愕の事実が。
#練習のやり方としては正しいと思われる。

なんとなく今回のGはちょっと○い気がするんだよなぁ。人のことは言えないけど。
あまり良くない方向で指揮者に頼りすぎているような感が。

そんな今回の演奏会も来週本番なり。

最近Gの練習には見学者が多い。
今日はT氏も来ていた(どうでもいいが痩せて見えた気がした)
昨日の練習では、

女子高生

が見学に来ていた。
のはまあ良くて、○ン○ールのこ○○○をやっているときに見たら笑顔で口をぽかんとあけて(←重要)練習を見ていた。
あぁ、そういう気持ちって大事だなぁと思った。思ったというか再認識した。

今回のGで偉いというか指揮者が偉いなぁと思ったのはア○○ールの曲もちゃんと練習しているところ。○う○○は○○コー○で何度もやったことがあるけど、こんなに楽しい曲だな、と思ったのは初めてだ。

----

スパイダーマンを見た。

もちろん1だ

結構楽しめた。
スパイダーマンのいいところは「空が飛べる」わけではないところ。
そういう意味で新鮮な映像なり。
あとはアーメリーーカな映画ですな。
(説教くさい)教訓あり、恋愛あり、親子愛あり、完全2分化された善悪あり、よく人を殺すあり。
悪役がなんだか日本のヒーロー物の悪玉みたいでなんとも言えない感じ。

  1. 2004/07/26(月) 00:31:44|
  2. 日記系
  3. | コメント:2

宣伝

Gの練習が佳境である。(明日から)
今回もとても良いプログラム

R. シュトラウス 交響詩「死と変容」作品24
R.シュトラウス  四つの最後の歌
L.v. ベートーヴェン 交響曲第5番「運命」作品67
指揮 / キンボー・イシイ=エトウ
ソプラノ/ベッティーナ・イェンセン
日時 :2004年8月1日(日)
   午後1:30 開演(12:30 開場)
会場:すみだトリフォニーホール 大ホール

だ。
  1. 2004/07/24(土) 00:35:06|
  2. 音楽系
  3. | コメント:1

ブズーキ

世の中アテネ一色。なのか?
例によって鑑賞系スポーツにはあまり興味がない。

ブズーキという楽器をご存知だろうか。
いや、知らんって。
asahi.comの五輪ネタで紹介されていた。
ギリシャの民族楽器。


なんて素敵な音なのかしら。
海が見える。(幻視)
遠い時、遠い場所に思いを馳せる。(妄想)
今、自分が聴くその音はノスタルジックでエキゾチックなのだけど、この音と生活してる場所が、時間があり、あった。
こういう音が空気のようにある生活はどんななのだろう。

盆踊りの季節だ。
  1. 2004/07/23(金) 22:41:08|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

今日は何度くらいだったのかな。

涼しかったなー

33度くらいかな。

暑いよ

暑い夏にお嘆きのあなた。
今年も、これだー!
打ち水大作戦2004

----

かーなーり欲しい。
自動起床装置「おこし太郎」(via /.JPとかとか)

売り文句は「JR東日本の乗務員が実際に利用!」だ。
運転席にも搭載したほうがいいぞ>JR。

腰は痛めたりしないよなー。
スヌーズ機能はついてるのかなー。
興味は尽きない。
  1. 2004/07/23(金) 22:17:07|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

今日の疑問

ここ2、3日、プロジェクトルームのLANが死にそうに遅い。
原因不明。
担当じゃないのでほっているが、何か分からないかとethereal(パケットキャプチャソフト)をこっそり動かす。
最近はスイッチングハブばかりなのでたいした情報は得られない。

遅いのと関係あるのかないのか分からないけれど謎なパケット達。


1 0.000000 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.243? Tell 192.168.0.104
2 1.864386 192.168.0.115 Broadcast ARP Who has 192.168.0.21? Tell 192.168.0.115
3 2.827312 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.171? Tell 192.168.0.104
4 2.981122 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.243? Tell 192.168.0.104
5 3.336245 192.168.0.115 Broadcast ARP Who has 192.168.0.198? Tell 192.168.0.115
6 4.847434 192.168.0.115 Broadcast ARP Who has 192.168.0.21? Tell 192.168.0.115
7 5.790072 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.171? Tell 192.168.0.104
8 6.249771 192.168.0.115 Broadcast ARP Who has 192.168.0.198? Tell 192.168.0.115
9 6.361061 192.168.0.115 Broadcast ARP Who has 192.168.0.158? Tell 192.168.0.115
10 6.840658 192.168.0.115 Broadcast ARP Who has 192.168.0.148? Tell 192.168.0.115
11 9.353920 192.168.0.115 Broadcast ARP Who has 192.168.0.158? Tell 192.168.0.115
12 9.754670 192.168.0.115 Broadcast ARP Who has 192.168.0.148? Tell 192.168.0.115
13 13.673651 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.205? Tell 192.168.0.104
14 14.415652 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.173? Tell 192.168.0.104
15 16.624966 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.205? Tell 192.168.0.104
16 17.327631 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.173? Tell 192.168.0.104
17 21.804149 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.207? Tell 192.168.0.104
18 23.766343 192.168.0.115 Broadcast ARP Who has 192.168.0.25? Tell 192.168.0.115
19 24.313297 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.76? Tell 192.168.0.104
20 24.751372 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.207? Tell 192.168.0.104
21 26.679345 192.168.0.115 Broadcast ARP Who has 192.168.0.25? Tell 192.168.0.115
22 27.222704 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.184? Tell 192.168.0.104
23 27.259318 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.76? Tell 192.168.0.104
24 30.168484 192.168.0.104 Broadcast ARP Who has 192.168.0.184? Tell 192.168.0.104

なぜこんなにARP要求を飛ばしているのだ?この2台は。
延々と飛ばしている。
そういうソフトがあるのか?
ウイルスか?
謎。

ーーーーーー
やはりウイルスでした。115と104の人。
でも
「ARPパケットが異常に多いのが原因(遅延を起こしていた)じゃん」
そりゃ違うだろ。秒1のARPパケットで100MbpsのLANが滞留してどうする。
「ARPテーブル書き換えるウイルスじゃないー?」
違うだろ。ARP応答じゃないよ。ARP要求だよ。
いまどきスイッチングハブなんだからサブネット内のブロードキャストのパケットしか拾えないだろ。
ARPは無差別にホスト探してる結果のARPパケットだろ。

が、それ以上のスキルがない自分も情けなし。
要勉強。
  1. 2004/07/22(木) 18:22:35|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

今日の疑問

・「参画」の対義語

・敬語の問題
「XXX頂'き'ますようお願いします」と
「XXX頂'け'ますようお願いします」は
どちらが正しいのか、どちらでもいいのか、使い分けるのか。
私は前者と思っていたのだけど、最近後者な人もよく見かける。
  1. 2004/07/21(水) 23:45:37|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

超熱帯夜って何だよモー。


どうも最近どこのサイトも天気予報が見にくい。
asahi.comの天気予報を愛用していたのだけど、最近嫌い。
ので最近はgoo天気予報Weathernewsだ。
基本的に天気にはあまり興味がないのだ(じゃあなぜ見る?)。
気温が見られればいいのだ。
現在の気温を見て頭を垂れてゲンナリし、(気温の)週間予報を見てハァ~・・、と溜息をつくために見るのだ。

これだけ暑い中、高校野球なんてよくやってるな。
その昔、自分も炎天下の中で応援のため楽器を吹いていたような気がするけど、今やったら5分で死ぬ。一刻も早く負けろと願うに違いない。
まあ、母校はヨワヨワであったため、毎年良くて数試合だったけど。


だれかイスラエルの暴走を止めてくれ。


相変わらずののちゃんには教えられる。
パイナップルを食べるとどうして舌が痛くなるの?(asahi.com ののちゃんと不思議玉手箱)
舌が痛くなった経験がない、ということは自分は缶詰パイナップルしか食ったことがないのか??
どうでもよいが、最近ののちゃんの言動が生意気になってきているような気がするのは私だけか?


DAYS JAPAN8月号
特集:アメリカの戦争
特集は、まあいいや。
中村征夫の写真がまた良い。元々海はあまり好きではない(怖い)のだけど、海に潜ってみたくなった。
割礼・・・。普通の人からすると気持ち悪い、胸クソ悪い。
伝統、というものには良い面と悪い面があるけど、悪いほうの最たるものだろう。


iPodの新しいのがキター。
欲しいのはminiじゃなくてその次。
手元にあるのは2代目iPod。
バッテリーの持ちは悪くなり、リモコンの接触も悪くなり、時々数日間仮死状態に陥るのだけど、よく頑張っている。
高かったけど、値段分はすでに働いてくれている。
ここ数年で投資対効果が最も高かったものかもしれない。
完全に壊れるまでは使い続ける。


朝、会社に行く準備をしていたら電話が一回だけ鳴って、止まった。
びびって、

ポルターガイスト!?

と思ったが、それは通常、

ワンギリ

と呼ばれる。

  1. 2004/07/21(水) 13:19:53|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

クライバー

死んじゃった。
合掌。
生演奏聴けなかったなぁ。

私がクライバーの演奏で一番好きなのはベートーヴェンの4番なり。

という日記が今日は巷に溢れることであろう。
  1. 2004/07/20(火) 13:32:18|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「尾崎放哉 句集」

「尾崎放哉 句集」

えぇと、やっぱり詩や句は苦手系。
小説と同じように読んでしまい、味あわない。
それでも気に入るというか、来るやつもあるわけでなかなか。

これもたまたまWebで見かけたか、尾崎放哉 というキーワードだけ目についてamazonのショッピングカートに入れっぱなしになっていて、ようやく購入。
あれです、「咳をしても一人」の人。

たまたま期せずして「草の花」と(とらえかた、感じ方は全く違うけど)テーマが同じだった。

友の夏帽が新しい海に行こうか

あんまり放哉らしくはないのだけど、季節柄もあり気に入った。
  1. 2004/07/20(火) 02:10:54|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ざっき

大嫌いと最近書いておいて何だが、SPA!をパラパラと眺めた。


なんだこのボーナス額は!


なんだオレのボーナス額は!


オレはダメ社員か!?



ふーん。あんなもらってるやつもいるんだー。
とりあえずあれが全員だと思われたら困る。
営○で成績いかったり、I○○Sにいるともらえたりするのかねー。
あれ、まてよ、給与体系も全然違うのか?そういう所とは?

まー自分のやったことと対価は同じになるように(どちらも)がんばろう。

  1. 2004/07/20(火) 01:33:46|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

あ、

少し遅くなったが誕生日オメデトウ

>広末涼子

じゃなくて、

>ザ・グレート・サスケ

でもなくて、

>歩N

ネトゲ廃人からそろそろ脱却して早くスーパーSEになりたまへ。
  1. 2004/07/19(月) 21:16:12|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「構造化分析とシステム仕様」

トム・デマルコ(著)高梨智弘/黒田純一郎(監約)
「構造化分析とシステム仕様」

えぇと実際には読み終わってない。明日読み終えるという自分の追い詰めのために。
そしてあまり業界本は書かないことにしているのだけど、なんとなくこれは書いておく。

この本ははっきりいって古典なのだ。
本の帯にすら

「ソフト開発の永遠の名著」

と書かれるくらい。
え、そんなに古いのかって?
古いさ、プラトンとかアリストテレス並みさ。
出版するなら絶対、

岩波文庫

だと思うのだけど、残念ながら日経BPだ。
なんてったって、原本の出版が、

1979年

だ。
・・・たったの25年前だ。

それだけ(コンピュータ)システム開発の歴史は浅い。
浅いのに次から次へと、新技術、新らしいメソドロジーが出てくる。
「構造化分析~?」、そんな

化石のようなメソドロジー

使ってられるか、

UMLでRUPでアジャイルだぜ

なんて人にお勧めな本。

ってゆーかそういう自分が目から鱗だった。
モデリングの本質、真髄の1つはやっぱりここにある。
本質は変わらないのだ。
ってゆーか、ようやくこの本でDFDのなんたるかが分かりそうだ。
はっきりいって某社のAで始まりGで終わるメソドロジーもほとんどこれの焼き直しじゃん。(異論があるのは分かる、そしてそれは正しい。あれはあれで偉大なり)
某社の途中にDSが入るメソドロジーが良く分からなければこれを読めばいい。
そりゃ世が世だからER図の話はないし(でも同じような概念は扱っている)、今読むと「フフン」と笑っちゃうようなところもあるのだけど。

こういうのも読まないでシステム開発していた自分が恥ずかしい。
#まあアプリはほとんどやってないからあんまり関係なかったと言えばなかったのだけど
これ読んだら、もう一回ADで始まるメソドロジーも読んでみよう。


そう、デマルコ。
最近はピープルウェアとかゆとりの法則とか、熊と踊るとか(全面的に正しく、賛成なのだけど)ちゃらい文章で理想主義な(?)本ばかり書いているのだけど、なんといってもデマルコのDFD、DFDと言えばデマルコなのである。偉大なり。

いや、久しぶりにこういう本で興奮している。ので文章めちゃくちゃ。
  1. 2004/07/19(月) 03:06:45|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ざっき

今日はこれまでの猛暑が嘘のように快適な気候だった。
風も爽やかで朝の空気はおいしかった。
日中もシャツ程度でちょうどよい感じで、暑くもなく寒くもなく。
通りかかったオープンカフェでは外でお茶をしている家族連れや本読んでる人達もたくさんいた。自分もそうしたかったのだけど、時間がなかったのでできなかった。残念。
これを書いている今は窓を開けているとちょうどよい感じで、なにげに虫の声など聴こえてきていい感じなのだ。


以上、期待日記。

暑いぃぃぃぃ。
  1. 2004/07/18(日) 02:45:37|
  2. 日記系
  3. | コメント:2

プロジェクト人間模様

昨日は日も変わりそうな時分から飯を食い(飲み)に。
最初の面子は私、リーダーK村氏、リーダーK藤氏、T嬢。
メインテーマはT嬢の愚痴発散ガス抜き。

T嬢とリーダー○氏の確執は一部ではもはや自明となっているのだ。
T嬢もだいぶガスは抜けたのではなかろうか。

プロジェクトでは心身共にいろいろ辛いことも多いのだけど、何が一番辛いかって、人間関係の問題であることは間違いない。
これがうまくいっていれば少々の辛いプロジェクトは乗り切れるのだ。

どうでもよいが、このプロジェクト、弊社のメンバーは若い人が多い。
2年生、3年生が山のようにいる。しかもなぜか女性が多い。
皆大変そうだけど頑張っている。
っていうかそのくらいの時にこういうプロジェクトに入れるのは心底羨ましい。


で、T嬢、話していると全く見かけ、それまでの言動(「冬ソナ最高っす」等)からは想像できなかったのだが(←偏見)、会社に入るまでずっとピアノをやっていたことが判明した。
ショパンかベートーヴェンあたりかと思いながら「何弾くのー?何好きなのー?」と聞いてみると、「バッハ大好き」だそうだ!
ナイス。
「平均律弾けます」「イギリス組曲弾けます」「フランス組曲もいいですねー」との言。

メチャメチャ羨ましい

「インベンションとかなら今からやっても弾けるようになるんじゃないですかー」
との無責任な(?)発言に妄想は膨らむ。



ついでにもう一人紹介しておこう。
多分このプロジェクトでは唯一の同期K子嬢。
最近では「100万語」というニックネームがついている。
とにかく矢のようにしゃべる。そしてよくしゃべる。そして怖い・・。
ニックネームの由来は要するに「彼女は一日100万語しゃべらないと気がすまない」ということから来ているわけだ。
それを聞かされるほうは「ヒアリングマラソン」と名づけられた。

彼女とはこのプロジェクトで初めて一緒に仕事をしているわけだが、彼女はいろいろと有名で「XXXさんがK子嬢にやられたー」等々、彼女は恐ろしいという
多少の先入観を持っていた。
実際一緒にやってみると、いや、立派なものだ。
まじめすぎなくらいまじめなのだ。
少し学ばねば。
が、やはり彼女との直接対決は避けたい。
  1. 2004/07/17(土) 16:07:43|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

初体験

今日もタクシーでご帰宅。

選び抜いた(?)個タクはよい乗り心地であった。
社内はラジオがかかっていて、最初はなにやらクラシックか何かがかかっていた。
途中ぼーーっとしていたのだけど、ふと気がつくと、どうもラジオではおばさんらしき2人の会話が聞こえる。
よく聞いてみると、どうも

料理番組らしい

ラジオで料理番組!?
ネタ(?)かと思ったけど、聞いていると
「はい、白菜を水で洗います~」
ジャー(←水の音)
「まー野菜が生き返るようですね~」
てな会話が繰り広げられていた。

もしかすると一般的(?)なのかもしれないが、少なくとも私がラジオで料理番組を聞いたのは初めてだった。

しかも深夜に

誰が聞くのであろうか。

最後には、ラジオで

「では頂きましょう」

モグモグ

「結構なお味ですね~」

などという映像無しの会話が繰り広げられるのかと思ったが、残念ながら時間切れとなってしまった。
しばらく忙しそうだから、また巡り合えるかもしれない。

  1. 2004/07/16(金) 02:45:41|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

職場に冷蔵庫があるのはうらやましい。
まあ・・プロジェクトルームに冷蔵庫があっても大変なことになるだろうけど・・。
想像してみる。
人数50名程度に冷蔵庫1つ。
「これ、だれの生茶だーー!」
「あーあたしのQooがーーー!」
「どれがオレの水だよー20本くらい並んでるぞ・・」
やはり無理か。
コーヒーメーカーが欲しい。それがあるだけでどれだけ金が浮くか考えるだけでも(日々の浪費が)恐ろしい。


遠き異国の地より手紙が届く。
早く返事を書きたい。
えいご・・・・。


いかさんちの実家(三条市)が・・「奇跡的に運良く」床下浸水らしい・・。
ご家族は無事なようで何より。
まだ雨降るそうですのでお気をつけを・・・。


今日は珍しくETC付きタクシーだった。
慣れたものでそれなりなスピードですーっとETCゲートを通過したのだけど、慣れない身にとっては「うわぁぁゲート開かなかったらどうなるんじゃー」と少しヒヤヒヤした。

このところ体調の不安もあり、仕事はセーブしているのだけど、そうも言ってられない気がしてきた。
相変わらずみっともない顔はしているが、もう少しペースを上げてみるか。
気分は、

「界王拳のレベルを上げる孫悟空」

だ。

  1. 2004/07/15(木) 01:11:12|
  2. 日記系
  3. | コメント:2

ざっき

ちょっと今日は涼しかった(?)ので、猛暑の間隙をぬって今シーズン最後と思われるお茶などを入れてみる。
今シーズンって何だ。

お茶あはやはり玄米茶である。
  1. 2004/07/13(火) 00:57:24|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「草の花」

福永武彦「草の花」

以前のお勧め本読むシリーズの続き。また周期到来か。
○さんのお勧め。
伏せることも無い気はするのだけどなんとなく。

この本も基本的には電車や喫茶店で読んだのだけど、最後はベッドに横になって読んでいた。
残り数ページの辺りで、どうやらうたた寝してしまった。

夢の中で残りの話が展開され、いつしか自分が本の主人公になっているような感じの夢だったような気がする。
起きた時には具体的な内容の記憶はなかったのだけど、それは恐ろしい、夢を見た。
恐ろしいというのとはちょっと違って、他にもう少し適当な言葉もあるけど、とりあえず恐ろしい、に代表させることにする。
目が覚めてからしばらく動悸が収まらなかった。

そのくらいどこか美しさを湛えつつも、普通の人には、少なくとも私には圧倒的に恐ろしく、寂しい話だった。
その他いろいろ思ったけど割愛。

こういうテーマでこういう、というかここまで衝撃を受けた本は初めてでした。
どうもでした。

  1. 2004/07/12(月) 22:45:42|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

初めての・・

えぇと、書くのは非常に恥ずかしいのだが、この歳になって生まれて初めて選挙にいった。
あぁ・・。

今まで行かなかったのは、まあいい加減だから、というのが一番大きいのではあるけど、他には実際にするかどうかは全く別の話として、自分の入れたのと違う立候補者に入れた人とディベートする知識も根拠も無かったのが大。
まあ今回なら「イラク自衛隊派遣反対、よって自民嫌」だけで決めるのはあまりに短絡的ではなかろうか。(いや、もちろんそれだけで理由になる人がいてもいいと思う)
そんなくらいなら行かないほうがいい、という傲慢な姿勢であった。
国民として怠慢か。
といって今回満足するほど勉強したわけでもない。
怠慢。


まあいいや。

久しぶりに学校の体育館という所に足を踏み入れた。
とても不思議な感じがした。
当たり前かもしれないけど、体育館ってどこもほとんど同じなのよね。
なんだかいろんな記憶がよみがえった。
一番昔の体育館の記憶はママさんバレーの練習を見に行ったことかな。
いつ頃の話かすら思い出せない。
小・中は(これでも)運動部だったのだけど、屋外だったし、体育館での体育の授業はなぜかあまり記憶がなく、私にとっては体育館はどこかハレの建物なのだ。


テレビで開票速報をやっていた。
昔から当選者が一同で万歳するのが気に食わない。
あのーまだあなた方は何もしてないんですけど・・。


てなことを思っていると、最初は「用語の問題だけでしょ?」とか思わないでもなかった、業界用語である「カットオーバー」と「サービスイン」の用語の使い分けって外から見ると結構大事なんだなとか思った。
ふむ。



  1. 2004/07/11(日) 23:49:15|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

梅雨

雨の音で目が覚めた。
#要するに昼まで寝ていたのだ

梅雨の雨は嫌いではないのだけど、こんなどしゃぶりでは風情のかけらもない。
しとしと降っていただかないと。

梅雨の風景で今も覚えている記憶がある。
多分、家族でドライブかなにかした時のものなんだと思う。
記憶というよりそこだけ切り取られたような空気の印象だけ。

お寺か何かだったと思う。梅雨の雨に濡れた深い緑の印象だけあるのだ。
生い茂った木々と、石にしっとりとはりついた緑の苔。
そして多分、雨が降っていた。
とても静かだった。
その絵と緑の匂いだけははっきりと覚えている。

ほんとうは誰と行ったか、どこだったか、そして梅雨だったのかすらちゃんと思い出せないのだけど。

私にとって梅雨の風景とはあじさいでもカタツムリでもなく、その風景なのだ。
悪くない、とても穏やかな風景なのだ。
だから洗濯物が乾かなくても、傘持ち歩くのが面倒でも、梅雨は嫌いじゃないのだ。

あぁ、でもでかけるの面倒だな、雨ヤメ。

  1. 2004/07/11(日) 12:50:33|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

むずかしい

複雑過ぎである>PHS、携帯の料金プラン。

そもそもコースが多いし、オプションとかいろいろあるし、どれが使えてどれが使えないやら、どれが一番安いのだー。

AirH"を愛用しているのだけど、A&B割引なんてものがあったのか。しまったぁ・・・。
あれ、もしかして今までのだとデータパック(?)割引だったから駄目だったのか。
今は京ぽんのつなぎ放題コースだからデータ割はないはずで、駄目なのか。
とりあえずA&B割に申し込む。
というわけでちゃんと理解してない自分が一番駄目なのか。

でも多分この世で一番複雑な(商品の)契約は保険契約系。
特に生保の複雑さ(を少し垣間見たのだけど)凄まじい。
そもそもプランがいっぱいあって、くそ複雑な条件によって特約がついたりつけられなかったり、家族構成で変わってみたり、年齢ももちろんだし、また保険料もいろんな条件で変わるし、一度契約したものは(そういうコースで続ければ)ずっと死ぬまで維持しなければいけないわけで、もっとシンプルにせい、と言いたいが、でも保険商品の競争力って保険商品の内容なわけで、どんどん新しい商品が作られて、それは制度によっても変わったりもするわけで、それこそ山のように数があって、システムではそれらの管理、維持はもちろん遡及処理とか(あぁ考えるだけで恐ろしい)まで考えなくちゃいかんしハァ・・なのである。
#今は生保の仕事じゃありません。
みんな良くあんなののシステム作ってるなぁ。

--
  1. 2004/07/10(土) 16:00:17|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

人に聞くと意外と多いので結構ふつうなのかもしれないけど、だいたいどんなに遅く帰ってきてもしばらく眠れない。
もちろん帰ったらバタンキュー(死語)という感じの例外の日もあるのだけど。
遅いんだからそれこそ早く寝ればいいのに、ぼけーっとしたり、本を手に取ってみたり。
いや、別に不眠症とかではないのだ。
そうでない人にはあまり考えられないのかもしれないけど、だいたいこういう人はそうしないと寝るモードにならないのだ。
プライベートな時間は必要なのだ。

だから何なんだ、なのではあるけど、結構そういう人は多いのだなと知った。
  1. 2004/07/10(土) 05:29:33|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

う、む。少々忙しい、そして少々疲れた。

そのためかどうかは不明というか、そういうののせいにしてはいけないのだが、今日のお客へのちょっとした説明は要領を得ず、オブジェクションハンドリングもイマイチで自己嫌悪。

がー。

大きいプロジェクトに入ると小さいプロジェクトではなかなかお目にかかれない、弊社の重鎮や大御所や神なども登場し、あぁ、世の中すげー人はいっぱいいるものだ、っていうかスゴスギ、と感心してしまう。
感心している場合ではないのだけど。
なんだ、この仕事、思ってるよりずっと奥が深いじゃないか。思ってるよりずっと知的じゃないか。思ってるよりずっと難しいじゃないか。
まだまだやれることはある(当然)、まだまだ楽しめそう。


東京というところは概して嫌いで、楽しい仕事と満足な音楽環境があればすぐにでもどこかに行きたい(いや、まあみんなそういう類の物を求めて東京なんかにいるんだろうけど)。
けど、まあ、「あぁ、今日も一日終わった~」、という安堵感に包まれて乗ったタクシーの窓から眺める首都高からの東京の夜景は嫌いではない。
  1. 2004/07/08(木) 20:31:01|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

1年以上ぶりに悲愴を聴いた気が。(違うかも)
ここ数日で悲愴を数十回聴いたような気が。

基本的にはIオケでやるからなのだけど。

個人的にはちょっと不思議系曲。
時に非常に嫌いな曲。時にずっと聴いていたい曲。
なんとなく分かる人もいるんじゃないかなぁ。

  1. 2004/07/07(水) 00:47:55|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「シュガータイム」

小川洋子 「シュガータイム」
  1. 2004/07/05(月) 17:50:19|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。