誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

持ち帰り事項調査

例の主婦が重そうな物干し竿をスナッチするCMファイテンのものでした。
製品は見てないので相変わらず何の会社かよく分かってないのだけど。
CMもばっちり見られます。
おやじダンボール篇は知りませんでした。

このCM見て思うのが、微妙に感動仕上げになっている(のだよな?)のは音楽の力であるということ。
このCMって音楽違ったらいくらでもコミカルな印象にもできるな、と。
多分、この曲を他の映像に当てはめてもあまり印象は変わらないけど、この映像で他の曲にすると全然印象違うだろうな、と。
偉大なり、音楽。
ちなみにこの曲はCMオリジナル(なぜかMainichi Interactive)だそうで。

よく見るとスナッチし終えた後も物干しに乗せるためには高さが足りない罠。
スポンサーサイト
  1. 2004/03/31(水) 19:54:37|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

Nとディナー

いや、なんのことはない、歩行人間Nと社食で飯食っただけ。
いつもの420円定食。私はフリカケを付けるので+20円。
小鉢が追加できるのでなんとなく昼よりゴージャス。
ここのビルの食堂のおばちゃんは愛想がよくて好感度が高い。

今日の他愛のない会話集。

う「3月も終わりっすよ。1Q終わりっすよ。お、明日は年に一度のあれっすなー。今からネタ作らなきゃ」
N「あーそうねー」
う「シンプルにあれにすっか、何だっけ"この文章はウソです"ってやつ」
N「あー自己矛盾ねー」

N「似たやつであれがあるよね、"正直村"と"うそつき村"」
う「なんだっけー」
N「
  1. 2004/03/31(水) 19:35:11|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

ADSLの機嫌が直ってきた。

----

PCでマルチメディア系ファイルを実行する度に、RealOne PlayerとQuick TimeとWindows Media PlayerとiTunesがデフォルトプレーヤーになろうと覇権を争ってくれる。
うざい。

  1. 2004/03/31(水) 00:33:28|
  2. 日記系
  3. | コメント:3

ざっき

また雨かー。
桜散るじゃないか。

  1. 2004/03/30(火) 17:27:49|
  2. 日記系
  3. | コメント:1

ざっき

昨日は某会社オケの代吹き。
やはりラフ2は微妙な曲である。
・・・
乗らなくて良かった
・・・
よく止めよくしゃべる指導者で微妙にストレスフルであった。
止められるのはオケも悪いが。

  1. 2004/03/28(日) 23:37:30|
  2. 日記系
  3. | コメント:1

ざっき

相変わらずADSLの調子が悪いんじゃー。
ダウンロードしたい巨大なものがあるのに。

----

お。うちにも初めてきたぞ、振込み命令メール。
わたしは「らぶげっちゅ」という有料サイトを使ってしまったらしい。
大変だ。
それの延滞で5万円も払うらしい。
さらに大変だ。
「先日、このxxxxx@xxxxx.xxx.ne.jp(伏せても意味はないが)の電子メールアドレスから調査を行った所、IPアドレスを割り出す事に成功しました。このまま入金確認が取れない場合、引き続きIPアドレスから所在調査を行い、」
メールアドレスから何のIPが分かるんだっちゅーの。
IPアドレスから所在も分かるらしい。ふーん。(まあ普通無理)
そのうち訪問してくるらしい。

----

久しぶりに会社のワークショップ資料など眺めてみたのだけれど浦島太郎状態で愕然とする。
どうしてもプロジェクトで半年とか一年かかりっきりになってしまうと世の中について行けなくなる現場者の悲しさよ。
ほんとはそれじゃいかんのだけどねー。でもねー。
来月からしばらくキャッチアップ期間だなー。

----

<会社ネタ>
usのw3がえらいかっこよくなっている。
ポータルとしてかなり気合が入っている。
jpはしょぼい。
やはりアルファベットは(形状が単純なので)フォントが小さくても見やすいし、(文字の数が少ないので)フォントが豊富なのがでかいよなー。
根本的なデザインもアレだが。

----

見慣れるとほのかに今のデザインも悪くないと思う私。
麻痺しただけとも言う。
  1. 2004/03/27(土) 22:44:00|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

昨日からうちのADSLの調子がすこぶる悪い。
原因不明。前も一度こうなった。そのうち直るだろう。

----

i○kを作ったアホでマヌケな開発者に読ませたい。
Learn techniques for building better DAOs
っていうか概ね常識だろー。

----

昨日はJBとお好み焼きを食べに行った。
が、さんざん彷徨った挙句、お好み焼き屋は発見されず。
しま○氏が教えてくれた店はあったが予想通り外れっぽかったので却下。
しかたないのでアジア料理屋で苦しくなるまで飲み食いし溜飲を下げる。
すぐ後から来るはずだったすぎさまは516に捕まって来れなかった模様。ナム。
焼酎2杯でヘベレケ(死語)になる。
前向きな愚痴の応酬で楽しかった。

JBキーワード追加"へび"

----

さがしもの発見
  1. 2004/03/26(金) 10:57:38|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

かすたまいず

さすがに日記のデザインが飽きてきた。シンプルで嫌いではないのだけど。
カスタマイズの練習を始める。ってCSSいじるだけ。

いや、だから練習だってば。

自分でも趣味がいいとは思ってないってば。読みにくいし。あーまじで読みにくい。
よって言及禁止。近日変更予定。
期待薄だが。
  1. 2004/03/25(木) 19:08:16|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ざっき

うむ。
ついに自事業所が館内半完全禁煙になった。25Fあるビルに喫煙所は一部屋。
うーむ。ついに禁煙か。
#社長がヘビースモーカーという噂がまことしやかに流れている。

----

またか。こんどはアッカ。
アッカ・ネット顧客情報流出、100万人超の可能性も(nikkei netから)。
最低限必要な情報以上のものを簡単に提供してはいけない。
500円の商品券もらってもねぇ。

追記:今のところアッカ自体は201名分の流失しか認めてません。
お客様情報の流出に関するお詫びとご説明

  1. 2004/03/25(木) 13:23:07|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「DAYS JAPAN」

DAYS JAPANの創刊号を読んだというか見た、というか。
フォトジャーナル誌。
どういう内容かと言えば、上記リンクを見れば分かるのだけど、
・特集『大義なき戦争』
・戦場のフォト・グラファー/ チェチェンの子どもたち
・“Woman's Report”/ パートナーからの暴力
・ドキュメント日本列島/ハンセン病元患者達の闘い
とかで、だいたい想像がつくでしょう。

写真で語ることの威力。
表紙がいきなり衝撃的で(上記のWebサイトにあるやつとは違う)、ページを少しめくると、少し引いたところからの同じ写真があって言葉を失う(しかない)。

他の人がどこまで知ってて、どういう想像をしているのか知らないのだけど、イラク戦争ではIraq Body Countによると今日現在で、最低8776人、最大で10625名が犠牲になっている。
劣化ウラン弾やクラスター爆弾を使用することの残虐性、業の深さを知ったのも割と最近である。
あー無知である。

ハンセン病のこともよく知りませんでした。
あー無知である。

まあいいや。中規模以上の書店にはあるようなのでとりあえず眺めてみても良いのではないでしょうか。
こういう雑誌が潰れないで欲しいものだ。


いかん。続けて重いものを読みすぎた。
ので、すぎお○さんに教えて頂いたバカサイト(あまりにバカで下品なのでリンクは張れない。ア○○○○○スタァ)を見て均衡を保つ(何の)。

  1. 2004/03/24(水) 21:30:57|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

「ワイルド・スワン」

ユン・チアン/土屋京子(訳)「ワイルド・スワン」

これも複数人から薦められた。
一人は昔から何度となく読んでいるという。
っていうかベストセラーだった本ですね。

抗日戦争とか文化大革命とかあった、おおよそ前世紀(か・・)に渡り、著者と、その母と祖母の、三代にわたる生き様を中心に描いたノンフィクション。
基本的にはひたすら悲惨な世情が割と淡々と描かれている。
そりゃそうだ。こんな内容、山崎豊子ばりに書いてあったら、何十冊にもなってしまう。

あーもー感想か書きようがないというか、今まで読んでなかったのが恥ずかしいというか、そんな感じ。

これ読んで、あー今の自分の境遇はなんて恵まれているんだ、と考えるのはそれはそれで良くて、でもまあ、ほんとに今の時代がいいのか、というのを考えるのもそれはそれで良いのだと思われ。

こんな本も知らない私に教えてくれた方々、サンクス
  1. 2004/03/24(水) 00:40:06|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

うーむ

いや、まあ、何も書くことがない日だってあるさ。
  1. 2004/03/23(火) 17:18:28|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「ゆで卵」

辺見 庸「ゆで卵」

さいこ○さんのメールで書名だけぽろっと出てきて覚えていたのと、古本屋にあったのと、あとがき(?)見てなんとなく読もうか、と買った。
内容的にコメントしづらいが、著者の本で読んだ3冊の中では一番好きであった。
(問題か?)


ついでに週末「夏子の酒」を再読。
私的アッパー系読み物である。
夏子の酒に限らずみのり伝説とか尾瀬あきらの本は好きである。

  1. 2004/03/22(月) 13:08:14|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ざっき

合掌。

  1. 2004/03/21(日) 21:57:44|
  2. 日記系
  3. | コメント:3

ざっき

読書欲低下中。
あ、いや、いいのだけど。
もともと読書欲は周期的にやってくるので、その周期が終りつつあるだけ。
今読んでる2作品でとりあえず今回の周期は終わりの予定。
でも薦めてもらった本は、ぜったいいつか読みます。>お薦め頂いた方々
もう買っちゃってるのもあるし、amazonのショッピングカートに入れっぱなしのやつもあるし。

代わりに別欲求上昇中。
これはこれでよかろう。
あーこれはこれで本読むのだけど。

----

ミーティングが新宿駅近くの某社ビルの31Fであった。
今日は天気もよくて東側を望む窓からの景色はよかった。
いつもは低層階に押し込められているので窮屈感ありまくりなのだけど。

----

amazonのぞいていたら、白い巨塔がトップ10に入っていた。
今週でドラマは終わりだったからだろうか。
ってドラマは一度も見なかったのだけど。

  1. 2004/03/19(金) 13:48:46|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

気分転換にデスクトップのデザインとか壁紙かえてみたり。
ついでにメールの整理も兼ねてメーラーをMozilla Thunderbirdに変えてみる。
もともとMozillaのメーラーだったのでほとんど変わらないのだけど、ちょっとかわいい。

ブラウザは最近は専らOpera
Operaでは見られないクソサイトは仕方なくMozillaで、それでも見れない凶悪なクソサイトはIEで。
#某社内サイトがIEでしか見られないのは許せん。

----

なんだか今日は天気も悪いし気分的にペルト(Arvo Pärt)を聴く日。
いや、そういう気分だから聴くのだけど、どうも消化不良な作曲家。
好きなんだか、そうでないのかよく分からんといえばよいのか。
ペルトはsummaとarbosのCDを持っていて、summa聴けば何かこう、ちょっとさわやか~みたいな感じで、arbosに入っている歌聴けば、妙に落ち着いた気分にはなるのだけど、変な不思議な曲が多いのである。
いつかどこかで聴いたことがあるような音、という感じ・・?
ってどういう気分なんだ。

まあ独特の響きに身を浸すでよいか。

----

やっぱり英語力なしーーー。
今年はTOEICも受けなおそう。(受ければ英語力が上がるわけではない)
目指せ○00点(弱気)である。
お手伝いサンクス>○ぎおか殿。
さすが赤い頭髪は伊達じゃないぜ。


  1. 2004/03/18(木) 10:44:19|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

.ウェーバーの主題による交響的変容

この曲に市民権を1

(金の斧、銀の斧風)
「あなたが好きなのは"画家マチス"と"ウェーバーの主題による交響的変容"のどちらですか」
「ウェーバーの主題による交響的変容です」
「ぶー。失格。さようなら」


私はウェーバーバリエーションのほうが好きなのだ。
いや、画家マチスが嫌いなわけではないし、いつかやりたいのだが。
なぜみんなウェーバーバリエーションをバカにするのだ。
そりゃ2楽章はちょっとバカっぽいし、4楽章は野球応援風(←こう思うのは私だけか?)だけどさ。

私の中では「3大オケ曲」の1つな曲。
何の3大かって、「小難しくなく、何も考えずにお気楽に聴けて、あぁ、オーケストラってたのしくて、かっこよくて、美しく、オケっていいなぁ、と思える曲」だ。
ちなみに他の2曲は、ドヴォルザークの新世界とバルトークのオケコン。
次点がオルガン付き。

久しぶりにヒンデミットを聴いて思った。

----

最近の愛聴盤はブロムシュテット/サンフランシスコ響である。
画家マチスは最初、バーンスタインのばかり聴いていた。
この副作用により、画家マチス3楽章の最後の金管の強奏の前に「ヌァー」という唸り声がないとどうもしっくり来なくなっている。

  1. 2004/03/17(水) 11:28:59|
  2. 音楽系
  3. | コメント:0

ざっき

砂塵舞いまくる風の強い日。空気がぬるい。

昨日英語云々書いたのは、分からないのが、じゃなくて調べれば分かるのにそうしないのが何だかなぁ、と書きたかっただけ。

はい、いい歳した中堅(か?)社員はちゃんとそういうのも指導してあげるのがあるべき姿なのでしょうね。
今は余裕ないから無理でーす。

私的にはPDIC英辞朗は必須。
必要十分な情報量とうざくないUIと機敏な動作で使い勝手がよい。
ちょっと調べたいときにWebの辞書は面倒。
あれ、英辞朗、有料になってたのですね。

----

感染するとかなり恥ずかしいウイルスが流行ってるようです。
どうしてもexeをクリックしてしまうのですな。
ここ読む人でWinny使ってる人はいないと思うけど。

  1. 2004/03/17(水) 10:57:39|
  2. 日記系
  3. | コメント:1

ざっき

(たいした量ではないのだけど)英語の和訳に苦労する。
どうやっても訳せない文があって、自分の英語力の無さを嘆いていたら、もとの英文を準備した新入社員の罠であった。
見直してみると罠は随所に仕掛けられていて、調べなおし。
がー。
しょうがないよね(たぶん)まだ一年目だもの(たぶん)、
case sensitiveを"細かくなった"、とか訳してもしょうがないよね(たぶん)。
英語については他人のことは全く何も言えないのでやめよう。

そんなあなたはもう7年目を迎えようとしている・・・。

----

英語に飽きたので、そろそろ別口で調べないといけないネタを少し調べ始める。
チュートリアル見ながらごそごそ。
へー。意外と面白いなぁ。
実際にやるとそれはそれで大変なのだろうけど。

ん。メモリリークネタが。
もう少し早くしっていれば役にたったかもしれない。
知ってて損はなさそうだから読むかー。

----

今日は調子が悪い、もう寝る。
許せ夜間作業者達。

  1. 2004/03/16(火) 14:59:21|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

風邪をひいた。
鼻がでる。
熱は全くない。
風邪だってば。
目も少しかゆい。
だから、風邪だってば。
2,3日休めば治るって。

----

さすがにコートはやめた。
道に春っぽい花が咲いていたのだけど、何の花か分からん。

----

通販ネットに細工し虚偽特典で詐取、エンジニア逮捕(/.JP経由yomiuri on-lineより)。
イタイ。イタスギル奴だ。
ほんとにする奴がいるとは。
さて、どうやったらこういう奴を自分が関係するシステムで防げるか。
全部コードレビューするの?

  1. 2004/03/15(月) 10:58:27|
  2. 日記系
  3. | コメント:2

「沈まぬ太陽」

山崎豊子「沈まぬ太陽」(1)(2)(3)(4)(5)
アフリカ篇 上・下/御巣鷹山篇/会長室篇 上・下

200万部売れたベストセラーらしいのだけど、知りませんでした。あぁ・・。
複数人からいい、と言われ、
「不覚にも電車で泣きました」(Y子談)等のコメントも頂く。
JBから借りて、金曜に読み始めたのだけど、(1)を読み終わり、
「この本まずい、平日に持ち越してはまずい・・」
と思い週末ずっと読んで読了。

どこまでがフィクションでどこまでかノンフィクションか分からないのだけど、だいぶノンフィクション。
特に3巻1冊を費やして綴られる日航機墜落事故は事実に沿って書かれ、涙無しには読めない。
後は日本航空じゃなくて国民航空の腐った内情とそれに組せず行動し凄まじい冷や飯を食わされ続ける主人公の話。
主人公、恩地のモデルになった人も実在する。
ちろっとWebで見たら、やっぱり出版当時の反響は凄かったらしい。

日航機墜落は85年だから、小学生か。
事故自体はぼんやり覚えている、というくらい。
御巣鷹山篇は読んでて辛い。

そしてその他。
恩地、なぜそう生きられる。
人は概して弱く脆い。
もう少し強い人は、自分の目標、信念に通じるものであればかなりのことには耐えられる。
じゃあ、更に、良心だけで生きられるかと。(良心も信念の一部かもしれないが)
恥ずべきことをしないとか、そういう話ではなくて、すべて失っても良心だけで戦えるか、と。

・・自分には正直、恩地は無理だ・・

#なぜかJBは4巻までしか貸してくれてなかった。罠?
  1. 2004/03/14(日) 23:52:45|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ざっき

ホワイトデー企画らしく、食堂でキャラメルを配っていた。
これまた何年ぶりに食っただろう>キャラメル。
キャラメルを最後まで噛まずに食べる人はいるのだろうか。

----

スーツのポケット(の中)に穴が開いた。
足先から小銭が現われるという手品が可能となった。(うれしくない)

----

チーズバーガー法案ってどうなのよ。





  1. 2004/03/12(金) 18:07:55|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

フルートもいた

らっぱ吹くロボットを書いたが、/.JPによるとフルートもいた


わざわざ(ロボットでの)演奏上不利(?)になる肺まで作らんでも、とか思ったけど、意地か。
っていうか知らない曲だったけど、いい曲>モーツァルト フルートカルテット。
  1. 2004/03/12(金) 16:06:45|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

らっぱ吹きの休業

胸糞悪いニュースが多い日であった。

ロボットがラッパ吹く(asahi.comより)んだってさ。


とバカにしていたが、上記リンクの動画を見ると予想よりはるかに上手(ビブラート付き)だった。
#asahi.comは星に願いを、日経はラッパ吹きの休日(アンサンブル)

ロボットに吹かせるのすげー大変そう、と思ったが、弦楽器なんかよりはよほど簡単か。膜の振動に関するパラメータがあれば基本的に音は出せそうである。
むしろ出すだけなら凄まじいハイトーンとか出せそうである。
次はトロンボーンあたりが狙われそうである(←単純に見た目の派手さ)。

こういうニュースを見ると、いつも2種類の気持ちが交錯して困る。
一つは「ばーか、ロボットが芸術なんかできるわけないだろ。(かつそうあって欲しい)」
もう一つは「おーロボットもここまできたかー、すごいぞー、アホ垂れ奏者なんか駆逐するぐらいになれー」
いや、別に困らないが。
  1. 2004/03/12(金) 00:10:59|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

えんそうとは

今日のCLASSICAの日替雑記のジョナサン・カラー「1冊でわかる 文学理論」はなかなか考えさせられる。
文学の話じゃなくて演奏、の話。(引用から見る限り、本自体も面白そう)

基本的には演奏をするうえで(普通少しくらいは考える)「作品の"意味"とはなにか」の話。
変にまとめて書いても違う意味になりそうなので、上記リンクを読んで欲しい。
ふむふむ。

上記の話と似て少し非なる話で、(特にクラシックだと)その曲が作られた時の作曲者の境遇に始まり、社会的、文化的背景とかまで全て知らないと、その曲はちゃんと演奏できん、みたいな話がよくある。
そりゃ、例えばドボルザークのスターバト・マーテル(←とりあえず思いついただけ)が彼の作品にしてはあんなに暗い(そしてとても美しい)のは幼い娘を失った直後だからとか、知っていると知らんとではだいぶ違うのだと思うけど、やれこの頃のXXはYYの影響でZZZだったから、ここの音はWWWという風に解釈せねばならん、みたいなのはどうかね。
何事もバランスだとは思うのだけど、正直、そういうのが極端な人とか指揮者には辟易する。
そこまで言うなら、国籍バラバラのモダン楽器でやるな、とかね。
っていうか日本人がクラシックやるな、とかね。(すげー極論)

と言って全くそういうの知らないのもアレで、やっぱり適度に、という玉虫色な感じになってしまう。
#いや、自分は全然足りないのだけど

ほんとにいいのはそういう理論にも裏づけされた上でいろいろできるような演奏なんでしょうけどね・・。
  1. 2004/03/11(木) 20:34:14|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ミルクセーキ

昨日、ふとミルクセーキを作りたくなった。
えっとー、牛乳に卵入れて、砂糖入れて、火にかけて、もしあればバニラエッセンス入れれば完璧か。

ん?

火にかける?卵?
大変なことになってしまうのではなかろうか。
遠い記憶ではミルクセーキは温かい飲み物だったのだ。
が、Webで見ても冷たいのしかない。(そりゃそうか)

が、缶飲料で確かに温かいミルクセーキは存在する。
どうやってるのだろうか。

というか試さなくて良かった。
いや、試すのも一興だったか。
  1. 2004/03/11(木) 11:43:24|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「マルドゥック・スクランブル」

冲方 丁
「マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 -」
「マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼 -」
「マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 」

お薦めシリーズ第5。
グラン・ヴァカンスとおなじく、会社の先輩○るかわさんのお薦めの1つ。
#いや、○るかわさんからは文学モノも勧めてもらっているのだけど、気分的にSFだったので、こっちが先。

「SFが読みたい! 2004年版」のベストSF2003国内篇で1位だった作品(みたい)。

面倒なのであらすじとか書かない。
って最近はWebでちょっと探せばいくらでも見つかるし。
とにかく面白かった。
基本的にはハラハラドキドキ(死語)で最初から最後まで一気に読みたくなるのだ。
微妙な心理描写も秀逸。

どうでもよいのだけど、特にSFモノはそういう傾向があるような気がするのだけど、多くの登場人物の想像図というか外見を他の映画とかアニメとかの登場人物に当てはめてイメージしている自分に気が付いた。
他の人は読むときどうなのだろうか、と思ったりした。

ここのところのストレスフルな状況を癒してくれました。
#ストレスの元凶はまだ存在しているが。
サンクス。





  1. 2004/03/11(木) 00:43:46|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ざっき

ひたすら不毛な議論。
ストレスフル。
もはや単なる感情論である。
余計な人に余計なことを言うものではない。

  1. 2004/03/10(水) 12:17:22|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

ぬくい。

ついに恐怖の勤務制度が開始された。
裁○○○制度。
別名残○潰○。
決まったものに文句を言ってもしかたない。
こういうのは前向きに利用しないとね。

  1. 2004/03/09(火) 13:32:26|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

週末はぐでーん、だらーんと過ごしたのでネタがない。

あ、そうだ。
近くのスーパーでうまかっちゃんを見つけたのでものすごく久しぶりに食べた。
ウマー。
インスタントラーメンは好まないのだけど、これは好きなのだ。
東京ではあまり売ってない気がする。
調子に乗ってたくさん買ってしまった・・。


ついでに人があまり食べないもので好きなもの。
カルビーおさつスナック。(なぜオフィシャルサイトで見つからない?)
これも見つけると買い貯め。

  1. 2004/03/08(月) 12:52:18|
  2. 日記系
  3. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。