誕生日

にっきみたいなBlog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

唐松~五竜岳縦走

思い出したように更新。
行った山と読んだ本くらいは自己記録として残しておかないとすぐ忘れる。

2011/9/24~25の北アルプス唐松岳~五竜岳縦走。テント山行。
もう結構忘れた。
八方尾根から3つぐらいゴンドラやら乗ってそこから登り開始。

IMGP4814
丸山ケルン。
天気もよくなり白馬方面がよく見える。これは期待できるぜ。

IMGP4831
すっ飛ばして唐松岳頂上。
今日は向こうに見えている五竜(の近くの)テン場まで。

IMGP4834
唐松岳頂上より白馬方面。
いつかここも縦走したい。
休憩もそこそこに五竜方面へゴー。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/05/16(水) 23:15:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

夏休み2(剱岳3)

ラスト。メインの2日目。
もう記憶が怪しくなりつつある。

朝起きる。まだ暗いが雨は降ってないよう。
空が白み始める。
あっという間み真っ赤な空に。

IMGP4592
すごい色だった。焼けていた時間は短かった。
雲はあるけど悪くなさそうな天気だ。
あ、朝焼けって天気悪くなるんだっけか。

昼くらいのほうが天気が良さそうなので、少々のんびりして出発。
頂上までは小屋から3時間くらい。
泊まった小屋が剱岳の(上のほうの)すぐ下にあるので、外に出ても頂上は見えない。
天気がよければ昨日は剱岳を眺めながらの歩きだったはずだけど、ガスっていたのでまだどんな形かすらよく分からない。

小屋を出たらすぐに登り開始。

IMGP4606
出発して30分ほど。右下に泊まった小屋が見える。いい眺めじゃないか。

さて、剱岳。
登ったのはあくまで一般登山道なので道は整備されているし、岩場は鎖がつけてあったり、足場が打ってあったりするけど、両手両足でわしわし登らなければならないところも多い。
岩と氷の殿堂と呼ばれるだけはある。

IMGP4627
だいぶ割愛して、前剱。
この辺りくらいでついに頂上を拝める。

なんというか、ドラゴンとかそういうのを日本の山に棲ませるならこの山しかないね、って感じか。
ごつごつごわごわ。

IMGP4645
鎖場。丁寧に標識?ついていて名前もつけられている。

IMGP4648
いよいよ頂上も近づいてくる。
前に集団がおり、渋滞しとる。
真ん中あたりの渋滞ポイントが、有名なカニのたてばい。
なんか、もうすこしかっこいい名前にすればよいのに。
ちなみに下りのルートではカニのよこばいがある。

IMGP4654
カニのたてばい直下。
一般に、一般人には難所とされているが、鎖やら整備されているのではしごを登るのと大差はない。

IMGP4638
振り返れば。小屋もあんな小さくなった。

IMGP4666
曇りぎみなので絵的には冴えないが富山湾が見える。
富山から見る北アルプスはどんな感じなのだろう。
北アルプスからずっと歩いて日本海まで降りるルートもあるらしい。

カニのたてばい超えれば頂上はもうすぐ。

いきましょう。 続きを読む
  1. 2011/09/04(日) 11:15:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

夏休み2(剱岳2)

先に2日目を飛ばして、最終日3日目の模様。

2日目、無事に剱岳登れた。
夕日も綺麗だった。
天気がまた明日から崩れるそうだが、昼くらいまでは持つかもしれない。

が、

`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

朝4時、起きると超ガスってる。
が、雨は降っていないので良くなるかもしれない、と当初の計画通り、別山を通って、立山行って下山、ということになった。
日本三霊山のひとつで昔から山岳信仰の山として名をはせる山だ。
山的には北アルプスの山々が一望できるナイスロケーションの山だ、のはずだ。

P1010334
午前6時。別山。
絶賛ガス中。
というか雨降り出してる。

ちょっともう天気の好転は期待できなかったが、ここからまっすぐ下山するも立山寄るもあまり変わらないということで立山に向かう。
立山は雄山(3,003m)、大汝山(3,015m)、富士ノ折立(2,999m)の3峰の総称。
ルート的にはこれを逆から行く。
それぞれの山頂の間も30分程度なので近い。

景色は全然だ。

その代わり、でもないが天気悪いとでてくる雷鳥はおりましたよ。
カメラ出すと雨で壊れそうなので写真無し。
そしてミカさんのカメラ、雨具のポケット内で水没

P1010335
雄山到着。8時前。

P1010336
えと、、山頂。

P1010338
上の写真でぼやーっとしてるところ。
立山制覇!ъ(゚Д゚)グッジョブ!!
360度絶景(のはず)だ!

まあ、、立山はすぐ登れるし(来るのに金かかるが)、また来よう。


天気がよいとここでお祓い(有料)してもらえる。
せっかくだし、ということや、仕事ではいきなりPMが ピー とかなんかもうおかしいし、前日剱岳で ピー たりもしたので、してもらった。
天気悪いので2つ上の写真の建物の中で。
安全祈願。

その後、1時間ほどで無事下山。
雨なのに観光地だからか人は多かった。
来たルートと同じく、再びトロリーバス、ロープウェイ、ケーブルカー、黒部ダム経由、トロリーバスで下山。
帰りの道もさすが平日、あまり混まずスムーズに。

3日中、2日雨の山となってしまったが、メインの2日目がよい天気だったのはなんだか天候のおかしい
今年の8月後半の天気から考えると奇跡的でもあった。

帰ったら一日あけて、オケのリハ、本番と夏休み最後のイベントが待っている。
  1. 2011/09/01(木) 19:44:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

夏休み2(剱岳1)

休み中に書けなかったので簡単にいこう。

夏休みイベントその2、山。
北アルプスの剱岳。
少し前に剱岳点の記、で映画になってました。
まだ山にたいして興味ない頃だったか。

ハーフマラソン翌日、さっそく移動。
中央道率高し。今日は移動のみで山登るは明日から。
天気がすこぶる心配、というより予報は雨で、今回の主目的である剱岳に登る二日目のみ
曇り時々晴れ、とかの予報だけど、これも怪しい。どうなることやら。

今回はミカさん(仮称)、ミカさんの幼馴染、あきの4人パーティー。
初日移動日はミカさんの手野菜(?)、手料理を頂く。
採りたてブルーベリーおいしい。
天気予報から目が離せない。
今回は山が山なので悪天候であればすぐに中止せざるを得ない。

準備して早めに就寝、4時起床、登り初日。
残念ながら天気悪い。
今日は本格的には登らないのでとにかく行くことにする。
どっちかというと社会見学。

剱岳、長野側から入るととても金がかかる。往復で9000円くらい。
P1010278
まずは車で扇沢まで。そこからトロリーバスに乗る。
天気が悪いせいもあり、幸い人は少なく1便に乗れる。

P1010281
乗った。
上に架線が見える。電気で動くバスである。高校の修学旅行で乗った。はず。覚えてない。

P1010357
黒部ダム。絶賛放水中。
ダムの上を歩く。(これは帰りに撮ったものだけど、行きもこんな天気で少し雨降ってた)

次。
P1010299
ケーブルカーに乗る。黒部湖から黒部平まで。

次。
P1010303
3つめはロープウェイ。
支柱が全くない長いロープウェイ。こええよ。
そして上のほうは完全にガスの中。

次。ようやく最後、
P1010307
再びトロリーバス。
これで立山の下を通り、富山側の室堂へ。
室堂は剱岳、立山の拠点であると共に、火山活動あるところでなんとか地獄みたいな観光地になっている。

さて、出発。
しばらくは観光地仕様の石畳。
天気は悪いが、観光客もかなり多い。ガスで何も見えなくて残念観光日。

P1010311
えーと、ものすごく地獄っぽいです。温泉臭。

P1010319
まだ観光仕様道だけど、カールに出て気分は盛り上がる。
が、上のほうはガス。

ここから登りになるのだけど、もう写真はない。
ガス地帯に入ると何も見えないし、途中からはかなり雨も降ってきた。
小屋まで頑張って歩くしかない。
この日は剱岳のすぐ下にある剣山荘。

この小屋がすごかった。
山小屋というものを知らない人は何が?なのだけど、
超綺麗、トイレが水洗、とどめにシャワーまである、だと。。

まだ早い時間だったけど宴会開始。ひとしきり休んだ後、夕食。17時。
昼くらいには強く降っていた雨も弱くはなっていたけど、まだ雨は降り続いていた。
雨だったら明日は無理だなぁ、でも予報では昼くらいからは晴れ間もでそうということで、
それに期待しつつ19時過ぎには就寝。
  1. 2011/08/29(月) 22:43:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

木曽駒・空木岳縦走(ラスト)

IMGP4511
降りて、登る。

IMGP4524
夏の雲。

休憩したばっかりだったが、最後の登りが始まる前にある小屋でジュース買う。
500mCCレモン。
400円なり。
缶ビールが500円だからジュース割高じゃね?いや、中身より(運搬の関係から)量の問題だろ、等の議論有り。

IMGP4529
実際にはこんな感じの斜面を登っていきます。

IMGP4538
もう少しで頂上!
と思うとそこは偽ピークなのでした。
第一ピークとか書かれると、あといくつあるのだと心配になる。
頂上近くは若干のアスレチック的岩場もあったり。

IMGP4558
そんなこんなで登頂。

飯食ってあとは下山のみ。

IMGP4566
山頂すぐ下にある小屋。
小さくてかわいらしい。そしてすごい夏雲。
非常に暑いのは言うまでもない。水が持つか若干心配に。

IMGP4576
下りの道は登りの時に見た山様とはまた異なる趣。

さて、この後はもう略すのだが、ひたすらきつかった。
長い長い下り。
そらそうだ。行きはバス、ロープウェイを使ったのに下りはそれを全て歩いたのだ。
久しぶりに脚が痛くなるまで歩いた。
そして当然の渋滞地獄。

そういう苦労もあったものの、久しぶりのテント装備で夏山を満喫できたよい山行だった。
  1. 2011/08/25(木) 23:51:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。