誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ざっき

昼食後とても眠たくなり、人の誰もいないだだっぴろい部屋の自席でうとうと。
半時間程。
なんだか久しぶりにいい夢を見た。
どんな夢かは覚えてないのだけど。
千と千尋を観たからか。
ずっと音信不通だった人から、今日、思いがけず久しぶりにメールが来たからか。

まだ眠い。


スポンサーサイト
  1. 2004/02/29(日) 15:06:57|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

今さらながら「千と千尋の神隠し」を観る。(ほんとに今さらである)
圧倒的な(アニメ)映像美。
自然の描写がほんとにきれい。
懐かしさを感じさせつつも独自の世界観。
水上電車(?)のシーンとかなんとも言えませんな。
リアルな豚。
ありがちではあるけども最後に髪留めが少しだけ光ってたりとか、イヤミでない細かい演出がいい。
観た後はとても爽やかな感じだった。

ただ、すべてを素直に感じられるほどコドモではなくなったみたいで(自分が)ちょっと残念。

観たのは初めてだったのだけど、主題歌のシングルはずっと前から持っていました。





  1. 2004/02/28(土) 23:19:11|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「峠」

司馬遼太郎「峠」(上)(中)(下)

お薦めシリーズ第3。
Y子のお薦め。
「これでも読め、オラー。セツネーぞ」(意訳)みたいに薦められた本。
彼女はそのヤンキー風貌、ミーハー路線に似合わず歴史モノが好きらしい。

幕末系歴史小説。
なんとなく幕末系は毛嫌いしていたのだ。
まず、根拠レスにミーハーな感じがしていた。
加えて、話になるようなものは、だいたい、新撰組とか、白虎隊とかそういう幕末のヒーロー悲劇譚(?)みたいなやつで、山口(長州)生まれにとっては、まあ、別に思いいれがあるわけでもなのだけど、どこか面白くないのだ。

で、峠。
幕末激動を生きた越後長岡藩の家老河井継之助のお話。
最後は官軍薩長がやっつけちゃって死んじゃうんだけどね。(←あんまりだ)

なんで激動の時代とはいえ、幕末の話がこれだけもてはやされるのだろう、と思っていたのだけど、後書きにあった以下に集約されているのだろう、と思った。

「人はどう行動すれば美しいのか、ということを考えるのが江戸の武士道倫理であろう。人はどう思考し行動すれば公益のためになるかということを考えるのが江戸期の儒教である。この二つが、幕末人をつくりだしている。
幕末期に完成した武士という人間像は、日本人がうみだした、多少奇形であるにしてもその結晶のみごとさにおいて人間の芸術品とまでいえるように思える。しかもこの種の人間は、個人的物欲を肯定する戦国期や、あるいは西洋にはうまれなかった。
サムライという日本語が幕末期からいまなお世界語でありつづけているというのは、かれらが両刀を帯びてチャンバラをするからではなく、類型のない美的人間ということで世界がめずらしがったのであろう。」

これを体現したのが継之助だったのだ。
海外にも精通していたが、彼はラストサムライ(←観てない)だったのだ。
その生き方は凄まじい。

またしても喫茶店で読み終えることになってしまった。
最後まで、特に終盤は割と淡々とした描写なのだけど、落涙しまくり。
しばらく顔が上げられなくて困った。
Y子の言う「切ない」とも微妙に違った感じなのだけど、うまく表現できない。

よい小説でした。
サンクス

----

Cafe de CRIEのコーヒーはあまりおいしくありません。

  1. 2004/02/28(土) 13:37:46|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ざっき

椅子に座っていた。
小さな丸いモノを口にした。
ぽろっとこぼした。(よくこぼす)
脊髄反射が足を閉じた。
小さな丸いモノは3秒ルールを適用することなく足に挟まれ救われた。
よし、まだまだいける、と思った。

----

昨日の夜は風もあり寒かったのだけど、今日は天気もよく暖かい。
梅の木にメジロのような鳥が戯れていた。(目が悪いのでよく見えない)
もうすぐ春ですなぁ。
ドトールで食事を注文した。
受け取ろうを手を伸ばすと「バチッー!」ときた。
冬と春の狭間のようである。

----

久しぶりに(仕事で)文章を書いた。
時間がなかったため、即席だったものの我ながら理路整然としない要領を得ない文、説明でヘコんだ。






  1. 2004/02/27(金) 08:40:02|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

うーーーん

頭を悩まし、生活を脅かしていた(言いすぎ)某23時間シフトの元凶となっていた障害の原因が判明したのだ。
それはメデタイのだ、とても。
これで今月で終れるはずだ、とここに書いてみるテスト。

が、原因が「分かってみれば、なんだぁ~」なのだ。
正直いって萎えたというかかなり(個人的に)落ち込んだ。

確かに今回の症状の出方、得られる情報からは多少、分かりにくいものだった。
否、分かりにくいのではなく、騙されやすいものだったのだ。

こういう時は、

考えなければいけないのは頭では分かっている。
それでも(結果的に)誤った推測に固執していたのだ。どうしても。

敗因を考える。

辺りになるのだろうか。

何はともあれまだまだ未熟なのだ。
反省。

  1. 2004/02/26(木) 01:19:15|
  2. 日記系
  3. | コメント:1

ざっき

ノートPC3台を自分を囲むように配置しての作業。
「うーん、ヤマトみたい」
と思っていたら、
「お、マトリックスみたいで、かっこいいじゃん」
と言われた。
歳の差か?

尚、作業内容は全くかっこよくない。

-
  1. 2004/02/25(水) 13:35:09|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

だいじょうぶかい・・

住基ネットの話が出たばかりと思ったら、ヤフーBB、470万人分情報流出…恐喝未遂で男逮捕(YOMIURI ON-LINEより)。
やっちまったかー>BB.すげー規模の流出だ。
もちろん漏らすほうが悪いのだけど、客、サービス提供者共なかなか難しい問題をはらんでいる。

  1. 2004/02/25(水) 00:47:05|
  2. 日記系
  3. | コメント:1

ざっき

第3次iPod増量中。

今日iPodにぶちこんだ曲
親愛なるヤナーチェクを2つ。親愛なるくせにオペラは利口な女狐しか知らない。


  1. 2004/02/24(火) 12:56:47|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

大学、楽器、会社、の先輩○津留さんは今仕事でサンフランシスコらしい。
セキュリティ系のConferenceらしい。
ブロムシュテット/コンセルトヘボウの演奏会に行くらしい。
席も安いらしい。
と、社内チャットで自慢された。

大学、楽器、会社が同じ○松さんは今日も仕事で新宿らしい。
製品系のトラブルに追われているらしい。
ブーレーズ/フランス国立の演奏をPCで聴いているらしい。
席も狭くて汚いらしい。
と、脳内で嘆かれた。

同じ会社とは思えん。うがーー。

---
  1. 2004/02/24(火) 00:10:57|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

うらおもて人生録

色川 武大「うらおもて人生録」

この作家を知った経緯はちょっと情けないのだけど、某少年マガジンで連載中の麻雀漫画「哲也」(まだやってるのか?)のモデルとなったギャンブル系小説を書いているペンネーム阿佐田哲也("朝だ、徹夜"が由来らしい)の本名、ということから(長い)。

多分この本は毛色の違う作品なので、感想はまた同じ作家の別なものを読んでからにする。

興味深い箇所もあった、という感じ。
  1. 2004/02/23(月) 14:09:51|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

映画とか

プロジェクトのメンバー4名で昼食をとった。
日記を隠し読んでいるポエマーペオマー島○氏の「うえまつさん、白い巨塔読んで泣くなんて馬鹿ですね、見かけ倒しもいいところです」(意訳)みたいな無礼な発言から、泣ける映画の話になった。
最近は全然映画見てないので、古いやつばかり。
私が出したのが「ニューシネマパラダイス」。
島○氏と若者森○氏の賛同はイマイチ得られない。わけーんだよてめーら。
「どーせ島○は"ゴースト"あたりだろう」
というと案の定そうであった。
やはりやつとは相容れないらしい。

私はどちらかというとゴーストなどは「けっ」と思ってしまうのだ。
例えば「タイタニック」しかり。
#タイタニックで一番キタのはかなり前半でディカプリオが「一人」で甲板で叫ぶところ。
で、ニューシネマパラダイスの良さを語ろうとしたらぼろぼろ泣いたのだけ覚えているのだが、ストーリーは全然思い出せなかった・・。
また観よう。
アマデウスもまた観たい。

その他「南極物語」も出たが(出したが)動物モノで泣かせるのは飛び道具的卑怯さがあるので却下。


さらに島○氏が食べるのが遅いこともあり、全く関係ない話に昼時から発展してしまう。
「キャンドルとハニーはどちらがありか」、かつそれの「能動派、受動派」でも島○氏とは意見が一致しなかった。
やはりやつとは相容れないらしい。(相容れなくてよい)

  1. 2004/02/23(月) 13:10:02|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

ぬくいぬくいぬくい。
コートを着ると暑いくらいの変な天気。

昨日はおいしいケーキ1つの交換条件でポエマーS田氏に代わってもらったので久しぶりに職場にいかない日であった。
今日は仕事~。

えと、一応書いておくと、2月14日に書いたプロジェクトは人間工学実験だったのだはもちろんネタです。
そもそもそういう実験があったとして、それは人間工学ではあるまい。
当然ネタを思われると思っていたのですが、複数人から「あれマジ?」というツッコミを受けたので一応補足してお詫びします(笑)。
まあ・・状況はだいたいあんなものですが・・・。


----
  1. 2004/02/22(日) 13:39:29|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

グラン・ヴァカンス

飛 浩隆「グラン・ヴァカンス 廃園の天使Ⅰ」

お薦めシリーズその2。
部門内KGBの異名を持つ(持たない)情報通、古○さんのお薦めの中からまず1冊。

SFはどちらかというと好まない。
ノンフィクションの話のほうが好き。SFと言えるかは微妙だけど、SFで割と好きだったのはマインズ・アイ
短編のSFをホフスタッターらが編纂したもの。

SF好きの歩行人間Nに言わせるとSF好きにもいろいろあるらしい。
クラシック(音楽)好きも、そうでない人から見れば同じだけど実際はどろどろ(?)いろいろ好みがあるのと一緒。
例えば私は熱狂的ファンも多いブレードランナーの世界は理解できない。
甲殻機動隊(←マトリックスにだいぶ影響を与えているみたい)の世界観も微妙。

で「グラン・ヴァカンス」。邦人のSFを読んだのは初だと思う。
なのでかどうかは分からないのだけど読みやすいというか表現・描写にしてもしっくりくる。
自分がSFに対して思う魅力って、現実世界ではありえないなんらかの世界観、枠組があって、そうなると、そうすることで、人が何を思って、何をするか、みたいなところ。それにより、現実世界ではない感情、行動が出されたり、増幅されたり、暴かれたり、そういうのが面白い、と思う。

グラン・ヴァカンスの舞台は南欧を模したプログラムされた仮想世界のリゾート。そしてそこに1000年続くAI達の永遠の夏休み。蜘蛛、と呼ばれるプログラムの出現によって突如訪れるその終焉。
筆者が書いているように、清新である、残酷である、美しくある、この話はその通り随所で切ない。

一気に読めた本でした。
サンクス。

テイルほしい。










  1. 2004/02/20(金) 15:29:17|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

おてつや天国とざっき

てつやてつやてつやー♪
てつやーがつづーくとー♪
ねむいねむいねむいー♪
おはだーにもーよくーないー♪

以下略。

  1. 2004/02/20(金) 02:50:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

シューマン

子供じみてたので消された発言はやっぱりあの2倍は言ってやりたい位皆ムカついているプロジェクトルームのどんよりした空気。タフガイ○花さんは2徹に突入。もう倒れんでくれ。
私が代わりに1徹スケープゴーーート。

だいぶ正常な時間になりつつある作業待ちにつき。

  1. 2004/02/19(木) 20:27:59|
  2. 音楽系
  3. | コメント:0

ざっき

洗濯中につき
--
  1. 2004/02/19(木) 02:14:12|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ドトール新メニュー

ドトールがない駅は駅と認めないドトールコーヒーフリークの皆様はご存知だろうけど、最近ドトールの食事のメニューに「ライ麦パン」系メニューが追加された。

シンプルなトースト、チーズを挟んだチーズ(そのまま)、ハムとチーズを挟んだクロックムッシュだ。
私は典型的な日本人味覚(パンよりご飯でしょー)かつ、お子様味覚(カレーライス大好きー)なのでパンは白いやつが好きで、ライ麦パンのような味わい深いやつは、なんかモソモソ、ゴワゴワしてるだけのようで、あんまり好きではないのだ。

チーズを試してみた。
さすがドトール、うまい。
パンも少し日本人向けにしてあるのかなぁ。

が、ちょっと高いのであんまり食べることはないでしょう、というオチ。
やっぱりジャーマンドッグかミラノサンドAなのである。
プロジェクトメンバー(の一部)ではミラノサンドAが主食となりつつある。

  1. 2004/02/19(木) 00:19:04|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ぼけー

例によって某会社のせいで作業予定開始時刻がのびる、ことが決まってぼけーっと放心中。

<子供じみた発言が含まれておりましたので削除いたしました。(管理者)>

会社のイメージというのはこういうので決まる。

-
  1. 2004/02/18(水) 16:47:38|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ざっき

部屋を出ると、暖かく天気はいいのだけど、ちょっとぼけたような気の抜けた空。

-
  1. 2004/02/18(水) 10:53:03|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

普通の生活に戻りつつある、一時間ずつ。まだタクシー帰り。
深夜会社をでると、ビルの前にいつも1,2台K○タクシーが止まっているのだけどゆっくりしたくて、個タクを探す。幸い新宿駅から程近い今の職場ではタクシーを探すのに困ることはまずない。
ちょっと可哀想とも思いつつ、乗り心地全然違うし、最近は個タクは深夜割増し2割のものが多く(普通3割)そのほうが安い。だったら個タクだろう。
昨日は初老の運転手のクラウンだった。
かーいーてーき。
静かだし、綺麗だし、乗り心地はいいし。
バスとか電車とか乗り物で寝るのが好きなので(コドモ)、このまま寝ると気持ちいいだろうなぁ、と思いつつ、今の職場からは惰眠を満喫できるほどは時間がかからないので少し残念。
それでも沈没して、「この先はどうするのですか?」と言われて心臓バクバクしながら起こされることもよくあるけど。

  1. 2004/02/17(火) 13:11:57|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

浮雲

林芙美子「浮雲」

同郷。ということを以前三○さんに教えてもらった記憶が。
というより山口、と言えば、ということで教えてもらったような。
各地を転々としたらしいので同郷、という言葉は不適切なのかもしれないが。

ある意味すごくひどい読後感だった。(あくまである意味)
「放浪記 」も読もうかどうか思い悩む。

  1. 2004/02/17(火) 02:20:19|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

へたれ牛代替メニュー

BSEの影響を受け、先日ついに吉野家からも松屋からも牛丼(牛めし)が消えた。
私は元々牛丼自体は時々食べたくなる程度なので(ので松屋派)影響は少ないのだけど。

代替メニューにチャレンジしてみた。

松屋:
牛丼の代替メニュー、豚めし。
どういうものを想像するであろう。
豚なんだから、てっきり生姜焼きのようなものが乗っているのかと思っていた。
実際は豚で作る牛丼路線。
牛丼といって出したらぼーっとしているサラリーマン、10人中2人くらい騙せるかもしれない。
イケル、それなりに。(あくまでそれなり)

吉野家:
こちらはカレー丼、マーボー丼、豚キムチ丼等で対抗。
吉野家のカレー丼はこうだー!みたいなのがあったのでカレー丼にチャレンジ。
ってふつーーーーーーーーのカレー丼であった。
イマイチ。
店内にいた間の私的統計によるとカレー:マーボー:豚キムチ=5:4:1くらいであった。
牛丼なくても結構人は多く、代替メニューに満足しているのか、牛が復活するその日を信じて吉野家を支え続ける決意なのか。

他のメニューについては続レポートを待て。


  1. 2004/02/16(月) 22:02:01|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ざっき

夜勤作業待ちにつき。
  1. 2004/02/15(日) 22:19:06|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

白い巨塔

山崎豊子「白い巨塔」(1)(2)(3)(4)(5)

人のお勧め本を読んでみようシリーズ。
「なんか面白い本ない?」と聞いてNさんお勧めの本。
最近テレビでやっていた気もするが、もともとテレビドラマはほとんど見ないので見ていない。

大変面白うございました。
終盤のあの展開はありか?という気はとてもしたのだけれど最後はボロボロ泣けた、喫茶店で。
#別に財前が○○だこと自体にではない。読んだ人はなんとなく分かるのではないだろうか。
財前にも里見にもなれない自分が少し哀しい。

人間ドラマに焦点がある話だけに、自分が生まれる前の作品でも全然古さがない。
物価の表記だけ微妙だけど、ひとつ0を加えてやれば自然に読める。
あとは医学の知識はないからか。
これが、人間ドラマとは言え、医学ものでなくて、
「財前は鵜飼らの計らいで導入された、音を立てる磁気ドラムメモリのついた最新のコンピュータのコンソールの前に佇み、言いようのない満足を覚えた。」
みたいのだったら興ざめしたのかもしれない。



  1. 2004/02/15(日) 22:03:53|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

そういえば本番

今日は早めに開放された。
始発まで待つかタクるか思案中につき。
  1. 2004/02/15(日) 04:10:39|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

はるいちばん

夜勤作業待ちにつき。
---
  1. 2004/02/15(日) 00:09:58|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

グリッドのいりょく

帰るのが面倒につき。
帰るけど。
今日何曜だっけ。
  1. 2004/02/14(土) 08:33:33|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

じっけん

夜勤作業待ちにつき。
下のようなくだらない日記を考えていたのだけれど、記憶違いにつきボツ。
と言いながら書いている。
人間の体内時計、25時間説が多いのだけど、Webで見ると23~25くらいまでいろいろあるのだがどれが正しいのだ?
新しい研究では結局24時間だ、という話もあったし。

  1. 2004/02/14(土) 00:37:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

100エントリめ

いや、だから私は徹夜だめなんだってば・・。
徹夜で寝なかった分の倍は寝ないと復活しないんだってば。
今日は26時出勤。
  1. 2004/02/13(金) 13:40:25|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ソフトの著作権って

夜勤作業待ちにつき。
  1. 2004/02/13(金) 01:41:44|
  2. 日記系
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。