誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

よいお年を

日記も年末・年始休暇に入ります。(もう31日なのだけど)
しばらく更新しないつもりです。
また遊びにきてください>少ない読者様達

よいお年を。
スポンサーサイト
  1. 2003/12/31(水) 17:20:28|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

植物公園

(注)タイトルと本文はあまり関係ありません

昨日、近くにある植物公園に行った。
焼き芋を売っていたので、いきなり買って食べた。やはり本職の焼いた焼き芋は違うと実感。

公園自体は季節柄、緑は少なく、花ははっきりいって売店にしかなく、じじいばばあの散歩コースと化していて寂しいが、まあ天気もよく、空気はきれいで、散歩には適当であったし、春先とか、その手の季節には花もかなり見ごたえはあるであろうし、ベンチとか芝生もあって読書とか、物思いにふけるのにもいいんじゃないですかね。
以上植物園ネタは終わり。

以下、日本の猫、ここが変だよ日本人。

花とか撮れなかったので。

20031228_01.jpg

竹林の主。微動だにしない貫禄。

20031228_02.jpg

落ち葉の主。日向ぼっこで毛づくろいの図。

20031228_06.jpg

砂利の主・・・。カメラ向けると逃げた。

20031228_05.jpg

池もありました。

20031228_03.jpg

こんな感じ。
ん・・・。
んんーー・・。

20031228_04.jpg

この風景にはあまりにミスマッチではなかろうか・・・・。











  1. 2003/12/29(月) 23:58:34|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ふつーの日記

今日は日中はずっと練習だったので、朝仕事メールを確認した後はずっとメールを確認せず。
帰宅したのが23時前だった、メールを開いて見ると一通も仕事メールが来ていなかった。

はっきりいってブキミである

メールサーバーの故障か?とか思ってしまう。
まあ休日にもばんばん仕事メールがとんでるほうがなんだかなーなのだけども。


なんとなく昼間に練習場の外で撮った写真。まったくセンスのかけらもないというか何を撮ったのかもよくわからないが。
雲が好きなのだ。
20031227_01.jpg
今日は激寒であったが抜けるような青空で、そこに陰影が濃いめの雲が浮かんでおりました。
そういう雲が好きなのだ。



  1. 2003/12/27(土) 23:19:52|
  2. 日記系
  3. | コメント:1

免許のこうしん

相変わらずの性格により失効ぎりぎりの更新。

府中免許試験場(だっけな)まで出向く。多磨霊園で電車を降りて、バスで15分くらい。遠いーと思ったけど茨城の時よりましだったかも。バスから見えた多磨霊園のでかさに驚く。

試験場は平日にも関わらず結構人が多かったが、なかなかシステマティックな流れができており、さほど待たずに事務作業が進む。休日は(人の多さが)凄まじいらしい。

さて、問題の視力検査である。購入したばかり(で使ってない)メガネが懐にあるのを何度も確かめ、望む。とりあえず裸眼で通ればラッキーである。
今日も勘が冴えており(・・・)0.7ゲット。ただし、右目は悪いので視野の検査に回され、担当者不在で結構待たされてゲンナリ。
これでメガネは変装用にしか使われないことが決まった。

その後(優良区分でなく)一般区分の私は一時間の講習。
あーこりゃたいくつな話聞かされて寝るしかないねーと臨んだものの、おっさんの話が予想外におもしろいというか飽きさせなく寝ることはなかった。
ふーん、免許番号の付け方のフォーマットってそうなってたんだー。茨城で免許をとった事実は番号だけで分かるのですな。
その後のビデオも最近は作りがよく(?)、キャスターに東海林のり子を使っているなど侮れない。また、変に交通ルールをだらだらやるんじゃなくて、飲酒運転に的を絞ったドキュメンタリー風で魅せるというかなかなか見てて辛くなる程のデキ。そういうほうが効果あるよな。
と飲酒自体をしないのであんまり関係ないのだけど、事故歴ありだからな、気をつけよう。

外で献血をやっていてやる気満々ではあったのだけど、いろいろ考えて今日はやめた。
最近あんまりやってないな。
  1. 2003/12/26(金) 21:58:31|
  2. 日記系
  3. | コメント:3

24日のにっき

下記ふつーの休日は23日の日記。

アマゾンのわたしへのおすすめの本を見たらトップに「萌える英単語もえたん」が来てやがりやガって少し悲しかった。

あーあ、ついに見つかりましたか。牛。米国。BSE問題(asahi.comより)。
さんざん米国産だから安全でーす、とゆってた所どうするんでしょうな。
オーストラリアでも見つかったら全滅ですな。
潰れるのか>牛丼屋。
へー米国とかは全頭検査してないのか。

  1. 2003/12/24(水) 12:52:52|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

ふつーの休日

イマイチ体調すぐれずうち近辺でだらーと過ごした日。
本屋にいくとデマルコの新しい訳本がでてたので買う。こんどのも読みやすいのでドトール→モスの私的黄金パターンで読み終える。(ドトール閉まるのが早い)

世の中クリスマス一色。
コンビニまでもが外に出店(?)を出してチキン(らしきもの)とケーキの押し売り。
もはやクリスマスにチキンとケーキを食わないやつは人間でない、との風潮すら伺えてなんだかなーな年の瀬。
そういう明日はふつうに仕事。

写真が無くなって寂しいので。
wauko01.jpg
職場愛犬わう子(命名)。
きたねー机である。掃除すれ>私

念のため補足しておくが、ただのヌイグルミを職場に持ち込むほどオコサマでもポエマー(プロジェクト内専門用語)でもない(コドモだが)。
これはれっきとしたお掃除グッズ(動物クリーナー(←なんだかなー))なのだ。
「わざわざ自分で購入したのか?」という突っ込みは禁止。



  1. 2003/12/24(水) 00:30:49|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「熊とワルツを」

トム・デマルコ/ティモシー・リスター 伊豆原弓訳
「熊とワルツを リスクを愉しむプロジェクト管理」

デマルコ新刊(の訳本)。こんどはリスクマネジメント。
相変わらず面白く読みやすい。
総括としては知識としてのリスクマネジメントと実際に直面するプロジェクトとか、仕事に限らず生活全般においても、でのそれとのギャップを埋める必要ありありなところ。
なかなか自分のものとして活かせない。経験足りない分半分、頭悪いの半分、考えないの半分。(あれ?)
ちゃんと考えられていれば今のプロジェクトだってXXX(以下略)
ま、いいや、おいおいの課題、ずっと課題。

自分的覚書


だめだめ企業文化

  1. マイナス思考をするな
  2. 解決策が見つからない問題を持ち出すな
  3. 問題だと証明できないことを問題だと言うな。
  4. 水をさすな
  5. すぐに自分で解決を引き受けるつもりのない問題を口に出すな

あはははは。うちは比較的マシだとおもったけど結構ありそうな物も多し。

ついでに。デスマーチプロジェクトの性質。

あははははは。はぁ・・・・・



  1. 2003/12/24(水) 00:26:41|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

ふつうのにっき

23時過ぎに最寄り駅が終点の電車で帰宅した。
先頭車両に乗っていたので改札に向かいながら回送として出て行く電車を眺めていたら爆睡している者が2名ほど連れ去られていた。
車掌、見回ればいいのに、と思いつつ、どこに連れて行かれるのか乗ってみたい気もした。


「萌え単」・・・・売れてるらしい
私も「CPUの創りかた」とか「UNIXネットワーク管理ガイド」を買ってしまっているので萌え単を買った人を馬鹿にはできない。


  1. 2003/12/23(火) 00:34:18|
  2. 日記系
  3. | コメント:4

にきー

あ、最近更新してませんがふつうには生きてます。

朝、知人等のページを巡回していると今日から年末休みー!!とか今日は休みで4連休!!とか景気のよい(?)日記を見て、そして自分の来年に持ち越せない膨大な有給を思い出しかなしくなった。

なんでプロジェクト今週からITbなんだよー。

今日のプロジェクトルームはポカポカというより暑い。暖房効きすぎなのか人が多いのか。やるきレス。

  1. 2003/12/22(月) 10:29:11|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

たぼうにつき

朝から死と変容を大音量で聴きラリる。ちょっとした現実逃避。
Kempe/Staatskapelle Dresdenとても好きな音をしている。金管の音は特に好き。
  1. 2003/12/18(木) 13:14:46|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

うーん

顔の発熱は引いたのだけど後遺症が・・
うーん。

まだ会社だよー。
うーん。

今半蔵門線の駅(水天宮)のパスネット売り場ではムーミンのパスネットを売っている。
今日また2枚買いだめした。(先日すでに2枚買っている)
路線図のような味気ないのよりいいとは言え、いい歳してなー。
うーん。

今日自社で昼飯を食べたのだけど、何も考えずに
・ぶりのてりやき
・ヨーグルト
・煮物(小)
・味噌汁
・高菜ご飯
をとったら880円もした。「おばちゃん間違えてないー?」という声が喉まで来ていたが、レシートを見ると正しかった。
合計金額は全然安いてんぷら食ってた歩行人間Nのほうがよっぽど豪華そうだった。
うーん。


  1. 2003/12/17(水) 01:58:25|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

純粋な日記

どうでもよいのだが、"な"は某エネ県に来ているのだろうか。
連絡くらいよこしなさい。


あいやー。久しぶりに顔大発熱中。
うぅぅ・・・
何か悪いことしたか>私
あー、誕生日前後からポッキー1箱+ケーキとかの甘い系不摂生とか、タクシー帰り復活の不摂生系してるなぁ。
ちょっと気をつけよう。


せっかくお気軽に持ち運べるデジカメかったのに、全然写真撮ってなーい。
せめて日記のトップ開いたら1つくらい写真がでるようなペースで撮ろう。
従ってくだらない写真増える可能性大。乞ご期待。

今日練習場へ向かう途中、出店があって、
「プーレク」
と書いてあって語感が笑えた。
  1. 2003/12/15(月) 02:24:46|
  2. 日記系
  3. | コメント:4

オリヴァー・サックス

(下記の)「タングステンおじさん」を買ったときに著者がオリヴァー・サックスで、「うーん、どこかで聞いたような」と思っていたら、「レナードの朝」の著者でもあったのですね、っていうか有名じゃん。

レナードの朝、は私にとって超重要本なのである。(映画は見てない)
読んだのは大学生のときだった。
レナードの朝を読んで自分の病気を知った、のだから。
それまではそれが病気とは知らなかったのだ。
多分レナードの朝読んでなかったら多少なりとも人生が違っていたような気がする。

まあ病気がなんだったか、とかはどうでもよくて(パーキンソン病などというたいそうなものではない>映画しかしらない人)、「タングステンおじさん」を読んだ時に、昔世話になった人にまた再会したような気がして、ちょっとうれしかった、というだけ。


  1. 2003/12/15(月) 02:18:21|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

「タングステンおじさん」

オリヴァー・サックス/斉藤隆央訳
「化学と過ごした私の少年時代  タングステンおじさん」

最近、というかオケとかやるようになってから、
「なんで小さいころピアノさせてくれなかったんだー、っていうかやらせなかったんだー、親のバカー」
と親を恨むことがあった(ある)。
子供の頃なんて、この世の中にどういうものがあるのかすら知らないのだから、回りの環境、そして親が与えるもの、の影響は大きい。

とは言え、ピアノに関しては、そういいながらもきっと当時与えてもらっていても興味が惹かれず多分全然やらなかったと思う。というかやらなかった。
逆に私の両親はむしろいろいろ与えてくれた、と思っている。
自分が興味を持たなかったか、才能が無かったか、努力が足りなかったのだ。
両親がチャンスを与えてくれたものだけでも、それを全うし、才能を開花(?)させていてれば、今頃は

・サッカー日本代表
・世界を又にかける外国語バリバリな人
・もうちょっと頭のいいやつ
・超達筆

にはなれていたはずなのだ。
更に言えば、結局今仕事にしているコンピュータももともとは親が与えてくれたものなのだ。いつ聞いたのかは忘れたのだけど、「これからはコンピュータだー」と両親が考えて購入したらしい。
そして高校から始めた音楽と共に、飽きっぽい自分が続けられている数少ないものになってしまった。
現在では純粋な意味でのコンピュータ、を相手に仕事してるわけじゃないけどもそれにつながる道を与えてくれた両親には感謝している。

タングステンおじさん、ではオリヴァー・サックスの少年時代の化学に触れた経験を中心にしたエッセイがノスタルジー一杯に書かれている。
あぁ、もう、たまらん。>ノスタルジー系。
さらにその化学への接し方を見ると「まぁ、なんて恵まれた少年時代なの」と羨んでしまう。そんな境遇じゃ興味持ちまくるか、全面的に拒絶するかのどっちかだって。
「化学と過ごした」という点では、楽しそうな実験とか、読んでいてこっちもやりたくなる。
また本全体を通して、理科の復習から、量子の話までのざっとした流れになっていて、それも興味深かった、というか、「あぁ・・もう全然化学の話覚えてないや・・」と悲しくなるのであった。




  1. 2003/12/15(月) 02:10:17|
  2. 読んだ本系
  3. | コメント:0

凡人にはむり

とりあえず面白いものは共有しておくべきでしょう。
最近職場のとなりの人から教えてもらったのと、何故か某オケのメーリングリストで流れてきたFlashムービー。

ナス嫌だ。ゴニャ

しんバシ

どっちも音出さないと全く面白くありません。
どちらも個人的には面白かったのだけど、特に後者。どうやったらああいう面白さを思いつくのかー、というギモン。
  1. 2003/12/15(月) 00:19:39|
  2. 日記系
  3. | コメント:4

めがねっこ

今月は免許の更新。
まずいのが最近視力が落ちていること。先日の健康診断では勘が働いて免許更新には問題のない視力であったが、免許の更新にわざわざ行って更新できないのも馬鹿らしいのでメガネを買うことに。

とにかく似合わないのだ。メガネ。
いくたびか人様のメガネを借りてかけたことがあるのだけど、見慣れない顔だから、というのではなく、本質的に似合わないのだ。

今日も気は進まなかったのだけど、選んでいるうちにまあ悪くないかな、というのもいくつか。
というか途中からにわかに選ぶのが楽しくもあった。
彼女は彼女で新しいのを買うので、さらに楽しそうだった。

が、いつものごとく途中で疲れてきて、だいぶどうでもよくなったのも事実。
どうせほとんどかけないのだから。
結局、まあ無難なやつを購入。

めがね以外に、勝手に自動で視力測るマシーンや、やったことのない検査(?)もあって、面白かった。

メガネやの近くのヨドバシはボーナス&歳末だからか、すげー混んでいた。
オーディオ物欲。
  1. 2003/12/13(土) 19:54:50|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

クリスマスのおもちゃか

ほー。
Sunがx86版Solaris8/9の無償提供開始(/.jpより)。

知識はなくとも、ほとんど使ったことはなくとも、あのSolaris(のX86版)が無償で使えるのだ。
UNIXが好きな人なら少なからず興味はもつのではなかろうか。

まあPCも空いてないし、歩行人間Nあたりにいれてもらうか。
SystemVは嫌い、というのであろうか。
  1. 2003/12/13(土) 12:40:34|
  2. しゅみか仕事か・・
  3. | コメント:0

ボーナスの使い方&私の弱点

ボーナスが出たのだ。
さっそく散財欲が。
ということで昼休みにでかけて、近くの○ドバシでデジカメ購入。
すでにデジカメは持っていて、画質・機能等は全く不満はない、というかたいした使い方はしてないのだけど、ちょっと手軽に持ち歩ける小さいのが欲しかったのだ。

ちょっとした下調べではCanonのIXY DIGITALが小さい割りに画質もなかなか、ということで要件を満たしていたので、それを中心にチラホラ見てみる。

IXY DIGITAL Lがまず目に留まった。小さくてスタイルもよい。半ばこれに決めたのだけど、となりにあったIXY DIGITAL 400も目に留まる。
元々の要件的には手軽に持ち歩けるやつ、なのだからIXY DIGITAL Lでいいはずなのだ。
が、ここで私のダメな「割り切りの悪さ」がでてしまうのだ。
「光学ズームやっぱりほしいよなぁ・・・」
「でも、なら今あるCoolPIXでいいじゃん・・・」
「でも・・・ズーム付きでもまあ小さいし・・・」
ということで結局400のほうを買ってしまった。

この割り切りの悪さ、大は小を兼ねるだろう的思考は私の弱点である。

まあ買ってしまった後はそれでもかなり小さく、光学3倍ズーム、400万画素という力強いおもちゃにご満悦なのである。


あ・・・親父のデジカメも買わなきゃ・・。忘れてるわけではないのですよ>父上。
あれはもう少し安いところで買うのです。



  1. 2003/12/12(金) 00:54:43|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

結果オーライ

今朝は朝4時から待機だった。
ので昨日は早めに会社を抜ける。
が。
他システムのトラブルだか常套手段だか馬鹿なんだか、いつものごとくスケジュールが変わって朝4時からの待機はなくなった。
どうせ寝たらすぐ出社だと思いPCも持って帰っていなかったので仕事もできなかったので、ベットで本読んでたら爆睡。
どうも、いない間に20時間近い連続作業をした人達に更にババを2枚くらい引かせた模様。私が悪いわけでもないけどごめんなさい。

あーよく寝た。

さて、元気になったところでいろいろ取り戻そう。



  1. 2003/12/11(木) 09:33:49|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

さんくす>女の子

私は朝は概ねぼぉーっとしているというか、機嫌がわるい。

いつものように気の抜けた顔で部屋をでると、同じアパートの近くの部屋から出かけたと思われる小さな女の子が見えた。
母親はもう先に1階まで降りていたようだ。
その女の子、朝から「とっとこハム太郎」を熱唱中。
なんというか、こちらまで少し元気になってしまった。
追い抜かないように歌聴きながらゆっくり階段を降りて駅に向かった。

元気を分けてもらうとともに、多少反省。

歌を聴いててハム太郎はひまわりの種が好物ということを学んだ。そのままだ。
そしてお約束だけど、ハム太郎の接頭辞(?)「とっとこ」が思い出せず「ひょっとこ」しか出てこなかったのでWebで調べた。


  1. 2003/12/10(水) 10:19:22|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

サービスの選択肢

今年の春から自社ビル内の食堂の業者が変わって、やっぱり変わった当初は手際もイマイチだったし、大好きだった手作り高菜のおにぎりがなくなっていて「前のほうがよかったなぁー」と思っていた。

食堂はいくつかあって、その中の一つはレストラン形式、つまり注文こそ先にレジでするのだけど、席についてからそのレシートを見せると、そのうち奥から持ってきてくれて、出るときも下げる必要がないものがある。
昨日久しぶりに行くと、メニューの中に「弁当」というのがあって、その上に「1分程でお持ちいたします」とのこと。
なんとなく目から鱗というか、いいサービスだなーと思ったわけ。レストラン形式なので、昼時はかなり込んでそれなりに待たなければならないのだけど、弁当にすればすぐ食べられるわけだ。
そういう選択肢を提供する、というのは非常によいサービスのあり方だと思った。

それで一つ思い出したのが弁当屋。
弁当屋に欲しいサービスというか、これがあったらなーと思うのが
「作りたてかそうでないか選べるサービス」
普通(安い)弁当屋では揚げ物、焼き物事前に大量に作っていて、それを乗っけるだけ。
これを早く買いたい人には事前に作っておいたもので、時間がかかってもいい人、時間がかかっても良いときは順番が前後しても作りたてを買うことができる、というもの。
これは昔から思っているのだけどそういう弁当屋は見たことがない。
まあ実際にそういうのをするとなると結構大変なのだろうけど、あってもいいと思うのだけどなぁ。
  1. 2003/12/09(火) 23:53:06|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

それは違うのでは

このご時世、うちの会社でも環境系取り組みをやってるらしくISOXXX(←忘れた)を取ろうとやっている。あ、とったのか。ISOXXX。

昨日、ゴミ捨て場の所を通りかかると、
「環境キャンペーン 会社に持ってきた雑誌、新聞は持って帰りましょう
とのビラ。

それは違うだろ。経費削減したいだけですか・・・・なんか下心丸見えのようで印象悪し・・・>弊社
  1. 2003/12/09(火) 23:42:30|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

健康診断

年に一度の健康診断に自社へ。
健康診断というか不健康診断のような気もしなくもないけど、多分普通の健康診断で取るようなものは良好、だと思われる。アトピーなんか検査でひっかからない。
昨年の健康診断はぶっちしたので2年ぶり。

体重は多分3~4Kg減ってて、微妙に身長が伸びてて(髪が伸びてるせいか?)、血圧は相変わらず問題なし。脈拍数は相変わらず多少多めで小動物系であることをうかがわせる。
また今回は勘が冴えており視力もアップ!(←意味なし)

が、問題発生。
おバカなことに、朝トイレに行ってしまったのだ。
尿がでない。振り絞った(?)が、規定量には全く足りず、
「すいません~、また後で来ます・・・」
と言い残し自席に戻る。あぁ新宿はトラぶっているので早く行きたいというのに、自責の念。

水をたくさん飲んだら間違いなく腹壊すので、無料のお茶をがぶ飲み。
溜まれ~溜まれ~、と命じる。

1時間半後、あまり尿意はないものの再トライ。これでだめなら今日は諦めようという決意のもと挑戦(するほどのものではない)。
規定量を余裕で超える量を取得し、勝ち誇ったかのように容器に必要以上に一杯にいれておいてやった。

さて戦場に行ってまいります。

  1. 2003/12/08(月) 11:46:37|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

反芻系

大台反芻系は当日に書こうと思っていたのだけど(仕事で)書けなかったし、トラぶっているので今後も書けそうにないので今日書いておくことにしよう。仕事すれ>自分

(前にも書いたような気がするのだけど)大台だからと言って何も変わるわけじゃない。でもいい機会なのでいろいろ区切ったり反芻するにはよいタイミングなのだろうと。

(わざわざ書くことでもないのだけど)というわけでしばらくまた仕事が大変になりそうなので多分更新減ります。>数少ない読者の方々。

あと、ここのところ少し仕事がまた忙しくなってきたのと、大台を迎えたから、というわけでもないのだけど、ぼけぇーーとかまーーったりしてたのでいろいろ事務的仕事が滞ってました。(日記は書いてるくせに)
すいません>関係者
ぼちぼちいろいろ立て直します。
  1. 2003/12/07(日) 01:17:37|
  2. 日記系
  3. | コメント:3

健康系

この1年は健康面では不遇の年だった。
1年少し前に生まれて初めてじんましんがでてからひたすら皮膚疾患が続いた。
病院によってはアトピーと診断されて辛い日々が続いた。
特に酷かったのが春先と秋口。
春先はアトピー性皮膚炎とおぼしき症状が顔、体とでてしまった。
最初は顔の一部だったはずの赤みも気が付けば顔中に。それこそ外出するのが嫌になるくらいだった。
夜も眠れない。寝てても知らぬ間にボリボリかいていて悪化。
夏には少し落ち着いたのだけど、秋に入ると再度悪化。
今度は見た目は春先よりはマシなものの、ひどいドライスキン。
顔の皮膚が爬虫類か?というくらいゴワゴワになり、皮がポロポロ落ちるのだ。
あーもう典型的なアトピーの症状。
突拍子もなく起こる顔の発熱。こうなると何も手が付かなくなる。

彼女に対する態度も悪くなり、悪いとは思うのだけど、他にあたれる人もいなく、申し訳なかった。

何が理由かは分からないけど最近ようやく良くなってきた。

健康であるということ、というよ普通である、というだけのことがこれだけ有難いということを痛感した。
健康は大事にしたい。


  1. 2003/12/07(日) 01:10:48|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

今後もこうありたい

いつもその時より一年くらい前を振り返ると
「全く・・なんて馬鹿で視野が狭くて、考えに幅がなくて、頭悪くて、子供だったのだろう」
と思う。

それこそ数年前とかを思い出すと自分で自分が恥ずかしくてしょうがないのだ。
よくあんなことしてたり、あんなこと考えてたりしてたな、と。

まあ裏を返せばそれだけ成長(といっていいだろう)、しているのだとも思う。
もちろん自分の中に限った話なので、今でも他人から見たら馬鹿で視野が狭くて頭固くてクソガキなのかもしれないし、成長の度合いもこれじゃ足りないのかもしれないけど、それはまた別の話。

恥ずかしいのだけどこれからも過去を振り返った時には、そう思えるように生きていきたい。
  1. 2003/12/07(日) 00:55:02|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

自分は好きですか?

大台を迎えていろいろ(意図的に)考えたりしてるときにタイムリー(?)な記事。
中国の「ミス醜女」とP!NKの「Don't Let Me Get Me」海外ボツ!News
中身は読んでください。

私は自分が嫌いだった。
何が、という具体的なものがあったわけじゃない。(ないわけでもない)
でも自分が他人だったら大嫌いだったと思う。
というのは不正確できっと心で考えていることは分からないのだから、普通の他人だったのだろう、とも思うけど。
人に聞くと、自分が嫌い(だった)、という人は少なくとも複数名は知っているので、まあそれほど変な感情でもないのかな、とも思う。

ようやくこの歳になって、自分という人間を受け入れられるようになった気がする。
好きになった、というのとは違う。
以前ほど自分を卑下することが減った気がする。

上記のリンク先が引用しているW・H・オーデンの「一方と他方」というエッセイの、、
「「《われ》は常に唾棄すべきものである」(パスカル) まことに真実である。しかし、ただ《われ》のみが、単に欲望の対象としてではなく、本質的に愛すべきだ、というのもまた同様に真実である。」
を見て、
あーそういうことなのかもなぁ。
と思った。

今後もきっと自分を好き、になることは無い気がするのだけど、まあうまくやっていけるようになるかな、と思い始めてもいる。




  1. 2003/12/07(日) 00:40:59|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

たんじょうびの過ごし方

今日は誕生日ということで休暇をとって優雅な一日を過ごした。
外は天気もよく、晩秋感たっぷりで、今後のこととかについて考えながら散歩をした。
散歩に飽きたのでお気に入りの喫茶店に行き、ずっと読もうと思っていた本を読む。
喫茶店ではシューベルトのピアノソナタ(番号は失念)がかかっていて、それがまた幸福感を増してくれる。
昨日と違いとても平和な時間。


なわけねっつーの。
普通通り起床した。昨日の問題が気にかかる。
でも(誕生日だからか)彼女はいつもより凝った朝食を作ってくれた。(内容には触れない)
そしてプレゼントに買ってくれたネクタイをしていつもどおり出社。

外にでると最近なかったような青空でまるでお祝いしてくれてるかのようだった、というか祝えと空に命じた。
都営線の改札を出て、ながーい階段を見上げると、小さく見える出口からビルに挟まれた空間に、半分くらい葉の落ちた木と抜けるような青空が見えて、新鮮だった、というか新鮮に思えと自分に命じた。

会社についてメール読んだりして買ってきたコーヒーを飲もうとしたら・・・
またトラブルの電話が入った。昨日とは別件。
トラブルがお祝いしてくれてるかのようだった、と自分に命じたが無理だった。

----
お昼、プロジェクトのメンバーの方々から心温まるプレゼントの数々。
プロジェクトルームの自席で飼っている愛犬と共に。

30thAnniversary_02.jpg

ビスコ・・・30(円)

30thAnniversary_03.jpg

焼肉さん太郎。10(円)×3 = 30

30thAnniversary_04.jpg

よっちゃんイカソーメン・・・30(円)

(歳が)心憎いまでに(というか憎い)演出された品々。
多謝。

  1. 2003/12/04(木) 13:20:59|
  2. 日記系
  3. | コメント:0

何も変わらないけど何か変わる日

えっと・・・大台を職場で迎えることができた、今後の人生を占うような素敵な誕生日の開始。

今日やっても明日やっても変わらないような事で帰宅中にお客さんから呼び出しをくらった。

こういう日だったり何だりで頭にきた。

不条理というかいじめにしか思えない・・・。

が仕方なく職場に戻り問題解析開始。

マシンルームに篭ってからプロジェクトルームに戻ると、まだ残っていた人達がケーキをコンビニで買ってきてくれていて、メンバーの女性がポッキーを30本立てている最中だった。
興奮していたためか顔には出さなかったけど涙でそうになった。

30thAnniversary_01.jpg

ちなみにポッキーは足りなかったので、折って30本確保されている。

ケーキを食べていたら、呼び出したお客さんが来て「このトラブルとりあえず急ぎじゃなくなりました」との事。

なんかケーキで機嫌が直ったのもあって、腹立つよりは、一応でもそういうことを知らせてくれたことで溜飲が下がり、ポッキーを一本あげた。

大台のくせにあまりに単純で感情的である。

ここで帰るのもなんなのでもう少しだけやって帰ろう。

  1. 2003/12/04(木) 00:37:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

華麗なるキャンペーンフィナーレ

・・・・
・・・
久しぶりに

殺意を覚えるくらい

頭にきた

というかきている

・・

あと1時間・・。ここで迎えるのか・・・





  1. 2003/12/03(水) 22:51:00|
  2. 日記系
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。